DSC_1698
もらってきたスピーカー。見事にスピーカーのセンターキャップがへこんでます。個人的にはこれで音はでるし音質なんて分かる耳は持っていないのでこのままでもいいのだが気持ちのいいものでないので直してみよーと。調べてみたら見た目を治すだけならなんとかなりそうだったので。

わかっていると思いますがこれのマネして修理する人はすべて自己責任で。
うまくいったので記事にしてますが、最悪の場合本当にぶっ壊します。
DSC_1699
見事にペコリとへこんでます。
このスピーカーはONKYOのD-062Aというもの。
http://www2.jp.onkyo.com/product/products.nsf/0/44949E14A92C7B654925690A001A246B?OpenDocument
定価20000。もらいものですけどw
オーディオに興味がなければそこそこ高いもの。マニアのかたにはそうでもないスピーカーかしら。これくらいの価格のものですので作りはしっかり。重さもしっかり(4.2キロ)サイズは小さいですが音質も俺の耳には良く聞こえます。
このスピーカーのコーン中心部分はセンターキャップかダストキャップというのが正しいみたい。
http://jbl43.com/?mode=f15
作りにもよるが、基本的にはここが軽くへこんでいようが音質はそう変わらないという俺の認識。高音域がかわるだのなんだのということになるようなんですが一般人がわかるような音質の変化はないとおもう。
思うであって音質なんて本当に個人の評価がバッラバラのもの。その人がだめというならだめなんでしょう。
DSC_1700
上にあるツィーター部分のへこみ。こっちのほうがけっこうひどい。
表面になんか塗られてるのかなんかわからんが下のほうのより硬い作りみたいでこんな風に。ツィーターの構造的にこのドームがへこんじゃうとかなりだめなきがするんですけど、音なってるからいいんでないっすかw

さてどうなおすかってことです。上からへこましたなら下からつつけばってことなんですがスピーカーの分解はけっこうすごいことに。分解好きですが100%戻せない自信があります!
で検索してみるとガムテープをつけてひっぱる。針をひっかけてひっぱる。そして掃除機で吸う。こんな方法が出てきました。
DSC_1702
ということで掃除機もってきました。サイクロン式です。そこは関係ない。
テープで引っ張るは粘着力のつよいものじゃないときびしいしそれを買いたくはなく、粘着力が高いと跡が残り表面がすごいことになりそうなのでやめて、針では、穴があいちゃうので、最終手段に。で手軽?な掃除機でまずためすことに。
DSC_1703
ぶっこわすとかなにも考えてなくモロですw
触った感じコーン部分やエッジ部分はかなりがっちりしてたので無理しても大丈夫かなと。最強の力で吸い込みました。
これの場合はちょうど径がおなじくらいだったのでよかったのですが小さいものなら小さい吸い込み口に。キャップと同じくらいの径のパイプなどを買ってきたり探したりして掃除機にガムテなどでくっつけて吸うといいみたい。
DSC_1704
ハイ、こんな風に戻りました。
見てわかるとおり完全には戻りません当たり前ですけど。しかし遠くからみればわからないくらいにはなったので満足。
DSC_1705
ツィーターのドーム部分も同様に吸い込みしてこんな風に。
こっちも完全とは言えないがまぁいいんでないってくらいに。

なんだかんだとこんな風に簡単にへこみは直ってしまいました。
俺は運よく直りましたが全部が全部直るわけでは無い。もしへこませて、へこまされてしまったら音を聴いてみて大丈夫ならそのままが一番の方法。
掃除機でやる場合はコーンやエッジ部分の素材や劣化の具合によっては全部もろっとはがれる場合も。そうなると音質以前の問題に。
自己修理に場合は本当にもうこれで終わりという覚悟はいつも持ちましょう。
しかしこれくらいのことでへこみが直ることも。そうなるとオークションやハードオフみたいなところにはこのセンターキャップがへこんだだけでジャンク扱いとして安く商品が出回っていることが。
完全に直すことは素人には難しいことですがこれくらいにするならだれでもできちゃう。それで格安でいいスピーカーゲットなんてことも。
あとはへこんでしまって使わなくなったスピーカーがあるなんて人もいるでしょう。どうせ使ってないのならこんなことしてまた使ってみるのもありなんでないかね。
完全に音質が戻るということはこの修理方法では100%ありません。センターキャップがへこんでいての音質の劣化がどれくらいなのかもわかりませんけどね。
いろいろとこれのために検索してていいこといってる人がいました「見た目の音質」。普通の人にはこれが大事なんでないかね。完全では無いにしろへこみが直ったもののほうが良い音にきこえちゃうものです。
しかしいいスピーカーで絶対に壊したくないって人は修理専門業者がありますのでそこへ。けっこうな額取られますけど完全に直してくれます。

何度も書きますがすべて自己責任。覚悟があるならやってみよー。
2010/7