画像1
前から書きたかったMHFもやるためのPC選びという記事を。
お金があればMHF(モンスターハンターフロンティア)推奨PC買っちまえばいいのですが、個人的には性能のわりにちと高い。ちょっとだけね。
課金防具とかついてくるからそれでもいいんですけど。
一応お金が無い初心者ですよという人用のPC選びってことで書いてみたいなと。
目標はMHF推奨スペックを満たして、他のこともサクサクできて、将来もかんがえつつ、フルHDのモニタをつけて10万円以内。そんなです。
デスクトップPCのみということにさせていただきました。
ひねくれてる俺なので参考程度によろしくおねがいいたします。

F2版ってことで新しく書きましたのでこちらもどうぞ
http://momomhf.doorblog.jp/archives/1390195.html

イメージ211
これが2010/1現在のMHFの推奨環境です。
http://members.mh-frontier.jp/manual/begin/game_d/index.html
一応これ以上を目指すってことです。
自分が今やってるPCの環境も考えるとMHFもやるPCとして個人的に最低ラインは

CPU なんでもいいからデュアルコア
メモリ 2GB以上
HDD 適当
グラボ(VGA)GeForce 9600くらいの性能
電源500w

こんなくらいを目標に。
イメージ208
デスクトップPCを買うなら今はショップのBTOで買うのお得な時代。電気店とかの日本メーカーのだとわけのわからんモニタと一緒みたいのしかないですし自作は敷居が高いというよりBTOより高く手間もかかる場合が多いことも。
そんなこんなでどこのショップでもいいのですがなぜかドスパラさんでシミュレーションしてみようかなと。
ドスパラ
http://www.dospara.co.jp/top/

イメージ188
ドスパラのMHF推奨PCでも悪くないのよね。(2010/1のもの)
8万以下でこの性能なら全然問題ない。というか安いね今のPC。
CPUコアi5でグラボがGT220ですからね十分サクサク。
ただこの推奨PCで気に食わないのが電源。
300Wしかないのよね。あとで変えようとすればいけるだろうが今はかえられない。このままなにも増設もしないというならいいのだがちょっと上の性能のグラボに載せ変えようかなって時に電源容量が不安に。
あとはOSが32bitしか選べないのよね。推奨PCなんでねMHFが2010/1現在で正式に対応しているOSは32bitだけなんでしょうがない話でもあるが。
イメージ186

ということで今回BTOのベースに選んだのがタワー型でAMDCPUモデルのプライム エー サンダーストーム PFというモデルを。
拡張性とメンテのしやすさ冷却性も考えてのデカイタワーモデルに。
ノートを選んでないのは冷却性というのが一番かな。どうしても長時間となるオンラインゲーム。冷却性ってのは大事な要素。
ノートPCがだめというわけでは無いです。
CPUをAMDにしたのはやすかったのとちょっとひねくれてみようかなと。
イメージ327
いまPCを買ううえで一番の問題点ともいえるのが32bitにするか64bitにするかということ。
非公式ではありますが64bitのWindows 7でもMHFは動くらしいです。
そして今OSを選ぶとして「32bitにこだわる必要はないが64bitに無理にする必要も無い」というのが俺の結論。
MHF用としてPC買うとして心配だというなら32bitがいいのかな。もしかしたら動かないかも?という心配もあるが(大丈夫だとおもいます)長く使うということを考えるなら迷わず64bitと思います。最後の判断は自分で。どうしてもきめれないって時はPC詳しそうな友達に説得されて納得してくださいw

イメージ328

CPUはそのままでPhenom II X4 955。評価の難しいCPUなんですけどね。場所によってはCore i3以下とも言われてますし、i7と同等ともいわれてたり。ゲームにはインテル勢よりいいともいわれたり、64bitOSではAMDのほうがいいなんてことも。
まぁ一応はクアッドコアですし、一応のAMD最高峰のCPU。MHFや普通につかっている分にはチカラを全部発揮できないほどの高性能CPUですので安心してくださいな。
※AMD製CPUでは多重起動できませんご注意を。
メモリもそのまま4GB。スロットが2個あまりますのであとで拡張もできまする。

