SS_01_back002
この記事はトイロジックが行うブログレビュー企画に参加して書いています。本企画への参加および記事掲載は無報酬です。
事実誤認の修正ならびに本文章の掲載以外、メーカーから記事の内容に対する関与は受けていません。

レビューその1はこちらへ
http://momomhf.doorblog.jp/archives/1328919.html
クリアしたのでいってたとおりのラストレビューを。

SS_01_cutin002
80点
難易度はノーマル。クリア時間は約25時間。しかし2周目。いろいろと勘違いしていて一回やり直した。やり直す必要がなかったと知ったのは一周目に追いついた後という。
ひいき目なしに良RPGでおもしろかった。テンポがとてもよくレベル上げが楽しいのが一番かな。ひさびさに黙々と何時間も飽きもせずモンスター倒せました。しかしもうちょっとどうにかできただろうというところもいろいろと。
まとめはこんな感じ。あとは細かくかいてみます。

良かった点
音楽
ストーリー
戦闘
テンポのよさ

まずは音楽。サントラ買おうかなと素直に思うくらいよかった。これはいまどきらしからぬ絵での演出は少ない。なので音楽の演出はより大事に。そして戦闘がけっこう大変だったりでドキドキしながらやるわけですがそういう緊張感も高めてくれたり、そしてけっこう長い時間聴くことになるのですが耳障りにもならず。曲としてもいいしゲーム音楽としても優れてましたね。ちなみに2011/5/25にサントラは発売。
ストーリーはつっこみどころというか「え?」てところもありますがゲーム的にはこんなくらいでいいバランスでした。サディスティクストーリーとパッケージに書いてあるがそこまでひどいとも感じずただ落とすだけでもないのでね。そして敵の城に攻め入るのがよくあることですがこれは攻め込まれるもの。よくあるRPGの敵側だとこんなかななんて思えたのはいいのかな。
戦闘はよくあるRPGのようにボタン連打だけでは最初からきつい。しかしすこしのコツをつかめば一気に楽になる。キャラの成長により楽にもなるんですが自分の成長が一番感じられる戦闘ってのはいいんでないでしょうか。PTメンバーによってガラリと戦略を変えないといけないのもおもしろいところ。そして各章ごとのボスはやりごたえ十分で倒したときのやり遂げた感はいいです。
戦闘ともからむがテンポがほとんどのところでよかった。戦闘に入るのも待ち時間なしですし終わりもスムーズ。各章のボス前ってのがエンカウント率がものすごい上がる仕様なんですがそういうところでサクサクとレベルが上げられセーブポイントよこで戦闘できセーブも一瞬。寝床にもすぐ戻れすぐ回復。PSPってこともあるのかもだがここらへんを便利にしてくれたのはとてもよく、そういうところのテンポのよさがあり敵にやられてもすぐにチャレンジしやすかったです。
そういえば戦闘中に下の画像みたいに「敵の狙いがかわりました」ってガンガンいわれる場合があるんですが別にうるさくなくテンポがいいのできにならずこのボイス自体がいいリズム作ってくれるのよな。
SS_02_battle002
悪かった、改善してほしい点
たまの電プチ
ロード時間
移動の操作性
ストーリー
戦闘
引継ぎ要素
アイテムなどの並び替え不可
練りこみ不足と思われる仕様
ムービー飛ばせない
戦闘ボイスが少ない

こんなところからないろいろと報告されてますがたまにブラックアウトして落ちます。といっても数十時間やって俺は2回だけ。原因は不明。ただ何かを読み込んだときにボタン入力するとだめっぽいような。けどほとんど大丈夫なのだがなんかものすごい悪いタイミングにたまにあたるってことです。一回でもこうなると怖いもので。セーブポイント多いからいいのだがないにこしたことはない。ほかもバグが細かくあるが一番大きいのは電プチってことで。毎度毎度デバックがっていいたくないのだがなんとかしてほしいです。
レビュー1にも書いたが歩くのに最後までなれませんでした。LRの反応の問題が大きいのかな。広大なマップを歩くってわけじゃなかったからなんとか耐えられたが。
テンポがいいと書いておいてロード時間に文句をいうのですがほかのテンポがいいだけにエリア移動などのちょっとのロードがものすごい長く感じる。感じるだけで普通のレベルです。読み込みが重なるとものすごい待たされる場合も。道具屋話かけてもちょっとまたされる。待たすならあのボイスいらないだろうと。ダウンロード版があるんでそっちだとここらへんはいいのかな?
いいところに書いておいてだめともいうストーリーと戦闘。ストーリーはまぁオチや細かいところがってことでそこは続編でもでてくれればなと。戦闘はパターンがわかってしまうと作業ゲーにしかならないということ。ボスも割り切って必殺技連発すると終わりですし練りこみ不足というのはそこらへんのSP技との兼ね合い。売りにしてるヘイトのことやSP関連のロストバトルという部分がちょっと練りこみ不足で期待はずれだった感は強い。
アイテムなどの並び替えはこれも戦闘のテンポがいいだけにスキルを並び替えたい。この選択でリズムが崩されるのにたまにイライラと。ムービーも飛ばせないのよな。ボスでやられてまた長いの見せられるのはとてもつらい。でなぜかOPのアニメは飛ばせるという。そしてクリア後の引継ぎももうちょい考えようよと。さすがにこれで何周もする人はそうそういないしバッドED用意するのならばそこの救済もどうにかならなかったのか。
あとは豪華声優ですがボイスは少なめでしょうね今のゲームからしたら。戦闘以外のボイス量はこれで足りないとはおもわず。へたに多くされて読み込み待たされるならこれでちょうどいい。
が戦闘でのボイスパターンの少なさがちょっと。絵の演出も地味なので戦闘ボイスはもうちょいがんばってほしかった。まぁ長いセリフだろうが戦闘の掛け声のワンフレーズだろうが値段おんなじですからね。低予算ゲームとしても話題だったので削減のあおりかね。まぁゆかりんの声をモット聞かせろよってだけですw
SS_01_event009
とうだうだ書いたが約2周してうん十時間も無理なくやれ楽しめたのでよいゲームだったのは間違いはないのでしょう。
やりかたによっては超難しくも超簡単にもなっちゃうゲームですが昔にRPGいっぱいやったなんて人にはとてもとっつきやすいです。
そういえばこのレクレウルのCVがブリーチのチャドでおなじみ安本さんなんですがけっこう安本さの声すきなんでこの安本ボイスのキャラが使えるとおもってたら使えずでついでに出番すくなかったのが残念。
けっこう売れたらしく資金回収もできたらしい。続編作る気まんまんという感じらしいです。この話の後日談でもいいいですしこのままもっとストーリーを練りこんだりこまかいシステムをブラッシュアップしただけってのもでもいいですな。長く続くようなシリーズとなってほしいものです。
そんなこんなで終わり。
2011/5