DSC_1501
修理「?」とハテナを最後につけましたが修理記事としては不完全なんで。そういうこと何で適当に読んでね。
全自動洗濯機でふたを閉めているのにふたが開いていますってエラーがでて洗濯機が動かないってトラブルになった人もすこしはいるでしょうか。二層式の洗濯機けっこう長くつかってたのでふた開いてても動けよっておもっちゃったりしますが全自動は脱水も同じ層でやるし安全のためにはしょうがないですね。
ということで蓋がしまってないと動かないようにするためにそのセンサーがあるわけです。でふたを閉めているのにエラー表示で止まるってことはそのセンサーが壊れているってことに。
ということでうちの洗濯機がこういうことになったので修理したという話。といっても2回目なんですけどねこの壊れ方。一回目はセンサーがあると思われるところぶったたいたら直りました。たたくのは一応おすすめしません。


DAEWOO 全自動洗濯機 全自動5つのコースから選択 DWA-80W

洗濯機はこんなの。DAEWOOのDWA-G55Wてやつ。画像のはちと違うのですがほぼ同じ。
買って5年はたってると思う。二層式だったもんでイライラして安いのみつけてきて自腹で買ったもの。ちなみに15000円くらいだったはず。で修理頼むと最低でも1万以上はかかります。部品代数百円の技術料1万円みたいな領収書わたされます。
つーことで直してもしょうがないしだめなら新しいの買うってことで自分で修理することに。自分でやるかどうかは本体の値段と相談して自分できめてください。ものすごい値段たっかいドラム式とかは絶対やめたほうがいいっすよ。

DSC_1494
ということでまずはセンサーを目視できないと始まらないので洗濯機を分解。この感じの全自動洗濯機のふたセンサーの場所は大体写真のようなところをはずすとでてきます。この洗濯機の場合は裏側のネジを一本はずしてものすごいはずしづらい爪をなんとかして外しました。全部とはいいませんがネジ外しただけで簡単に外れないものが多い。で無理すると部品の爪がふっとんでもどすことができなくなる場合があります。
もとの状態に完全に戻すということを考えている場合は無理はしないように。ドライバーとかいろいろつかって爪はずしてください。
で水道とつながってるホース外さないと取れないことが多いのでホースは外しましょう。そしてホース外すときは水はとめ、でホースの中に水が残ってますのでその水の処理はしっかりとしましょうね。
左側の銀色のレバーがついてる部品がふたの開閉センサーとなってるスイッチ。

DSC_1495
よくわかりませんよねってことでアップに。ちょっと汚いのはガマンしてください。さすがにここは掃除しないので。
緑のクリアパーツみたいのが左下にありますがこれが洗濯機のふたの端。そこに白いプラパーツがついていて蓋を閉めることによりスイッチの銀色のレバーを押し上げスイッチが入り閉まってますよという合図に。なもんでふたエラーが出るってことはこれの部品がうまく機能してないことが多い。実際はここで修理は終了。蓋あけてスイッチをちょちょっとさわったらエラーはでなくなりました。本当は直ってないでしょうしスイッチになにかしらの問題があるはずなんですが老朽化によりちょっとした位置のずれでエラーがでる場合もあるんでちょっとさわるだけで直ることもある。
ふたセンサーエラーの場合はセンサーを目視して触るまではやってみるのはかなりおすすめです。そしてここからはすべての人にすすめられる修理方法とはいかないってことでもあります。

画像1
ふたのセンサースイッチてのもいろいろありますがこの機種はこのようなレバー式スイッチ。
銀色のレバーがふたによってもちあげられ黒い部分のスイッチが「カチッ」という音がして電気の流れる回路が切り替わりふたが閉まったと認識されるという構造。この部品に書いてある回路図みると出口二本あってもいいみたいなんだが出口は一つ。通電するかしないかってだけなのかな。
韓国メーカーの洗濯機なので部品も韓国のもの。GERSUNGってメーカーみたいです。
HP http://gersung.en.ec21.com/Micro_Switch--838866_838869.html
日本のメーカーだとオムロン製のスイッチが多いみたい。ということでこのスイッチが壊れてたら交換してしまえば直る。
ここのメーカーは問い合わせてないがこの部品だけちょうだいっていえば売ってくれるところもあるそうです。けどほとんどだめという話も。洗濯機メーカーが売ってくれないなら直接部品メーカーに問い合わせれば手に入りネット通販でうっている場合もあります。
部品を探す場合は部品に書いてある型番で探すことになります。これの場合はV16183A4ってことに。型番でぐぐると部品がでる場合もある。が古いとだいたい出てこない。そしてメーカーでももう作ってないことも多い。
同じのないなら似たようなのでもできる気がするんだがね出力とかあってれば。そこまでやる気だったんですがまだ完全に壊れてないのでやってないという。

イメージ6894
部品が手に入らないなら部品を直すって方法になる。このレバー式スイッチの構造はこんなことになってます。
これもやってないからうまくいくか分からないが常時下のスイッチにつながってる状態にしちまえばいいわけですよ。
ということでまだやってませんがこのスイッチ部品を分解して蓋があいてても蓋が閉まってるという状態にするのが最終手段でした。こんな風にどのタイプの蓋スイッチでもこんな風な修理の流れになる。
まずは洗濯機でスイッチの場所を見つけ位置修正などを試みる→スイッチを交換する→部品がない→部品を修理する。こんなことです。部品をつけなおしみたりとか接点回復剤をとかまだまだありますがこんな修理段階になるはず。

スイッチの種類はいろいろと書きましたが確認できたところだと磁石でスイッチが入るタイプもあるそうです。そういうものは磁石をくっつけて常時オンになんてこともできます。あとは電子部品に詳しいかたならいろいろと考えつくでしょう。そういうの詳しい人ってなかなかいませんがそういう人に相談してみるのもいいかもですね。
まぁ自分でというか素人ができるのはこれくらいが限界。スイッチの部品修理までやってだめならあきらめて修理業者に頼むか新しいの買うのがいいと思いますよ。
俺みたいにちょっとスイッチさわっただけで調子よくなることもあるんで修理苦手ってひともそこまではがんばってみるのもいいかなと。そして苦手な人はそこから先はやめましょう。
個人的にはとってもいやですがもっとこの蓋センサースイッチがぶっこわれたら、上に書いたようにスイッチ分解などしてみたいと思います。それ以外にも試したいことはいろいろあるんよね。なにかまたやってみたら新しく書きたいとおもいます。ということで最初に書いたとおりの中途半端な修理記事でした。
2011/7

2013/12追記
DSC_7437
ということでこの記事書いてから約1年半でまたフタエラーがでる。今度はスイッチ触っただけでは直らずでしょうがないのでスイッチを分解することに。薄いものをスキマにいれたら簡単に分解できました。
で中見てみたらビックリ。写真のように緑青みたいなものがスイッチ内にびっしりでした。スイッチのケースのスキマから水分が入って、金属部分はそれで結露してこんなことにってことなんでしょう。
これを分解掃除してひとまず直りました。がまたこの後故障。また磨いてみたがとても不安定な状態に。うーんどうしようと思ったがスイッチをオンの状態でテープグルグル巻きにしたらエラーはでなくなったので今はその状態で放置。今度だめならハンダを流して常時オンにしようかなと。それかさすがに洗濯機買います。
また何かしたら追記でもしますわ。