DSC_0512
ツインバードの超音波洗浄機EC-D513Wです。発売は2005/7/20。定価は8400円。実売は3500円前後。
TWINBIRDの製品HP
http://www.twinbird.jp/product/ecd513/
ITmediaのレビュー記事
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0706/12/news021.html
超音波洗浄機って何?みたいな話とあわせて適度にレビューを。
画像3
幅150×奥行200×高さ140mm 950g 内寸法幅90×奥行155×深さ40(MAXライン)mm 500ml
実物を見ると大体の人が想像してたよりでかいとおもうはず。
自分はメガネっ子なわけですがメガネ使い始めたときから超音波洗浄機はほしかった。けど当時は1万円くらいが相場だったのよな。絶対必要なものでもないので保留をずっとしていてよくよく気づいていろいろ見ているけっこう安いのがいっぱいあるなと。もっと安いものものもあるんですが価格と評判がバランスの取れてたこれに。

超音波洗浄機ってなんなのさってことだがいわゆる超音波といわれる周波数を発生させ(この機種は42kHz)それを水に伝道させ微細な泡を発生させ破裂されるキャビテーションといわれるものを起こし汚れを浮き上がらせるというもの。
家庭用の40kHzくらいのものでもアルミホイルがボロボロになるくらいの威力はあります。
DSC_0507
上から。操作できるボタンはこのオンとオフだけ。オンを押すと作動し3分で勝手に切れます。コンセントを刺すと青いライトが勝手につきます。蓋はしめてなくても作動します。中にカゴっぽいの見えますが取り出しやすいカゴつき。あと付属品は時計ようのホルダーだけ。
この洗浄機に水をいれるわけですが一緒に界面活性剤、いわゆる普通の台所用洗剤をいれます。2.3滴って感じです。これは絶対いれてくださいね。自分は勘違いしていましたが洗剤で汚れを取るためでじゃなく界面活性剤の能力で洗うものの表面張力を打ち消すため。泡がついてそれが割れて汚れ落とすので泡がちゃんとつくようにってこと。
DSC_0506
底面。まぁなんもないです。こんなですがすべるとかはなし。
洗えるものはメガネとかいろいろですが洗えないもの覚えたほうがわかりやすい。
説明書に書いてある洗えないものは。
べっ甲 真珠 エメラルド 象牙などの宝飾類。やわらかいので傷がつくからってこと。
腕時計本体(防水型含む) 時計のバントを洗うのは推奨してますが防水であっても本体は洗ってはだめとなってます。泡が通常ではないくらい細かいので防水であっても水が入るかも?ってことみたい。
ためしにGショックそのままぶっこんで洗いましたが大丈夫でした。が本体は洗わないほうがいいとは思います。
メッキ品や接着・接合品などの貴金属類。メッキははがれますし接合部のあるものは壊れかもってこと。
木製品 ガラス コンタクトレンズ 陶磁器 カメラ用フィルターなど。まぁコンタクト洗う人はいないと思いますがカメラフィルターもだめなのね。プロテクターフィルターくらいは大丈夫な気もするが・・・まぁやる人は自己責任で。
DSC_0505
横。すべすべです。この本体をもって水を捨てたりしないといけないのですがどこも持つところがないのがちょっとした欠点。ちょっとでもいいのでくぼみつけくれるとよかったのだが。
あと欠点はコンセントの長さかな。1m50cmはあるんですがもうちょっとあってもと。延長コードとかで対処すればいいんだけどね。
DSC_0511
中はステンレスです。真ん中くぼんでますがこのくぼんでるところが一番洗浄力がつよいところ。よくあらいたいものはカゴとかなしで直接この真ん中のくぼみにいれるのがコツ。
で内装は取り外せないので本体もって水すてるわけですが本体は防水じゃありません。先のほうがちょっとくぼんでますがそこから水を捨てます。そして蓋は全開で180度になるが90度のところまで引っかかりがないので90度以下で水をすてると蓋がパタンと落ちてくるので水すてるときは蓋をメイッパイあけましょう。そうすると蓋おちてこないので快適に水がすてられます。
DSC_0483
洗浄力テストということ俺の電気カミソリの刃を。フィリップスの使ってるのでこんな刃になってます。だれでもわかりますが左が洗浄後。右が洗浄前。洗浄前のは水で流しただけで1年以上は細かい掃除はしてないです。
一回ではここまでキレイにならず2回やってこんな風に。
ブラシでやったりもしてませんし拭いてもいませんがこんなにキレイになりました。ブラシでものすごいがんばってもここまでならないのよね。
こんな感じで3500円でも洗浄力はかなりのもの。メガネもバッチリキレイになりました。
ただどんな汚れでも落ちるとは勘違いしないでください。これは家庭用なんでよく落とせるものは皮脂など人からでる汚れ。油系だったり錆までは落とせないことが多いようです。どんな汚れでも落ちると思ってる人も多いみだいですが家庭用超音波洗浄機はそんなものと思ってください。

レビューとしては洗浄力は満足。音も超音波洗浄機特有のヴィーンて音はなりますがうるさいわけでなく。不満は水捨てのめんどくささだけ。洗浄容器だけ分離できるのもあるがそこまでとはいわないがせめて持ちやすくしてほしかった。
けど3500円なら大満足です。
メガネ使用者で購入を迷っている人もいると思いますが絶対買ったほうがいいですよ。最初にこれにメガネ入れて洗うとものすごいことになります。それを見ると早く買えばよかったと思えるはず。そしてゴシゴシとメガネ洗ったり拭いたりしないでいいのでメガネにもやさしいので。
しかしメガネ以外だとけっこう使わない。アクセサリーもそんなに頻繁には洗わないし電気カミソリもそんなに洗わないでもいいしね。けどあれば便利なときもあるんでこれくらいの価格なんで余裕あるときは購入考えてみてください。
2011/5