IMGP0327
一眼レフだといやレンズ交換式カメラだとか今だと。ボディの天板というか軍艦部分の後ろの端のほうに○に横棒が貫いたようなマークがあります。卑猥なマークに見えたら病気です。
まぁこれが距離基準マークってもの。何に使うのってことですが「最短撮影距離」とか俺のブログでもちょこちょこでてきますが、その被写体との距離の基準てこと。一眼レフのレンズで「最短距離10センチ」となればこのマークから10センチってこと。
くわしくはニコンのHPへ
http://www.nikon-image.com/enjoy/phototech/manual/19/04.htm
説明おわっちまったがちょいと補足です。
DSC_2844
コンデジといわれるものだと大体が最短撮影距離はレンズ先端からとなります。昔あんまり書いてなかった気がするのだが今だと仕様表に撮影距離は「レンズ先端から」と注意がかいてあります。
このカメラだと広角端で15センチが最短撮影距離。写真みたいな距離以上に近づいてしまうとピントが合わなくなります。
IMGP0328
俺が今もってるものだと一番よれて大きく写せるタムロン90。
これの最短撮影距離は29センチ。最初の説明のようにレンズ先端からではなく距離基準マークからなんで写真みたいになります。
レンズ先端(本当のレンズ先端では無いのだけど)からとなると約10センチくらいが最短撮影距離ってことです。
仕様だけみちゃうと最短撮影距離てのは上のコンデジよりこちらのほうが長いのですが実際にレンズ先端からというならこちらのほうが短いことに。
極端なたとえになりますが最短撮影距離が101センチというレンズがありボディにレンズをつけて基準マークからレンズ先端まで100センチあったとすると被写体からレンズ先端までの撮影距離は1センチってこと。ここまで極端なものはたしかないけど交換レンズの仕様みるときはレンズ全長ってのいろいろイメージするのは大事です。

だから?と言われればおれもだから?と返すしかない。知ってなくても撮影になんの問題もないわけですから。ピント合う範囲なんて自分で撮影してれば勝手に覚えるしAFだしね今は。
知識として覚えておけばいいこともあるかもってだけ。女の子に説明してもたしかモテません。

2010/10