DSC_0895
ちょっと進んだメンテナンスということでブレーキパッドの交換を。車種はホンダのVT250スパーダ
基本的に交換作業はディスクブレーキなら車でもバイクでも大体同じ。やらない人も知識的にこんなことするんだよくらい覚えておくといいかもよ。
簡単な作業ですがやろうとしている人で自信の無い人、いろいろ心配な人はやめましょう。ブレーキの効かない車、バイクはただの凶器ですので。チャレンジする人も最悪バイク屋さんにお願いするくらいの覚悟は持ちましょう。
そしてここに書いてあることがすべて正確とは限りません。何があっても責任は持てません。ご参考までにお願いします。

まずはフロントブレーキのパッド交換。
パッドの交換だけでなく清掃もしてます。交換作業のときはついでに掃除はしましょう。
今回はシングルディスクブレーキでのパッド交換。ダブルディスクだとちょっとめんどくさい場合がありますがそれは他で調べてね。
DSC_0572
まずはパッドピン(スライドピン)をはずします。バイクの場合はこういう風に蓋がついてる場合が多いと思いますのでそれをまずはずします。
ただしあんまり古いバイクやメンテしてないものだとここがものすごい硬くて回らない場合があります。
「なめる」とおもったらやめましょう。なめたら取り返しがつかないことにもなるんで。いろいろとオイルかけたりどうのこうので取れますが「無理」はしないのが自己メンテの鉄則。最悪キャリパーごと交換になってけっこうなお金払うことになります。
けっこう大きめのマイナスドライバーで調度。でネジをはずすときは反時計回りにまわす。スパーダの場合全部右ネジだったと思うのではずすときは反時計。はめるときは時計まわしとおぼえておきましょう。

DSC_0571
はい。蓋取れました。蓋はしっかり分かるとこにおいておきましょう。小さめの部品なんでなくしちゃいます。これでパッドピンへとアクセスできます。

DSC_0573
で六角レンチでゆるめてはずします。六角レンチは100円ショップのもの。無いと始まらないので持ってない人は買いましょう。大体が何本か一緒についてるものなのでそれを買えば合うサイズのレンチがついてるはずです。これは硬いことは無いかな。けどけっこう力いります。

DSC_0574
パッド交換だけならパッドピンはずしてパッドをはずして付け替えるでもいけます。がたしかキャリパーピストンが出ててそのままはまらない。
で掃除とピストンを戻すためにキャリパーごとはずす作業です。ネジ二つが緩んでるのが見えると思いますがこの二つのネジをはずすとボロっとキャリパーが外れます。
ネジはずしてもいきなりボロっとキャリパーが落ちたりはしないと思いますが、キャリパーから伸びるブレーキホースなどを痛める恐れがあるので慎重に作業してください。

DSC_0576
はい。ゴロンと外れました。
はずしたあとの注意点として、やる人はいないと思いますがフロントのブレーキレバーには触れない。パッドの減り具合によっては、かなりピストンがでている場合があります。その状態でブレーキをかけるとピストンがドーンとキャリパーから外れて、ブレーキオイルがどぼどぼと飛び出たりとものすごいことになる場合がありますので。あんまりピストンが出てないときはそんなにいきなりロケットのようにピストンが飛び出たりしないのでそんなに心配しなくてもということ。まぁ触らないほうがいいですブレーキレバーには。
ではずすとブレーキホースだけでブランブランとぶら下がるような状態にキャリパーがなりますので、なんでもいいのでキャリパーを置く台をつくりましょう。
俺は折りたたみの椅子の上に植木鉢用のなんかよくわからないザルのっけてその上におきましたw

DSC_0575
購入して一回もあらってないキャリパーです。個人的には意外とキレイだなという印象。パッド交換する前いフロントブレーキから「ツー」という音が出てたのですが、キャリパーの汚れが原因だったみたいです。見た目あんまり汚れてなくてもはずしたときはついでに掃除はしましょう。部品をキレイに保つのがメンテのはじめの一歩だったりします。きれいだとトラブルが小さいときでも発見がしやすいので。

