DSC_1058
かなりひさしぶりのチャリメンテネタ。メンテのネタは多くあるんだが写真撮るのがとてもめんどくさいので書く気にならず。パンクしたといわれたので直すついでにがんばって撮りました。チャリメンテで一番重要というかやる機会が多いのはパンク修理。小学校の時からやり始めたかな。キッカケはパンク修理が高いってのもあるが自転車屋にもっていくのがめんどくさいのが一番。つかう修理キットは100円ショップのもの。こんな感じの修理セットがかならずあります。いやーいい時代っすね。昔は修理セットってけっこう高かったのよ。
基本的にこれと空気入れだけあれば修理はできます。ということでかなり適当に書いてますのでだめな場合もありますが参考程度でよろしくお願いします。
DSC_1042
今回はリアタイヤがパンク。センタースタンドがある機種ならばひっくり返すことはないが大体ないのでこういう風にひっくり返すことになります。メンテスタンドなんてもってる人はほとんどいないでしょうし。
下になにも敷いてませんがだいたい外で自転車ひっくり返すとハンドルとか傷がつきます。新聞紙とか敷いてひっくり返すのが望ましいです。で変速機やベルなどが邪魔になる場合があるので移動させたりしてからひっくりかえしてくださいね。そして椅子も低いとリアの泥除けに傷がつきます。椅子は高めに伸ばしておきましょう。
もうボッロボロの自転車なんで傷がつこうがどうしようがいいのでというかもう傷がひどいので躊躇なくひっくり返してます。

DSC_1044
まずはリアタイヤのナットやプランジャーを外します。プラジャーについてる虫ゴムが劣化していて空気が抜ける場合がありますがそこは大丈夫ということに。

DSC_1045
取ったもの。長いのありますがこれがプランジャー。この下の黒いのありますがこのゴムが劣化してると空気が漏れます。どうみても劣化してるなってときは修理キットについてる虫ゴムに交換しましょう。
明らかにゴムがだめであったのなら交換して空気いれると直る場合もあります。あとこの部品はママチャリ、実用車であればだいたい共通。この部品がなくなったときはこれも100円ショップに売ってますので買ってきましょう。まぁなくさないことが一番ですけど。

DSC_1046
でタイヤを外すことになります。正確にはリムからタイヤを外してずらす。それをするのに便利なのがタイヤレバー。なくてもできなくはないがこれでやったほうが楽。
基本的にはタイヤのスキマにつっこんでもちあげて引っ掛ける。で2本あるんでそれを交互にってこと。慣れないときつい作業ではありますがなれますのでがんばって。
うまく外せないってひとはタイヤレバーを何本も使うと楽です。タイヤを揉んだりいろいろと自分のやりかたみつけてね。中のタイヤチューブが傷つかない?ってことを気にする人もいると思うがタイヤレバーのエッジが尖ってたりしないかぎりはむちゃくちゃやってもそんなにことにはなりづらい。というより10何年とやってるがそんなことになったことは無いです。

DSC_1049
はいはずれました。こういう風にずらすわけですがずらすのはチェーンがないほうに。どっち側でもやれるのですがチェーンのほうだと油がついてべとべとになるんで逆のほうがいいです。

DSC_1052
でバルブのところから引き抜く。うまいこと上から押し込んでがんばって抜いてね。

DSC_1053
でベローンと引き抜く。

DSC_1054
でプランジャーなどをつけて空気を入れて水につけてパンク箇所をチェックとなります。が今回は水につけないでパンク箇所発見。大きな穴の場合空気の漏れる音で大体の場所わかるのでそこらへんを指でさわればパンク箇所は特定できます。

DSC_1055
穴あったなと爪楊枝ぶすり。マジックかなんかでチェックしちゃうのが一番いいんですがおれはこうやって爪楊枝とかさしちゃうひと。なんでもいいので穴の場所がすぐわかるようにしておきましょう。なにもしないと絶対見失います。そしてこうやって刺す人は穴ない場所にはやらないように。

