DSC_2850
2010/8/26発売。
キヤノンHP
http://cweb.canon.jp/camera/powershot/s95/index.html
価格コムレビュー
http://magazine.kakaku.com/mag/camera/id=273/

S90が2009年に発売されましてそれをちょっとした改良をほどこしてマイナーチェンジ版ともいえる内容で発売されたS95。
本当はS90を購入予定だったんですが買おうとしたらどんどん値上がりで95発表でいい価格になった2010/11に購入。約32000円でした。
そんなことで買って1日しか使ってませんがレビュー。
新しいカメラを選ぶにあたり必要な機能がすこし。

RAW形式で保存ができる。
RAWじゃないと高画質じゃないとか補正しなくちゃだめとか思っているわけじゃなくJPEGでしか撮影できなくてもなんの問題も無いんですがプリントするときにプリンターとの色あわせでWBいじってやるクセがついてましていろいろと無いと困ることもあるんで。
常時携帯できる大きさ。
具体的には自分がもってるボブルビーアニアラに入る大きさ。昔はこれに携帯入れてたのでこれにさえ入ればいつでももっていくことができるので。
ISO400の画質が個人的に使える。
これも具体的にはA4プリントに耐えられるもの。あとは個人的な経験でISO400まで使えれば大体の撮影に対応できるので。

とこの三つが機種を選ぶ基準に。あと触れてないところは正直どうでもいい。写真さえ撮れればなんでもよかった。
購入候補はだいたいが最新のハイエンドコンパクトデジカメというジャンルのものに。
最終てきにのこったのはパナソニックLX5とLX3 リコーGR DIGITAL III でキャノンのS95 S90。
LXはレンズキャップをつけるとたしかアニアラに入らないし入ってもギリなんで却下。S90は中古ならかなり安かったがさすがに新型でた直後に旧型はきつい。でGRと最後まで悩んだが付属のRAW現像ソフトでS95に。
GRについてるソフトがちょっとよくわからなく使ってみないとって感じでもし使えないとなると現像ソフトを別途購入となり2万ちかくの出費に。
さすがにその余裕は無いので。
DSC_2861
入るのはわかっていたがこんな感じにアニアラにちょうどでした。想像していたよりぴったりで余裕がなかった。LXだと完全にアウトだった・・・危ない危ない。
DPP_00011
上の画像はS95でISO400でRAWで撮り補正せずに現像してリサイズしたもの。
リサイズしてるのでちゃんとした画像じゃないですがご了承ください。
リサイズで縮小はしてますがノイズがほとんど目立たずキレイな画像なのはわかっていただけるかと。
元画像を等倍表示でみるとそれなりにノイズもでてるしディテールも失われているのですがなんとかA4プリントには耐えてくれそう。まだプリントはしてないのでわからないけど。
ただいろんなレビューなどでみた画像と同じ感じでこれは予想どおりで満足。コンデジでここまで高感度使えるのなと感心。

あと心配ごとはいろんなレビューでもあまり語られていなかったレスポンスの問題。一番きになったのがRAWファイルの保存時間。撮れればいいといっているが昔にこの保存時間の遅さで一眼に乗り換えた経緯がありまして遅くても今回はいいとおもったが早いにこしたことはない。
まぁこれも無駄な心配におわりました。ほとんど待ち時間なしにサクサク撮影ができました。ほかのいろいろなレスポンスも悪くないというかよすぎという内容。
つかってみないとわからなかったインターフェイス類などもほぼ満足。
ちょっと納得いかなったのがシャッターボタンの位置と電源ボタンなど天板部のボタン類。これが押しづらい。電源はガマンできるとしてシャッターボタンはちょっと真ん中によりすぎ。手が小さいのでつらい。まぁこれも慣れかなとはおもいますが。

まだ1日しかつかってないですがS95だけに95点かなw
期待してないというのは失礼ですが本当に撮れればいいという基準で買ったので購入動機以外の機能が想像を超えてよすぎたのでこんな得点になってしまいました。
「買ってよかった」なんて素直におもったのはひさしぶり。

そんなことでさらりと最初のレビューは終了。これから「徹底レビュー」としてながーいこと細かいこと書いていきたいとおもいます。
S95に興味がなくても今のデジカメってこんな機能ついてるんだってはわかっていただける内容にはなると思いますよ。
けっしてネタがないわけじゃやないんだから!
と気持ちの悪いおっさんのツンデレ風で一回目終了。

http://momomhf.doorblog.jp/archives/1189511.html

2010/11