DSC_05122
BIOSHOCK2(バイオショック2)レビュー その1につづいてその2で最後のレビュー。コレ見る前にその1も見てくれるとうれしい限りです。
そいじゃいってみよう。
最初のレビューからけっこうな時間をやりました。クリアはしてないですが。
やればやるほどよい作りのゲームということはわかりました。
ゲームの難易度もじょじょにほどよく難しく。
しかしゲームが苦手な人でもやりやすく。
細かいところの作りが丁寧なのでへんなストレスが出ない。
演出面もよく、特に音楽、効果音での演出はすばらしいです。
クリアするだけならサクサクとすすめ、やりこもうと思えばやりこめる懐の広さ。
一本道のようでほどよい選択肢。
そしてほどよい戦略性。敵がでるタイミングというのを自分でコントロールできるので、その前に罠しかけたりと。戦略次第でかなり楽になったり。
グラフィックも洋ゲーチックというか洋ゲーなんで日本人向けとはいかないのですが、そんなに違和感もなく。逆に雰囲気にあってると思います。
あとどこでもセーブができるのはとってもよかったです。

マイナス面は、
どこでも言われていることですが日本語吹き替えはほしかった。なくても支障はないのだが、移動しながらテキスト読むのは俺にはつらい。そのテキストを読むために立ち止まったりする必要がある。それによりテンポが悪くなるということがある。イロイロ問題あるのかもしれないが吹き替えはほしかった。
あとPS3版だけだと想うが、メニューリストでマップなどを見たり、リストをだして武器など交換する場合に遅延だったり軽く固まる現象がある。これはXBOX版もあってPS3版もあるゲームだとけっこうあることだが、どうにかならなかったものなのか。PS3版買う人はご注意を。
敵のバリエーションが少ないのも欠点。いつもおんなじやつ倒してるようななんかへんな感じになります。

DSC_05211
あとはPS3のゲーム全般にいえることだがフルHDの解像度のモニタかテレビは必須。上に書いたがストーリーを知るにはテキスト読まないといけない。吹き替えで話てくれればいいのだが話してるのは英語。
普通のテレビの解像度でプレイしてませんが、かなりいやになると想います。
あとはこれはやっぱりFPSゲーム。こういう3D画面だったり、一人称視点が苦手な人には向いてないです。無理してやれば慣れますが、慣れるまで時間はかかる。そして慣れるまでできる保証はないです。
俺はだめなんでつらかったです。
どうしてもというならイージーモードがあるんでそれだとまぁまぁちょうどよくなります苦手な人でも。けどつらい。

FPSが大得意、大好き、1やりましたって人には最高の作品。
10点満点中9点でいいと思います。いや10点かも。
それくらいのよい出来です。すべてにおいてスキがないともいえますね。
ほどよい緊張感。ほどよいアクション。ほどよい暇つぶし。ほどよい謎解き。音楽も最高ですし。そんなものを求めているなら買いの一本。

FPSが苦手、3D酔いする。そんな人にはつらい一本。
10点満点6点。
イージーモードだとサクサクいけますし、最初は難易度も低めで慣れたころあい見計らうかのようにすこしずつ難しくなるのでいいんですし、目的地まで矢印もでて迷うこともないのだが、まったくのFPS初心者が慣れるまでやりこめるかが疑問。
敵と戦う前にぶん投げるひともいるかも。それにFPSで同じエリアでドンパチするようなものだと、マップも覚えやすくていいのですが、苦手な人だと一人称視点でマップ探索もして敵とも戦う、それに近接が多いので近くの敵にまとわりつかれて、「どこ?どこ?」みたいになることも。
それにストーリー把握のためにテキストを読むのも苦手だとけっこうな苦痛に。FPS苦手で目と頭フル回転でやってるのにテキスト読むのでまたつかれちゃう。
これはバイオショックに限らずですが、FPSゲームは苦手であるなら無理に手をだすことはないと思います。

さてこんなレビューになりました。俺はどうなんだって?まぁ一人称視点がだめな人でして、けっこうつらかったです。けど親切設計なんで、こういう視点のゲームの中ではかなりやりやすかったです。けど一回のプレイでの体力の使い方が半端なくて長時間はきつい。それに俺はやっぱり不器用でこの視点のゲーム向いてないのがよくわかりました。

興味がある人は買ってみていいとは思いますよ。FPS苦手であってもその苦手を克服するにはいいゲームなのかもしれないです。
得意な人には文句なくのおすすめです。