DSC_1528
真夏に書く記事ではありませんがファンヒーターの修理ネタ。寒いときにドライバーとか使うと手が冷たくてつらいのであったかくなってからやろうと思ってたら暑くなってただけです。ストーブと比べると寿命がかなり短いと感じるファンヒーター。5年使うと大体どこかしら調子が悪くなりそこからはいつ壊れてもおかしくないということになります。このファンヒーターも使用して4年ちょっとでかなりおかしく。機種はダイニチのKDF-322。でかでか3年保証ってシールがあるが3年すぎると壊れるのはお約束。絶対では無いですが簡単な修理で調子わるいのが直ってしまうのがファンヒーター。そんなことをちょろちょろと。
いつもの書くことですが修理はすべて自己責任で。そしてこれは火を使うものなので細心の注意を払ってください。すこしでも無理だと思ったらあきらめてください。

イメージ6895
故障状況は着火不良と着火できたとしても時間がたつと失火するというもの。そしてでるエラーコードはE02。
ダイニチHP エラーコードからの対処方法というページ
http://www.dainichi-net.co.jp/support/repair/fh/error/
このページにずらっとエラーコード別の対処方法が載ってます。ここのE02を見てみる。
http://www.dainichi-net.co.jp/support/repair/fh/error/e02.htm
ここにも書いてあり説明書に書いてある油受け皿の掃除や点火消火を繰り返しクリーニングはすでにやっていて効果はほとんどなかった。
ということで着火検出装置(フレームロッド)の異常だと考える。てこれを見る前からフレームロッドをいじる予定だったんですけどね。
フレームロッドは汚れてくるとセンサーがくるう。それの代表的なのがシリコーンの付着。「なんでシリコンついただけでだめなの?」ってことですが上の画像に「炎電流」ってありますが炎は電気が流れる。でその流れる電気によってセンサーが働いてちゃんと火がついてるなってなるわけですよ。だからシリコンで絶縁されちゃうと電気が流れなくなり火がついてるのについてないとみなされ火がうまくつかなかったり消えてしまったりってことに。
シリコンじゃなくてもゴミの燃えカスだったりいろいろとフレームロッドについてしまうわけですよ長く使うと。そういうのを掃除してやれば直る確率は非常に高い。

画像123
ということでフレームロッドにたどり着かないといけませんので大好きな分解に。
修理しおわってからみつけたのですがダイニチはこういう分解図がHPに公開されてます。っていっても販売店用なんですけどね。だれでも見れるのだから別に見てもいいんでしょう。
http://www.dainichi-net.co.jp/~hanbai/
このページから右のサービスパーツ検索→機種別パーツリスト→機種名でその機種の分解図とパーツリストが見れます。PDFなんでご注意を。
細かい分解の仕方まで書いてませんがこれがあるかないかではかなりの違い。ダイニチ系のファンヒーター分解するならやる前に見ておくとかなり楽だと思いますよ。
パーツ1個1個の値段も出てるのでそういうの好きな人には見てるだけで楽しくてしょうがないものですし。そういう暇つぶしにも使えますてそんなにいないか・・・1時間くらいこのPDFぼーっとみちゃってましたが俺は。

DSC_1529
さて分解を始めますか。PDF見つける前なんでこのときは手探りで分解してました。いつものことなんで別にってことですがね。
ダイニチ製品が全部このやりかたってわけじゃないが大体共通。他社だとかなりめんどくさいものもあります。分解するときはデジカメで写真撮り撮りやるのがいいですよ。
まずは前の下にある2本のネジを外します。右ネジなんで反時計まわしにまわすとはずれます。ドライバーはプラスでちょっと大きいものがいいかと。それと長いもののほうがやりやすい。そして下にあるんでできればちょっとしたものの上においたほうが回しやすいです。ファンヒーターは逆さとかにするといろいろ問題でるので回しづらいからといって逆さにしちゃだめよ。

DSC_1526
2本ネジはずすだけで前面のパネルは外れます。上のほうは爪がひっかかってるだけ。ネジを外し真上にずらすようにすると簡単に外れます。「ダイニチは修理が簡単」っていわれるのですが過去数台ファンヒーター分解してますがいままでで一番前面パネル外すのは簡単でした。
右が基盤関係で右下が気化器やポンプなどの燃料系。左が燃焼室。ということで左のほうの分解をすすめる。
とこの写真だとコンセント入ってますが当たり前のことですが分解時はコンセントは外しましょう。そしてタンクも外して受け皿にある燃料も取ったほうがよい。まぁ俺は受け皿のまで取ってないですけど。取ったほうが安全です。

DSC_1527
このネジを2本外してネジの上の爪がありますがこれをあげて燃焼室前の鉄板を外す。つめはドライバーなどで丁寧に起こしてください。

DSC_1523
下にだけネジがあり上のほうはひっかかってるような状態になってるので前面パネルとおなじように上のほうにずらして外します。ちょっと手こずるかもですが丁寧にやりましょう。

