DSC_3914
モンスターハンター フロンティア オンライン シーズン10.0 プレミアムパッケージ コレクターズエディション に付属するガイド娘のエフィーのフィギュアのレビューを。発売は2011/1/26
MHFガイド娘フィギュアプロジェクトのページ(音でますご注意を)
http://www.mh-frontier.jp/contents/figure/guide/
ということで3体目。
トップの写真はこの尻尾みたいな髪の毛の影うつしたかっただけです。
画像2
ヒルデと比べると1.5センチほど全高が高く10センチ以上に。そして頭の尻尾が非常に重く過去2作よりもかなりずっしりしてます。
写真撮って始めて気づいたがちょと右に傾いてるように見えるねけど頭はまっすぐ向いてるからいいのかな。実物みて気づかないところなんでどうでもいい。
そしてちょっと驚いたのがパーツ数がすくなくなったこと。これは全13パーツくらい。腕が2本で3つの部品だったり胴が1つにそして脚と腰も2パーツ構成に。
パーツ数を少なくすると型が減るので予算は安く。けど塗りわけは難しく。しかし塗装の質は上がっているという。似ているようなもの3作目ってこともありなれてきたというかいろんな改善点を見つけそれをしっかりと反映させたってことでしょうか。
MHFはオンゲでシーズンが変わるごとにアップデートしていきますがフィギュアもおなじようにアップデートしてるってことよね。ゲームのほうはいいとしてこっちのアプデは完全に成功してます。
画像3
横から。尻尾のような髪が目立ちます。これが重いのよね。この尻尾だけで頭から胴まで全部の重さくらいあるように感じられます。
そしてかなり上のほうに重心がくることに。台座があるからこれでいいって判断だったんでしょうね。ないものならこれだとひどいことに。
けど台座のおかげでしっかりと立ちます。けど過去2作とトントン相撲のようなものしたら最初に絶対まけるでしょうねw
そんなことはしませんがこの髪の毛がしっかりとした作りでそれによる重量アップもあって過去2作より所有欲ってのはかなり満たされるといういい結果になりました。
あとかかとが浮いてるのよねで台座がカカトがつくようにでっぱってます。これも過去2作とちがうところ。ユニスがかなり無理して台座に足の裏つけてるようなことになってるのでそういうのを改善ってことかしら。
足もとの作りがいいのもこのエフィーの特徴。
DSC_3906
顔のできもよくヒルデとくらべるとチークがすこし濃く。前髪の作りも悪くなくこういうパッツンだと処理が難しいことも多いがフィギュアらしさもだしつつ模型らしさをだしすぎないうまい処理に。
そして髪の色ってのもいいのよね。これは髪だけにいえることではなく全体にだが塗料がヒルデとユニスからは完全に違ったものになったように思います。
ツヤを消すという方向があったのですがツヤをほどよくって方向に、けどテカテカにするわけでもなく本当ちょうどいい具合。そして塗りムラもほどんとなくそして発色がかなりよくなりました。
塗料の配合どうかえたのが詳しく聞きたいくらいですね。
DSC_3908
パーツ分割がへりましたがこのように意外に細部の塗装も丁寧になり質感アップ。ちなみに手は握った状態で一つのパーツであとから両腕にくっつけてるみたい。けっこうめんどくさいことしますね。けどちょっと接着剤が目立つのよな。これくらいはべつにいいのだがほかの細部がいいだけにちょっと目立つ。
DSC_3898
前までは下着に足パーツ2本をくっつけてたのですがこれは右足と腰が1パーツで左足だけ別パーツ。
いつも見えるところではないのでこれでもいいのだが片方にだけ異常に食い込んでるように見えるのよな。
前のほうからだと右足のつけねの溝があるんでいいんですが後ろはこんな。後ろにも溝つけてしまえばよかったんでないかな。

ということでかなりいいできです。造形というのは最初からとそんなに変わってないですが塗装のレベルアップで過去2作とはクオリティにかなりの差が。
ユニスはあれとしてヒルデはかなりのレベルとおもったのですがまた伸びてくるとは想像もつかなかったです。
あと2人のガイド娘がでるわけでこういう風にレベルアップしてくると期待しちゃいますね。
というより確実にゲームより完成度が・・・といっちゃいけないのかな。
こんなところに本気だしてどうするんだ!なんていいたいひともいるのかも。
個人的にはこっちにどんどん本気だしてもらうほうが楽しいですけど。

2011/3