このレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・ゲームレビューサイト「 みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。本レビュー掲載によるブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。レビューの内容につきましてはみんぽすやメーカーからの関与なく完全に中立な立場で書いています。(唯一事実誤認があった場合のみ修正を行います)商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちらみんぽす
DSC_0528
発売は2011/3。アンプ内蔵のスピーカーです。FOSTEXって聞いたことないなっておもってたらフォスターね。OEMとしてスピーカーやヘッドホンを有名メーカーに供給。車のスピーカーのほうが有名なメーカーなのかな。車の音響をいろいろいじろうとしたことあるならこのメーカーは聞いたことあるはず。俺もそっちのほうで知ったはず。
だれしもが知ってるメーカーとはいえませんがかなりの歴史がありプロ用としては有名。
けっこう硬派なメーカーイメージなんですがそこが一般向けにとっつきやすくしたモデルを出したってことよね。まぁいってみますか。
DSC_0514
これが付属品全部。スピーカー2台とコードが3本。でボリュームコントローラーと電源タップ。
もともとPM0.4nってモデルがあったんですがhttp://www.fostex.jp/personal/products/PM04nこれはスピーカー1個の販売。それをデザインを小変更してもともとあったボリュームコントローラーとタップ。そして2台あわせてセットにしたのがこのモデルとなります。価格はセットで19800円くらい。
スピーカーで単体販売っておかしくね?ってことですがこのままギター用のアンプにも使えるのでそういう人には1個でいいってことらしいです。そしてスピーカーは2台ありますが同じ仕様のもの。
基本的にアンプ内蔵スピーカーは片方にアンプがついてますがこれは両方についてる。だから左右での音質差がでないというメリットがあるそうな。実際左右での差というのは感じられなかった。
画像1
<スピーカー部>●エンクロージャー方式 :2ウェイ・バスレフ方式●内蔵ユニット(防磁型) :100mmウーハー/19mmソフトドーム・ツィーター●再生周波数特性 :60Hz〜30kHz●クロスオーバー周波数 :1.5kHz●エンクロージャ容積 :約2.8L<アンプ部>●定格出力 :低域=18W、高域=18W●インプット :φ6mmTSフォーン・ジャック(アンバランス、スイッチ付)、RCAピン・ジャック(アンバランス)●定格入力レベル :-10dBV(RCA)/-10dBV(TSフォーン)●入力インピーダンス :54kΩ以上●高調波歪率 :0.1%(12W時)、4Ω/20Hz〜20kHz<一般>●外形寸法 :144(W)x220(H)x180(D)mm●本体質量 :約3.56kg●電源/消費電力 :AC100V/40W

スペックはこんな感じ。高出力ってわけじゃないが家庭用ならこんなもんで不満はでない。
入力は2系統ありRCAピン、いわゆるビデオ端子の音声のやつをつかってつなげる。ギターアンプなんかもに使えるように作られているのでTSフォーンジャックが。
背面に電源スイッチとボリュームがあるんですがボリュームとスイッチは一回触ったら触らないという仕様。というより裏にあるのでどうしても細かくいじるにはめんどくさい。
3.5キロあるのでけっこうな重量です。アンプも入ってますからねしょうがないがスピーカーは重さが音質なんてね。よい音だしそうな重さですよ。
DSC_0516
横から。ヒートシンクが目立ちます。このヒートシンクのでっぱりがなんかかっこよくて好きなんですがどれくらい熱くなるの?と思って1日くらいずっと電源入れておいたがほんのり暖かいくらいでした。
子供とかがさわったらとかおもったんですがそんなに心配しないでよさそうです。
画像2
付属しているボリュームコントローラーPC-1Wというもの。
http://www.fostex.jp/products/PC-1Wもともと別売りであったものでこれだけで4000円くらいします。
できるのはボリュームのコントロールだけ。けど値段がそれなりにするので質感がものすごくいい。重さもそれなりにあります。
これだけかっていろいろなことに使おうかなとマジで考えたくらい。けどこれだけみると昔のテニスゲームかブロックくずしのコントーラかよってかんじですけどね。
イメージ5423
こういうふうな接続に基本的にはなりこのコントーラをPC脇などにおきボリュームのコントロール。PC内でボリュームかえればいいじゃないってことだが個人的にボリュームはアナログが一番。キーボード脇にちょこんとおけとってもよかった。
けどすきなポジションに置くには付属のケーブルがすこし短い。今回は長期に使用してないのでそのままにしたが長期となるとケーブルは買いなおしがいいのかもしれない。ケーブルは手に入りやすいものなんでいいわいいんですが。
DSC_0522
でもう1個の付属品の電源タップ。フォステクスがつくったものじゃなく普通にホームセンターに売ってるもの。これと同じものをちょっと前に自分で買ってきて持ってるのよな。
セット販売するにあたってのこのスピーカーの大きな問題点は電源のオンオフ。さっき写真でだしたように電源スイッチは背面でちょこちょこと切るのはめんどくさい。ということで根元から電源おとすためにこの2股タップでスイッチつきので切れということです。使用上問題ないといえばないしあるといえばある。人によってはそう簡単にコンセントに手が届くともかぎらない。そうなるとまた自分で延長コードかってということになる。
改善策をメーカー側で考えて付属品としていれてくれたのはありがたいがセット販売するにあたり根本的な解決をしないといけなかったのでは?と。
イメージ5422
そんなことでレビューとなるが音質はかなりいい。だれが聞いても普通のスピーカーより低音が強くそして強いだけじゃなく上品な強さ。低音が強いと高音がよわい場合が多いのだがそれもなくイコライザーで調整しなくてもバランスはよい。2万円でこれならコスパはかなりいい。
ただし問題点はさっきも書いたがコード類の取り回し。付属のコードはもうちょっと長くていいですし電源の問題も根本的な解決になってない。
セッティングにより改善できることですがそういうことが苦手ともいえる若い女性がターゲットとしてはどうなんでしょうか。付け焼刃的なセット販売はあまりいいとは思わない。
そして色。これが送られてきて「黄色!」って思わずいってしまいました。こういうパステルカラーのスピーカーって少ないから人によってはいいが5色あるがどれも男性がというにはどうかなというものばかり。これの前のPM0.4nが黒とかあるからそれ買えてことなのかもだが5色あるなら黒とかそういうのもあってもいいんでないでしょうか。
それとスピーカー前につけるサランネットはなし。俺はなくてもいいんだが子供さんがいる家庭にはあったほうがいいわけでオプションでつけるかそれかサランネットでの色の展開ってほうがいろいろいいような。
よくある硬派なメーカーががんばりましたって感じにはなってしまいました。ただし音質は本当にいいと思う。そしてちょうど音響機器にこだわりたいかなって人にはちょうどいい価格設定。
ゲーム用だったりPC用だったりいまの音響環境に満足いってないがアンプかってスピーカーかってのようなシステムは組みたくないし予算もそこまで出せない。そんな人にはいい選択肢の一つになるのではないでしょうか。
おれも今のが壊れたのならこれもいいなと選択肢には完全に入りました。
そんなこんなでフォステクスのパワードスピーカーってのもあるよってことで覚えておいてもいいんじゃないでしょうかね。
2011/5