IMG_0338
ファインダー倍率って書きましたが今度は視野率のお話。
個人的に視野率は重視してないのよね。

DSC_0082
一番上はニコンD90のファインダー。スペックでのファインダー視野率は上下左右とも約96%(対実画面)ってもの。約ってのが大事だったりします。
ですぐ上の画像がそのまま撮ったもの。100%の視野率ってことです。
右のフィギュアが目だけだったのが鼻筋が見えるようになり紫のフィギュアの帽子が多くみえ手のところの茶色の部分が見えるようになりました。
大体こんなくらいです数%見えないってのは。
人によってはそんなに見えないのってことだろうしそれくらいならいいよというもの。俺は後者。
低価格機で多いのが視野率約95%。そしてプロ機などハイスペック機は約100%が多い。
フィルム時代だったり今でもフチ無しプリントがメインって人には視野率95%でなんの問題もない。
フチ無しプリントって大体が回りをトリミングされるんですよ。そういう前提でなら95%でなんの問題もない。
しかし今写真はモニタで見る時代。そうなると100%じゃないとなんかいやーって人も多くなる。
なら全部100%にしちゃえばいいじゃないってことだが100%にするにはかなり大変な作業が必要になる。工場でひとつひとつ微調整するのよ。
そして部品の精度も必要で100%にすることにより値段はぐっと高くなる。
そして大事なのが約100%ってこと。きっちり100%なんてないんです。今はこういうのを細かく計測して「100%じゃねーだろ」と文句言う人もいますが約です。お間違いなく。
IMG_0339
視野率は重視してないと最初に書いたが撮ったものすぐ見れるのでいいのよ。あれっとおもったら撮りなおせるしそういうクセがついてるし。
そして今は大体ついてるライブビューは100%だし(一部100%でないライブビューもあります)画素数無駄にあるわけでトリミングしちまえばいいし。そしてもともと端の端まできっちり計算した写真なんて撮ってない。
このごろ一眼レフの付加価値として100%ファインダーが注目されてる気がしますが100%であることに文句はないがそこまでこだわらないでもと思ってたりしてます。
ただしファインダーでは見えてないところも写るということは覚えておきましょうね。そこを知ってて使うのはかなりの違いで大事なことですので。
2011/4