DSC_1245
カメラつながりでちょっとおもしろいおもちゃをご紹介。
1986年に発売されたヨネザワのラジカメです。ちゃんとした俺の私物。値段は覚えてないが1万円くらいだったような。
物持ちがよいわけでなく子供のころのおもちゃはすべて遊び壊して捨ててきたのですがこれだけなぜか残っていました。
記事書くにあたりいろいろ検索しましたがろくな情報はでてこず、カメラ博物館のものしかでてこなかった。
http://www.jcii-cameramuseum.jp/museum/special-exhibition/20080909.html
カメラ博物館キッズコーナー
http://www.jcii-cameramuseum.jp/kids/shurui/index.html
これが展示されていたりするんですね・・・なんかいろいろと微妙な気持ちです。
ちなみにプロポとカメラはもうありません。たしか捨てました。それらの画像は上のリンク先を見てください。

DSC_1247

ラジカメ。その言葉のままにラジコンにカメラが乗ってますてことです。
カメラはもう無いのですが上の丸い部分に専用の110フィルムカメラが入るようになってまして、プロポからラジコンの操作、カメラの角度調整 フィルムの巻上げ シャッターを切ることができました。
DSC_1248
アンテナがぐにゃぐにゃなのは保存がひどいから。
購入動機というか買ってもらった理由はこのときにカメラもラジコンもほしかった。
でこれがテレビCMしてました。どっちもほしいならどっちもついてるのものおねだりすればよくね?ってこと。単純な動機です。
ラジコンよりカメラだけをよくつかってたんですけど。
DSC_1250
赤いランプはたしかシャッター切れたときに光ったはず。今でもこんなずんぐりむっくりなデザインすきなんですが子供のときもこんな形がすきでそこもほしかった理由。
DSC_1251
ラジコンとしてもけっこうよい走行性能でした。なんだかんだとハンドルがちゃんとプロポで切れるラジコンを買ったのがこれが始めてだった。
昔はハンドルあっても右に左にもうごかねーなんてものもあったんよ。
ただこのずんぐりむっくりのスタイルとカメラがのれば重心は上のほうに。
なので無理すればすぐ横転。
DSC_1252
ヨネザワという会社はもう今はなく現在のセガトイズに買収されました。
WAVEHUNTERと書かれていますが、海外でのヨネザワラジコンのシリーズ名のようなものだったようです。知らず知らずに子供のころから俺はハンターだったのでしょうか。
DSC_1256
きっちりとメイドインジャパンの文字。このころではめずらしいわけでもない。今となってはこういうものが日本製というのもめずらしいのかな?
保存状態むっちゃくちゃで動くかどうかわかりませんがキレイに原型とどめているのですさすが日本製なのかしら。
DSC_1257
ラジコン+カメラで男が子供の時でも考えることはただひとつ。
今では絶対放送できないと思いますがこれのテレビCMもそういうものでした。
真上にカメラを向けて走りながら撮るものといえばスカートの中ですw
俺も買ってすぐ挑戦しようとしましたが・・・
構造的に問題が。それはシャッターが切れるのが異常に遅い。プロポのシャッターボタンをずっと押して10秒とかかかったんでないかしら切れるまで。
走りながらなんて無理な話で走ってとまってシャッター切れるの待つという意味のないことにw
超ボンヤリしてる人のスカートの中しか取れません。てかそんな人いませんw
フィルム巻上げも時間かかってね。角度調整は早くてよかったのだがそういう理由もありラジコンにいれて写真撮ったのは最初だけとなりました。
であとは別々にカメラとラジコンで遊ぶってことに。
それって別々に買えばよかったんでないかい?今思えばその通り。
DSC_1261
ものすごいハイテク機器のように感じられますが構造は非常にアナログ。
この白い爪のようなものが上下にあるんですが、下でフィルム巻上げ。上でシャッターボタンを押すということ。モーターでグイグイと圧力かけてって感じなのでシャッター切れるのがおそかった。
カメラ単体ではすぐシャッターきれたんですけど指で押してもけっこうおもかった。そりゃラジコンでは遅くなるさ。
今ならデジカメで電子式でサクっとシャッターが切れるようなものができるんだろうが、こんな超アナログな構造を今みるとニヤっとしますね。
DSC_1262
そういえばラジコンとしてもあんまり使わなかった。原因は電池を大量に使うから。
このころは100円ショップが近くにあるわけでもなく子供のころの小遣いでは破産してしまう。今ほとんどみなくなったがこの真ん中の四角い電池つかうおもちゃおおかったね。
今ならエネールプあたりで何回も遊べたのかな。
DSC_1264
これが110フィルムというもの。今じゃ35mmフィルムだって触ったことない人もおおいでしょうがこんなフィルムも昔はありまして。
子供にも扱いが簡単だったのがよかったところ。このフィルムで撮れるカメラがガチャガチャで取れるような時代だったりしました。
今考えればあれをカメラといっていいのかとも思いますが。
ちなみにこのフィルムに何が入ってるかは不明w今でもこのフィルムは普通に現像してもらえます。けっこう110フィルム転がってるんだよなうちに。フィルムが腐ってる場合もあるんで完璧に現像できるかわからないけどそのうち出したいものです。

さていかがでしたかな。こんな記事もたまにはおもしろいかと。
このラジカメの記事はずっと書きたいものだったので個人的には満足です。ただこのブログで書くとはおもってなかったですが。
そして忘れてたが小さいころからカメラには興味あったんだなと今さらながらに思ったり。
しっかしこれのデジカメ版なんてものは出ないのでしょうね。
「盗撮を助長している」なんていわれかねないですし、売れないでしょうし。
1万円くらいであれば即購入しちゃうんだけど。
自分でラジコンに乗っけたら?て話なんですが、いろんな人やってますけどそこまでしてとは思わないところで。
プロポもカメラももう無いってのが痛いな。なんかものすごい創作意欲が湧いたのにw
それに完動品なら高くうれたかも?

2010/5
カメラ機材一覧へ