DSC_0661
バイクのプラグ交換についていろいろ書こうとしてたが正確に書こうとするとめんどくさいのでやめてスパーダの前プラグの取り付けと取り外しについてだけ。どうとるの?ってのをちょっと見かけたので。
同じエンジンの今のVTRだと後ろ側がめんどくさいんですがスパーダは前がめんどくさい。
ということで写真は後ろのプラグ。がっつりとスペースあるんでサクサク取れます。
DSC_0655
前のプラグ周辺はこんな感じ。これだとどこにプラグあるのかわからないですね。どんなバイクもですが簡単に見えないものは取りづらいです。
スパーダの特徴ともいえるアルミフレームのCASTECが邪魔。一番はラジエータが邪魔なんですけどね。これ外しちゃえばいいんですがけっこうな作業に俺はなるのでやらないです。

DSC_0660
使う工具は車載工具のものを。なんだかんだとバイク関係でプラグ外しとつけるのに便利なのは車載工具。
左のをプラグにつけてスパナで回すってことです。サイズ14のレンチを使います。車載工具のレンチがすこし厚くて短いので自分の持ってるのでいいのがあればそれを。メガネでもいいんだけどうまいことはまらないこともあるんだよね。

DSC_0657
でプラグキャップを外すとこうなるんですが手をいれるのもかなり大変。プラグつけるときに最初は指で回したいけど無理ってひとも多いはず。指がプラグに届く人はゴム手袋すると回しやすいのでつかってみてね。

DSC_0656
まずは外したプラグキャップをこうやってエンジンにところにひっかけておきます。このプラグキャップが邪魔なのよな。

DSC_0658
で工具を入れてレンチでまわす。このときに左手で邪魔なコードをひっぱてるのがコツ。なんかで引っ掛けてとかもやってたのだがなんだかんだ手でつかんでおくのが早かった。

DSC_0659
でつけるときは時計回し、外すときは反時計ってことでレンチをナナメにしてつけるときはエンジンヘッドのボルトがあるところから手前に。で外すときは手前からボルトのほうにというのの繰り返し。
手が小さくて入るひとだとプラグの工具いれて手で回せるのですぐおわるのですが大体の大人の手は入りませんので地道に回すことになります。コツは早く終わらせようとしないこと。そして何度も何度も泣いてください。何回プラグ外したっけかなぁ。20回くらいやると大体慣れますw
こんな感じでいろいろなジョイントついたラチェットとか使わないでもできますのでがんばってやってみてね。
2011/5