DSC_0634
ロジクールのUSBヘッドセット H360です。発売は2010/3/12。
ロジクール製品HP http://www.logicool.co.jp/ja-jp/webcam-communications/internet-headsets-phones/devices/6526
過去記事 MHFでスカイプ http://momomhf.doorblog.jp/archives/1010600.html
過去記事で書いてますがMHF歴よりスカイプ歴のほうが長い俺。MHFではほとんどスカイプしたことないですけどね。それはいいとしてたしかこれでヘッドセットマイクは10個目くらいかな?もう覚えてないくらい買ってます。
ヘッドセットは人によって合う合わないの差がかなりでます。そして機器との相性も。そういう話もちょこちょことはさみながらレビューしていきたいとおもいます。
DSC_0636
本体サイズ (W×D×H)mm : 207.0 x 65.0 x 135.0  
本体重量 g : 112 
ケーブル長 cm : 240
マイク 集音特性:単一指向性(カーディオイド)
2年保証 定価は4000円くらい実売は3000円以下くらい。

大事な仕様はこんなところかしら。ほかの細かい仕様は公式HPへhttp://www.logicool.co.jp/ja-jp/webcam-communications/internet-headsets-phones/devices/6526#section=specs
自分がヘッドセットを購入するにあたり選ぶ基準は

USB接続 ネックバンド方式 有線 指向性マイク 3000円以下 折りたためない

これだけかな。一番といってもいいのがネックバンド方式のもの。上からかぶらないで後ろから耳にかけるタイプね。スカイプなどは基本長時間になることが多い。そうすると負担がかかるかからないってのが大事な要素に。自分はオーバーヘッド、上からかぶせるのはどうもだめで締め付けられる圧迫感と頭の上になにかあるのがきつい。俺はこういうもの使うときはめがねのときが多いのでネックバンドだと耳が痛くなる場合が多いがそこは慣れとオーバーヘッドの違和感よりはマシてことです。あとつけはずしの容易さもネックバンドを選ぶきめてに。
オーバーヘッドとネックバンドどちらが優れているというのはないので自分の合うほうを選んでください。
そして値段も重要。ヘッドセットマイクは消耗品だとおもってます。使いかたが荒いというものありますが1年持てば満足。そういうことで3000円以上は出したくない。高いのを買えば一生ってものでは無いのでここらへんの価格のものをちまちま買い換えるってのが経験上一番コスパがいいと思います。それと人によっての相性がある商品ですので高いものは失敗したときがつらいですので。
で一年持てばいいと思ってるので2年保証は大変ありがたい。

DSC_0640
DSC_0641
こういう風に伸ばすことができ長さの調整ができます。横幅は12〜16センチくらいかな。広いわけでもなく狭いわけでもない。伸びてでてくるところがステンレスだと思うのだが髪の毛にあたる部分は黒いザラザラとしたテープが貼ってあります。髪の毛がひっかからないようてことかしら。伸ばしたところで強度がないとはおもわずいままで買ったなかではかなり丈夫なもの。そしてネジが三本見えますがかなりがっちりと作られてます。「折りたためない」ものと購入候補に書いたがここらへんの強度が弱いものが折りたたみのものは多い。ここの部分をもってかけたりはずしたり、ここをどこかにかけて保管したりするのでここが丈夫か丈夫じゃないかは耐久性に大きく影響する。そしてこの部分に限らずエッジ部分、部品の端の部分っすねそこが丸く丁寧に加工されている。どうしても肌に当たるものですのでエッジが雑だと痛くなる原因に。これもこのヘッドセットの好印象のひとつに。

DSC_0643
耳に当たるヘッドフォン部分。ここが数度ですが動くようになってます。これも大変ありがたい構造。人によって合う合わないというのを何回も書いてますがこの数度の角度が動くか動かないかはつけ心地に大きく影響します。
これの影響かネックバンドにしてはかなりピッタリと耳にフィットする感じがします。

DSC_0652
ヘッドフォンカバーはこのようにはずせます。まぁ外せないものないですけど。カバーのスポンジは厚いわけでもなく薄いわけでもなく。けどそれなりの質はあるのですぐはやぶれないでしょう。というよりこのカバーだけ数百円とかで売ってくれないかしらね。
ヘッドフォンの音質はこういうマイクつきでこの価格にしてはいいもの。いいというか癖がないですね音に。上から下までフラットな特性なようです。
マイクを使わないとしてPC用ヘッドフォンとしても悪くないものだと思います。