DSC_0581
はい。掃除完了。
掃除は何でするの?ということですが、中性洗剤、いわゆる台所用洗剤でいいですよ。ゴムがけっこう多用されてますのでそういうゴム類が傷つかないものならなんでもということ。あとは丹念に歯ブラシやら、スポンジやら金属ブラシなどでゴシゴシとしてください。そういうブラシ類も100円ショップに豊富にあるのでお好きなのを買ってきましょう。
ちなみに手前にキャリパーサポート、奥にもあるんですがその金属のパーツがあるんでそれもはずしてゴシゴシとしてね。
分解の基本ですが、何か部品をはずすまえはデジカメで写真を取っておきましょう。携帯でもいいので。「これどうなってたっけ?」というのが自己メンテでのトラブルで一番おおいことですので。

DSC_0579
パッド交換で一番の問題は、キャリパーピストンを戻す作業。
ピストンは減ったパッドにあわせて飛び出ているので新品のパッドではそのままの状態のピストンではパッドをつけることができないからです。
ブレーキオイル抜いたりすれば簡単に戻るのですがそれもめんどくさいので力技で戻します。
バイクの場合はリッター車であっても手の力だけで戻るときも多いらしいです。
が、俺はもともと女の子並みの握力。片方は戻ったがもう片方はビクともせず。メンテ不十分で汚くなってる場合は固着おこして手で戻らないことも。
でそういう時に使うのがこのウォーターポンプフライヤーというもの。名前の通り水道関係で使うのですが、大きなものをはさむのにも使えるのですよ。
で写真のように、ピストン側に古いパッド(カマボコ板とかなんでもいいです)をかませてはさんで戻します。テコの原理でうんたらかんたらで戻したりといろんなサイトにやりかたがありますが、個人的にはこれが一番簡単かなと。ただし今回はフライヤーの大きさがけっこうギリギリでした。ピストン戻しように購入するのならすこし大きめのやつを購入するのがいいかもです。
あとこの写真のやりかただとキャリパー外側に傷がつく恐れが。ボロきれなかんかで保護することもお忘れなく。

DSC_0586
て戻しておいて飛び出てますが。絶対というわけでもないですが、余裕があるならば、一回ピストンはこういう風にだしてみるのがおすすめ。パッドをものすごい使っていると最初からコレくらいでてる場合もあるんでいいんですが、おれは今回あまり出ておらずで、固着防止や清掃のことも考えてグリスを塗ってピストンを出してはひっこめというのを何回か繰り返すのがけっこうよいこと。一回引っ込めたピストンはブレーキレバー握って出してます。「パッド交換中レバー握るな」って書いてますけどねw
このキャリパーの間に古いパッドやそれなりの厚みの雑誌とかそんなものを挟んでゆっくりブレーキレバーを握れば安全です。

DSC_0587
そしてこのピストン部に塗るのがおなじみシリコングリス。上のピストン部の金色のところに適度に塗りましょう。でピストンを出したりひっこめたり。めんどくさいですがこういうひとてまが、のちのちのトラブルを防ぐことにもなります。それにメンテするならグリスやオイル類はけちらず購入使用しましょう。

DSC_0583
さてこれがブレーキパッドになります。右が古いの、左が新しいの。
まぁあんまりへってなかったんですけど。調子わるい原因はパッドが減ったからじゃなかったということでした。ちなみにパッド寿命は何ミリ以下になったらとかあるんですが、基本的にこのパッドに入ってる溝がなくなったらでよいかと。あと新品パッドに交換するときは角を面取りして鳴き防止とかよくかかれてますが、調べれば調べるほどなんでやるのかわからないことに。プロでも面取りしないことも多いので今回はやらないで交換してみることに。もともとは昔のパッドの質がわるくバリなどが角にあるのが多かったからなんでしょうが。まぁやって悪いものでないので心配なかたはヤスリなどで角の面取りしましょう。
ちなみに面取りしなくても鳴くことはなかったです。