DSC_1057
つぎは穴周辺をやすりで表面処理。つけるパッチの大きさによりますがかなり広くやすりがけしておきましょう。
240番のやすりでやってますが2桁くらいのもっと荒いのでいいです。というか付属してるのはそれくらい荒いもの。
まぁなんでもいいのよ適当にやっちゃって。なんでこれするかというとノリの食いつきをよくするため。ヤスリかけなくても一応は貼れます。どうしてもヤスリがないというならしょうがないですができればやってください。食いつきはぜんぜん違います。

DSC_1059
ヤスリで出たゴミを洗ってタオルで拭いてゴムのりを塗る。薄く広めに塗りましょう。そして完全に乾くまでまつ。この乾くまでまつってのが大事。こういう接着剤関係だと乾く前に貼らないとと思っちゃう人が多いですが完全に乾くまでまちましょうね。そういうのりなんでこれは。基本はテカテカしてなくなったら大丈夫です。

DSC_1063
でパッチをつけてタイヤレバーでゴンゴン、ゴシゴシ。このフィルムがうまくはがれないこともありますががんばってやってみてください。どうも100円ショップのパッチはフィルムが外れづらい気がする。まぁノリの乾きが不十分だとうまくフィルムが外れないです。

DSC_1064
で完成。パッチが違うだろってね。失敗したのではがしてまたやりました。パッチも100円ショップでうってますのでうまくいかなかったらはがしてやり直しましょう。
ではみでたのりがありますがあらったり粉つけたりしておきましょう。そういうことしないとタイヤにくっつく場合があります。おれは余裕でこのままタイヤに戻してます。マネしちゃだめよ。

DSC_1065
チューブを戻すまえには空気が漏れてないか違うパンク箇所がないかのチェックは絶対にしてください。空気がでてないのでうまくいったようです。そして他のパンク箇所もなし。でタオルで拭いて終了。

DSC_1066
戻すまえにもうひと作業。タイヤに異物がないかのチェックです。タイヤの内側を指でなぞるようにして一周してみてください。なにかあれば指にひっかかるのでそれがパンクの原因です。釘とかガラスとかなんで指傷つけちゃう場合があるので手袋してたほうがいいかもね。けど素手のほうがこまかいものまでわかるのでいいといえばいい。異物があったらそれを除去して終わりです。

DSC_1067
とリムのチェックもお忘れなく。このリムのところにゴムがだいたいありますがそれが切れてたりするとパンクの原因になります。完全にきれてるというなら写真のようなリムテープってのが売ってますので買ってください。ゴムのやつよりテープのほうが作業しやすくていいですよ。

DSC_1068
でチューブをタイヤの中に戻す。まずこのバルブのところを刺してナットつけちゃいます。ナットはギュウっと閉めずに手で閉められる程度で十分です。閉めすぎるとそこからまたパンクします。工具使う場合でもきつくはしめないように。

DSC_1070
でチューブだしたのとは逆手順で入れるわけです。最後の最後はタイヤレバーで力づくでタイヤはめちゃうのが楽。
注意点としてはチューブがよじれてはいらないようにってことかな。けどそんなに注意しなくてもよじれないものです。
でタイヤが装着できたらもんでみたりでしっかりと装着する。
そして空気いっぱいいれてしっかりと装着。空気いれすぎた場合はチョット抜いてね。、こんな感じで終わり。なれれば20分とかでさらりとできます。

DSC_1072
うまくできましたかな。修理キットなどにもやりかたは書いてありますのでそちらもよく読んでみてください。
パンク修理が自分でできると自転車乗ってるときの安心感が違います。でこれができるとタイヤ交換など次のステップにもいくことができます。
説明不十分な気もしますがやってみるのが一番。最初の最初はものすごい苦労すると思いますが慣れるとこんなに簡単なこともないと思えるはず。
何度も何度も失敗してうまくなっていってください。幸い今は修理道具が100円ショップで安く買えるので思う存分できますので。
ではがんばってくださいね。
2011/6