DSC_0651
マイク部分。PCマイクには指向性と無指向性の2種類があります。指向性はそのマイクが向いてるところだけの音をひろい無指向性は全部拾う。スカイプは音質がよくてがっつりといろいろな音を拾います。キーボードの音からオナラまで。できるだけ声以外は入れたくないというならこういう指向性のものを。
でノイズキャンセリング機能が入ってるそうですがなにか特別なものはついてなさそう。ただの筒にスポンジかぶさってるだけ。けどテストで自分の声聞いて変化はかんじられなかったが「なんかすっきりして聞こえる」といわれたらのでそれなりによいマイクなんでしょう。
マイクの長さはヘッドフォン部から約11センチ。かなり顔が小さくないかぎり口のちょうど真横で顔の前にはすこし足りないという位置にくるはず。これだとちょっと音の拾いが悪そうとおもったがそういうことはなくマイク感度は必要十分でいままでつかったなかではかなりよいほう。かなりの小声で話しても大丈夫なはずです。で一応ぐねぐねまがります。けどちょと硬めなんであんまり曲げないほうがいいかも。

DSC_0653
USB部分。ここの部分が大きいのも特徴の一つ。メリットは抜き差ししやすい。デメリットはでかくて邪魔。抜いて外してが多い人にはいいがつけっぱって人には邪魔。コードが無理なく折れ曲がるところまで10センチくらいかかります。狭いところに接続する予定の人はちょっと計ってみてくださいね。
過去記事でも書いてますがマイクはUSB接続が絶対にオススメ。マイクで話すときの問題はノイズ。アナログ接続はどうしてもノイズが入ることが多い。USBだから絶対ノイズがないわけではないですが経験上ノイズが入ることはかなり少なくPCとの相性問題も出づらい。ドライバがって問題もアナログだと出る人がいましてその問題も出づらいのでPCよくわからないって人にもいい。
で有線無線って話になるがPCから離れて話すことがほとんどないのならばできれば有線で。いまのブルートゥースなら切れたりとかもあまりないと思うのだが電池の問題がでる。人によってはかなりの長時間接続となるスカイプ。電池が切れてってトラブルはないとは言えないですので。ちなみにケーブルは2.4m。これで足りないことはほとんどないかと。
ちなみにUSBでもノイズがでるって人は接続するUSBを変えたりハブをつかってたり延長していたりするひとはそれをやめてみてください。そしてデスクトップPCなら背面のUSBのほうが音がいいという傾向もあるようです。こういう風に接続端子をいろいろと手軽に変えられるのもUSBのメリット。

DSC_0654
ボリュームとマイクミュートのスイッチ。自分はこれはあってもなくてもどっちでもいい。けどマイクミュートは便利かな。ボタンの押し心地もわるくなく悪くない操作感です。
たまにこの部分が異常にでかいのがあって邪魔な場合があるがこれは小さくてよい。

DSC_0644
ヘッドセットって写真撮りづれーと苦肉の策でバレーボールに装着。こういうののレビューすると頭だけのマネキンがほしくなる。これは4号球で直径20センチ周囲64センチくらい。ここまで頭大きい人はそんなにいませんがこれくらいの大きさでもなんとかつけられます。
横にロジクールのロゴが。左右両方にあります。大体装着するとこんな感じです。ネックバンドが上すぎても下すぎても具合が悪いわけでこんなくらいがいちばんいいのかな。

DSC_0650
でこういう風にマイクがまわります。270度くらいグルっと回ります。回すのは抵抗もあまりなくかといってゆるいわけでもなくちょうどよい。こうやってうしろのマイクがいくのは当たり前ですが大事なこと。マイクつかわずヘッドフォンとして使うにはこうじゃないとね。

評価としてはかなり満足です。いままで買ったマイクではベストといっていいでしょう。気に入ったのは各部の作りかな。けっこうがっしりとしてますしコードもちょっと太め。かといって重いわけじゃない。いままでのやつはどうも細部のつくりが雑でつかってるうちにボロっとなることが多くてね。これなら長いこと使えそうなきがします。
ヘッドフォンの音質も悪くないですし3000円以下なら十分といっていいでしょう。
USBヘッドセットも昔よりたくさんあっていろいろと選べるようになりましたが最初にというならこの製品はいいんじゃないかな。これを基準にいろいろと自分に合ったものを探す。そういう製品なような気がします。そういう基準にしてもいい製品てことでいいヘッドセットだと思いますよ。
2011/5