イメージ329
ゲームPCを買う上で一番問題はVGA。グラフィックボードです。
選んだのはGeForce GT 220のビデオメモリ1GBのものを512のものもあるが値段あまりかわらないのでこっちに。さっき紹介したMHF推奨PCとおなじグラボです。
エントリー的なグラボなんですがMHFならこれで十分。
GPU比較というサイト様によれば俺が前につかっていた7900GS以上の性能で今つかってる9600GT以下というもの。前の7900GSでも問題なかったのでグラボはこれくらいで十分ってことです。
もうちょっと高性能のものをって思ってる人はグラボなしでPCを買いグラボはあとで買うってのがいいかと。今(2010/1)だと9800GTが1万円くらいで変えます。これにすればけっこうなパワーPCにはなりますよ。
MHFくらいのゲームをするなら最新のではなく1世代前くらいのミドルクラスのグラボで金額が1万円くらいのものを選んでおけばいつの時代でも
問題は無いかなってことで。ただグラボつけれないよって人もいるかもなのでこちらはちょっと自信があるひとはってことで。

HDDはいじらずに1TB。というかデフォで1TBかいい時代ね。
そいで電源もいじらず550w。グラボ2枚挿しとかハイエンドのグラボとかのせないかぎりはこれで電源容量は十分。
イメージ333

こんな構成で価格は82000円切りました。
クアッドコアでメモリ4GB、HDD1TBでこんな価格か。自分のPCがくずにみえるw
ドスパラでインテル製CPUでもメモリやHDDがすくなくなりますが大体同じ性能で同じような価格になりますで自分でシミュってみてください。構成だすだけは無料ですんで。こうやって定期的構成をいじるのがおれの楽しみですw
イメージ334

でモニタは残りの1万8千円でかえるフルHDを。
今だと22インチくらいでフルHD、HDMI端子つきというのが2万以下でゴロゴロしてますのでそこの中からすきなものをってことかな。
価格コムつかうと便利なんでそこらへんをみて価格みてきめるのがよいと思います。
今回はベンキューのものを。今おれがつかってるのもベンキュー。ベンキューも悪いうわさもたまにありますが価格のわりにいいモニタだと思います。ちょっと暗いものが多いかなというイメージなんですがつかっていくとこのくらいの明るさが眼にはいいなと思えるはず。
PS3でもモニタを使いたいなと思ってる人は、モニタによってたまに相性がわるい場合も昔よりすくなくなりましたがあるようなので心配な人はちょっと検索したり価格のクチコミやレビューを参考にしてください。

こんな感じで10万以内でMHFができるPCとフルHDモニタが買えました。BTOは敷居が高いなんて思ってる人もいるかもしれないですがこんな感じで簡単です。サポート関係も大きいショップはしっかりしてますので大丈夫ですよ。

とこの記事をうだうだ長く書き終わらずにしていたらXbox360でMHFができることに。
箱○だとMHFやりはじめるのにかかる金額は本体+ソフトで3万以下にはなるでしょう。でテレビでもいいが同じようにフルHDのモニタもついでになると+2万であわせて5万かな。ノートPCがあるんでなんて人で、できるかぎりやすくMHFというのならいい選択なのかもです箱も。
ただもしMHFやめちゃうと箱○が無駄にもなるのよね。そうかんがえるとPC新しくしたほうがなにかといいのかもなんておもったりもする俺。
PS3でもなんてうわさもまだ消えてないのでなんとも言えないところ。
どれをどう選ぶかってのは一番たのしいことなんで悩んでる人はおおいになやんでくださいね。いいPCの勉強にもなりますので。

そしてこの記事は参考程度にしてくださいね。これが絶対では無いですので。

2010/1