イメージ4952
おすすめデジカメなんて記事を書いてきましたが、最後でGRデジタルを。
2010/4で最低価格約5万円。やっと手が届くかなって価格になってきました。
これだけ別記事なのは、もう一眼より価格高いしコンパクトとしては高いというどこに分類していいのかわからないてことで。
興味ある人が多いみたいなんでこのカメラ。迷っている人の後押しになるようなこと書いてみましょうかね。
1/1.7型CCD1000万画素 28mm単焦点(F1.9) 手振れ補正なし。
公式
http://www.ricoh.co.jp/dc/gr/digital3/
デジカメウォッチレビュー
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/newproduct/20090818_309179.html
イメージ5456
まずGRで問題点のなるのが手振れ補正がついてないということ。
ここでなんか「初心者お断り」のような雰囲気が漂います。
手振れ補正とは言葉そのまま手振れの補正をすること。ぶれないわけじゃないです。
そしてブレ補正は手振れに「しか」通用しない。写真がブレるには2種類あります。手振れと被写体ブレ。
被写体ブレというのはシャッタースピードより撮るものの動きが早くてブレちゃうってこと。
これを止めるにはどうするか。シャッタースピードを早くする。それはどうするか。絞りを開く(数字を小さく)ISOをあげる。この二つ。フラッシュ使うってのもありますがそれはいまのとこ無しで、補助灯とかも。
GRの最大の売りはレンズ。開放F値1.9はコンパクトではいまのとこ一番明るいはず。そして高感度にも強い。手振れ補正は無いが被写体ブレ対策としてはコンパクト最強といえるわけ。一眼だとF1.9くらいだとボケすぎる場合もあるのだがコンパクトだとその心配は無し。
そして大体のコンパクトカメラは28mmでF3.5くらいがよくある数字。
これは28mmF1.9。手振れ補正2段分とか3段分って聞きますよね。これは絞りが3段分だったりシャッタスピードが3段分だったりするわけなんですよ、説明は長くなるので省略しますが、F3.5とF1.9は約2段分くらいの差があります。この絞りの差だけで普通の一般的コンパクトに手振れ補正2段分ついてると同じこと。
それにこれは28mmしか使えないカメラ。手振れする基準なんてものがあるんですが、これは諸説いろいろありますが1/焦点距離以上ならぶれないとも言われます。28mmでとるなら1/28以上のシャッタースピードあればいいってね。個人差あるんでこれでぶれる人はぶれる。この2倍くらいあればほとんどの人で安全かもね。明るいレンズなんで1/28くらいのSSはけっこうかせげます室内でも。
こんな風に手振れ補正はなくてもブレにはかなり強いカメラってこと。
イメージ5459
あとの問題点はズームがないこと。なんでズームないんでしょう?画質をよくするためってことかなたしか。
単焦点レンズは画質がいいのよ。なんで?ということだがまぁ考えてもみてくださいよ。10倍のズームをするレンズと一つの焦点距離のレンズどちらが作るの簡単ですか?そしてどちらが画質の調整しやすいですかね。
そして普通のコンパクトの倍はするこのカメラ。そういうことです。
ズームは無いですがマクロ(小さいものを大きく)に強いのも特徴。
マクロモードならレンズ前1センチまで被写体に寄れます。けっこう本格的な広角マクロが簡単に撮れます。ただし広角マクロはむずかしいのよ。俺は苦手分野。
広角マクロは被写体が大きく撮れるが周りもよくうつる。その背景の処理のしかたがとても難しい。しかしそれをうまくこなせばだれしもがうなるマクロが撮れるってね。
あと単焦点のカメラは撮る人を育ててくれるといわれます。今の人に多い撮り方はいい場所を見つけてカメラ構えズームしてみていいところで止めて撮る。こんなことが多いでしょう。べつに悪いわけじゃない。しかし脚で写真撮ることをしなくなっちゃうのよね。脚で撮るって説明するのがムズイが、背景の焦点距離での変化とか被写体に近づくことによってまた見えるものがかわったりね。それに焦点距離が一つだけど目がファインダーになりやすい。カメラ構えなくてもどういう写真撮れるかイメージしやすいのよ。個人的にカメラ構えてないときにどうイメージできるかそれがいい写真撮るには大事だとおもってたりします。
イメージ5458
液晶モニタもいいですしシャッターの押しごごちもいい。それにスナップに最強カメラ。フルプレススナップというモードがあるんですが、これを使いこなせれば一眼よりもすばやくその瞬間を撮ることができますポッケからカメラだしパっととってすぐしまう。撮りたいときに撮れるカメラというのは本当に大事です。
まぁあとは電気屋いってさわってください。さわったらたしかほしくなりますよ。
自分もGRはほしいのですが、そのキッカケはカメラ雑誌。ジャンルの違うプロカメラマンがそのプロのジャンルで対決するというものがあったのですが、スナップ対決でスナップのプロはGR。相手は違うジャンルのプロで最新フルサイズ一眼と最新のレンズ。結果はスナップのプロの圧勝でした。
そのプロがめちゃくちゃうまいってのがあるんですが、写真はカメラじゃないということとそのスナップのプロの力を発揮させるGRはすごいなと。まぁGRじゃなくてもそのカメラマンはうまいはずですけど。
その人が「撮るために歩くのじゃなくて歩いてると同じように撮る」と。そういう用途には一番いいカメラということです。

しかしこれ一台だとなんでも撮るんは本当つらいっす。28mm一本は俺は死にます。サブカメラはあったほうが絶対いいです。それに画質はいいといってもコンパクトでの話。一眼には負けます。画質が気になるというなら中古一眼と安い単焦点買ってください。
ただしポケットに入る高画質といえばこれの選択しかないのも事実。
まぁそういうカメラということでw
公式からGRブログや、GRで検索すればよい写真撮ってるブログやサイトがたくさん見つかります。そういう写真が撮りたいならがんばって使いこなしてくださいね。
そういえば旧式のGRもありますが、できれば3が今買うならおすすめ。根本的な画質はあんまり変わらないですが、液晶モニタが昔のと雲泥の差なのが一番大きい。高感度もよいですし。価格差以上の差がでると思いますよ。