イメージ14785
RAW RAWってうっさいよゴラ!とある一部に言われてるようないわれてないようなでこんな記事を。RAW=「ロー」と読みます。生なんて意味が。
まぁwikiみてもらえれば一発なんですけどね。
デジタル一眼や一部コンデジにはRAWで保存できるモードがあるので知っている人は知っているでしょう。
でなんなんだよってことです。JPEGと何が違うの?そんなにこだわるのだからメリットあるんでしょ?てことね。
ちなみに一番上の画像はViewNXという今俺がつかってるRAW現像ソフト。ニコンのフリーのやつ。CatureNX使え?そんな金ねーよ。と金の問題だけでなくこれつかってるわけですがそれも後ほど。
イメージ14781
これがRAW保存したものをそのままなにもせずに現像したもの。
「生」という意味どおりに画像データそのままがRAW。ちなみにRAWという拡張子はなく各社によって拡張子は違います。ニコンならNEF。キャノンならCRWなど。各社によって違います。これによるデメリットがあるんですがそれもあとで。
デジタルカメラの仕組みを簡単に説明するとレンズから入った画像の信号をRAWデータとして記録しそれをカメラ内部でいろいろな設定をいかしJPEGに変換して保存。というのが一般的。
でそのJPEG変換する前の画像を保存してカメラ内部でやることをPC上で自分でやるってのがRAW現像という行為。
ここで普通の人だと違和感ある言葉ば「現像」。フィルムから写真にするときに使うのが一般的に「現像」ということ。
RAWをフィルムにJPEGを写真に見立て現像してるなんて言ってるわけです。
個人的にはただの変換作業ですが俺も使い慣れて現像ってつかってしまいます。
イメージ14783
でこれが補正後のもの。これが完璧な補正というわけでもないですがDライティングというニコンのダイナミックレンジ拡大機能をつかっただけ。
ちなみに右上のグラフみたいのはヒストグラムというもの。右にいけばデータが明るく、左は暗く、上はデータ量が多いってこと。
補正前の画像はヒストグラム見る限りちょっとアンダー目。暗いってこと。
補正してヒストグラムのバランスもよくなり適性露出となりました。
さてRAWのメリットとはなんだろう。
まず高画質。JPEGに変換してしまえば同じですがTIFFにも変換できます。ビット数うんたらかんたらありますが画像といってもこれはデータ。データ量が多いほうが高画質というより色の情報などが多い。ソフトとプリンタによってはRAWから直接画像をプリントできます。こういうネットでの使用ではわかりませんが大きく伸ばすA3とか。そういうときに違いはだれでもわかるくらいに。
つぎに補正での劣化がない。補正や加工というのは言い換えれば画像を劣化させる行為。JPEGにするということ、変換するという行為も劣化させる行為。その劣化している画像をまた劣化させるのだからすこしでもいじれば画質は悪くなる。そこで生のデータをいじれば劣化しないってこと。
もともとカメラ内でやることを自分でやるからってことさ。
基本的にカメラの設定でいじれるものは全部あとで直せる。ホワイトバランスやシャープネスそのたもろもろ。だからRAWデータさえあれば同じ画像ですがテイストの違ったものをいくらでも作り放題ってことね。
それに補正の幅もデータ量がおおいので幅が広い。JPEGをいじるより無理が効く。
DSC_15981
カメラの設定でこんなセピア風になんてのもありますよね。これもあとで作り放題ってこと。
俺はなんだかんだとここ数年RAWでしか撮っていない。なぜかといわれれば画質がとかいうことではなく、補正の無理が効くから。
写真は撮りたいですが設定はしたく無い。いちいちシュチエーションによってシャープネス変えたりWB変えたり露出変えたりしたくない。
そしてそのような行為に時間をかけることによってタイミングを逃してしまいたくない。
じゃーあとで変更できるものは後でやればいいじゃんってことでRAW撮りで後で補正現像という流れに。
あとは「無理が効く」というのが大きい。JPEG撮りなら露出はけっこう敏感にやらないといけない。デジタル画像の欠点ですが白飛びや黒つぶれしやすいので。RAWだとその心配もすくなく撮るときに飛びやつぶれだけしないように撮ればあとでとうにでもなる。
その「どうにでもなる」というところを使ってデジカメでみなさんが嫌がるのが「手振れ」これを防ぐのにもRAWは活躍。
あとの補正で無理が効くのでヒストグラム見ながら黒つぶれしない限界の暗さで露出補正して撮る。暗くとるということはシャッタースピードを早くできる。早くできるということは手振れがしづらくなるってこと。
一眼であればこういう撮り方と手振れ補正レンズと高ISOでおもったいじょうの暗さでも手振れしなくて撮れたりも。
DSC_1643_01
前に乗せた朝焼けの空ですがこれもRAWで撮って露出をちょいいじり彩度をあげて派手にしてます。
メリットしかないならみんなRAWで撮ればいいんだねってことにもならずデメリットもいっぱい。
まずはファイルが大きい。基本的にJPEG最高画質の倍のファイル量くらいにはなります。そうなると撮れる枚数が少なく。これは容量の大きいカードを買えばいいんですが、容量が大きいってことは書き込みに時間がかかる場合も。それにより連写性能や書き込みにまたされイライラする原因に。
で補正しやすいといっていますがファイルは巨大。そのファイルを自由自在にストレスなく補正するにはPCの性能が高くないといけない。それなりにサクサクとというとゲームPCを買うより投資はしないといけない場合も。現像行為、RAWからJPEGへの変換作業も時間がかかる。へぼPCだと一枚数分やフリーズなんてことに。
DSC_1643
上の写真のホワイトバランスをかえただけ。全然違う写真に。こんなことも簡単にできます。
次のデメリットは、ファイルがどんなものでも開けない。現像するにも専用ソフトが必要。同じ会社であっても最新のものだと同じソフトで開けないなんてことも。
こういうブログなどに直接RAWもアップできないですし使い勝手は最悪のファイル形式。
とメリットの書き忘れを。RAW現像ってのはソフトによって結果がかわってくるんですよ。もうちょっと言えば昔のソフトでできなかったものが最新のものだとできたり。
RAWで保存しておけば数年前に撮ったものが最新のカメラを通したような画像になるなんてことに。昔は救えなかったような写真が最新の現像ソフトによって生き返るなてことも。

まぁこんなところ。長々書いていつものようにまとまりがないのはご愛嬌。
RAWが高画質といいましたがしっかりと設定の決まったJPEGでもほとんど肉眼ではわかりません。
フィルムで例えるとRAWはネガ。JPEGはポジなんてもいわれます。てこのたとえがわからん人が多いか。
なにごとも使い分け。自分の使用用途にあったものを使えばいいんです。
ファイル形式で写真の優劣は決まりません。それだけはお忘れなく。

2010/7