DSC_0584
1万5千キロ走ってるわりに全然減ってないパッド。俺はあんまりフロントブレーキ使わないんだなぁと。こういう風に自分のドライビングのクセもわかるのが自分メンテのメリットのひとつでもあります。これをきにフロントをよく使うように心がけたおれでした。
ちなみに今回買ったパッドはオークションで全部こみこみ1千円以下。やすいものはそれなりの性能なんですが、激しい運転もしないし、だめなら交換すればいいという考えでこれに。
心配なかたはメーカー名が入ったもので2000円以上するくらいのものがいいと思いますよ。これの使用した感じは、そんなに悪くなく、唐突な効きのパッドはスキじゃないのでこれくらいでちょうどいいなと。

DSC_0589
さてパッド組み込みです。パッドの裏面のキャリパーやピストンに接触する部分にシリコングリスを塗ります。これも鳴き止めの効果があるそうです。
ものすごーい適当にぬったくりましたw
パッド表面にグリスがつかないように注意してください。もしついてしまったら中性洗剤などでキレイにあらってからまた使用しましょう。

DSC_0593
でパッドピン(スライドピン)にもシリコングリスを。ここをパッドが動くわけなんでグリスは必要ということ。
このパッドピンはグリス塗る前にキレイに掃除しましょう。このピンにはなかったですが、たまに段つきや、サビが浮いていたりします。そういう場合は新品にしたり、紙やすりをつかってキレイに段がなくなるようにしましょう。
あんまりひどい場合は重要部品ですので新品購入も考えましょう。大体2000円くらいで買える部品みたいです。

DSC_0592
そしてはずしたのと逆手順でキャリパーを取り付け。
自分の場合はパッドピンでパッドを仮止めしてキャリパーを装着してキャリパーのネジをしっかりしてめパッドピンをきっちりと締めるという感じに。
パッドピンを締めるのをキャリパー固定してからやればあとは自分のやりやすいように。いろいろと部品がありますので忘れないようにちゃんと装着して戻しましょうね。
「締め付けトルク」などの問題が各ネジ類にあるんですが、まぁ適当にぎっちりとでいいかと。ただあんまり強くやりすぎないようにだけ注意。
すこし時間がたったあとにネジの確認をすれば大丈夫だと思います。

DSC_0594
そしてすべて戻しおわったら、ブレーキレバーを手ごたえがあるまで握って終了。
この最後にブレーキレバーを握るの忘れないでくださいね。このままスタートすつと、とまんねードーンってなります。
ここでブレーキレバーに手ごたえがあれば確認終了なんですが、バイクを押し歩きしてブレーキレバー握ってみたり、低速で走ってみての確認もできればやっておけば安心。
で次は本格的な試走を。交換したばかりのパッドは当たりがでてなくてよく効かない場合があります。100キロくらいは、控えめに運転してください。交通量の少ないところでガッツンガッツンブレーキかけて走ってむりやりあたりだすなんてのもいいです。普通に流れている道路でそういう運転はしちゃだめよ。迷惑ですし事故のもとです。
ここでなんかうまくブレーキが効かないなってときは素直にバイク屋さんに。

さていかがでしたでしょうか。長い記事にはなりましたが初めてでも全工程1時間ほどでおわりました。慣れたら30分もかからないでいけるかも。
ブレーキ関係のメンテというとかなり敷居の高いイメージがあったのですがやった感想は簡単。これなら定期的に自分でできるなと。
乗り物にとって一番大事な能力は止まるということ。そこの仕組みをしり自分でメンテできることによってのメリットはかなりあると思います。
チャレンジしたいなって人はがんばってやってみましょう。

ただし最初にも書きましたが、止まらない乗り物はただの凶器。自分でできないとおもったら絶対に無理してメンテはしないでください。
毎度書きますが自分でのメンテナンスのコツは「無理しない」です。

リア編はこちら
http://momomhf.doorblog.jp/archives/1078624.html
ブレーキフルードの交換方法はこちらへ
http://momomhf.doorblog.jp/archives/1481148.html