DSC_1505
はい外れました。これでフレームロッドがでました。外したネジは4本だけという簡単さでした。
写真の背景が違いますね。写真撮ってる順番と載せてる順番が違うもので。ブログに書く前提で予定たてて修理しながら写真撮ってるがこの写真もほしいなぁてあとから思いつくのでこういうことになる。

DSC_1508
ということでさっき書いたページのKDF-322のPDFを参照してほしいんですが
http://www.dainichi-net.co.jp/~hanbai/after-partslist/FW-252S_322S_432S_322D.pdf
上のリンクはPDFですのでご注意ください。
これの分解図の番号とパーツ表からドライバーでさしてる部品がフレームロッドってことに。左のは点火プラグ。で下の網のがバーナだそうです。さっきも書きましたがこの写真撮ってるときはこのPDFの存在しってないので「これかな?」で写真撮ってます。
これは磨いた後の写真なんですがこのロッドを紙ヤスリで磨きました。けっこう粗めの230番のものを使いました。もうちょっと目の細かいもののほうがいいはず。場所は適当にまんべんなくロッド全体を。点火プラグもついでにやすりがけしバーナ部分もさびというかなんかいろいろあったんでやすりをかけてきれいに。網部分もやりました。でゴミなどはあんまりなかったがささっと掃除して終了。注意点としてはヤスリをかけすぎて変形させないこと。点火プラグのほうは先が尖ってますのでこれの形状を変えないこと。どうしてもだめなときはあれですがロッドの位置はできるだけ動かさないでギャップ、バーナとの間ですねそれを変えないように。 


イメージ6898
とものすごい勘で適当にやりましたがこれもあとで見つけたものを。さっき出したダイニチの販売店用のページからhttp://www.dainichi-net.co.jp/~hanbai/ 右上の故障診断→家庭用タイプの下記以外の機種のエラーコード診断→E02・E2といきました。この最後のリンクもPDFで開きますのでご注意を。
見ていただくとわかりますが購入者向けのページのものよりかなり細かく症状からの対応が書いてあります。
かなり見やすいフローチャートです。このまま一般向けにだせばいいのにとおもったり。けどこれみて修理されていろいろあってもって困ることになるってことでしょう。
ということでフレームロッド関係は上の画像のところ。先端磨いて網磨けってことのようです。先端だけでいいのか。網も一応磨いたが間違ってなかったようです。意外と部品交換以外でやれることが多いなという印象。
自分で修理挑戦する人はエラーコードからさらりと全部みるとかなり楽になるでしょう。自分のやれることやれないことってのがわかりやすいので無理しないですみます。

DSC_1517
ということで着火。すぐに火つきました。ってこうやってあけたまま火はつけないほうがいいよ。最低でも鉄のパネルはつけて着火テストがなにかと安全。このあとパネルも全部もどしてテストしましたが問題はなさそうでした。
ただ夏場で気温が高いところでやってるので冬の寒いときにちゃんとなるかはわからない。たしか大丈夫だとは思うのだけど。
多くはないし青の中にあるわけじゃないのでいいんだ赤い火がちょっとでてるのが気になるところ。バーナもかなり劣化してると思うし気化器のほうも完全に正常ではないとおもうのでそこらへんの影響があるのかなと。
今回はそこはいじらず。目標はもともとなんでもいいので着火安定だったもので。いっぺんにやると完全に壊しかねないのでここで終了です。

DSC_1510
ちなみにロッドと同じくらい故障するというかおかしくなるのが気化器。ドライバーでさしてるところです。ここらへんは自信ないならいじらないほうがいいのかなとも思うのだがさっきの故障診断のフローチャートだと向きかえるとかそれくらいでもよくなることはあるみたいなのでやれる範囲でやるのはいいのかも。けどあんまりやりすぎると燃料がとおってるところですのでいろいろ危ないことがあるかもですので細心の注意でいじってね。

ということで冬になって使ってみないとわからないがこんなんで着火不良は直ったりします。分解からヤスリがけ組み立てで10分もかからないです。ファンヒーターによって難易度はかわるのですがこの機種のようにロッドまでのアクセスが簡単だと誰でもできるというレベル。こういうもの書いておいてあれですが素人の修理は絶対おすすめとは言えませんがちょっとした異常がでただけというなら買い買える前にチャレンジしてみるってのはいいことなんではないでしょうかと。
これくらいの修理で約8000円ほどプロに頼むと取られますし買い換えると一万くらいはかかりますからね。
あとさっきのPDFなんか見てると部品代がでてるわけで、ちなみにフレームロッドは一本800円くらい。俺も交換したいのですけどねたしか素人が単品購入ってのはかなり難しいかと。注文してないから正確じゃないですが素人の修理はメーカーはすすめてないわけで素人が部品は買えないことが多い。大型電気店で部品だけを注文っていっても難しいことも多いはず。知り合いの電気屋さん経由でってのが一番可能性は高いかと。
そんなことで修理をやるかたはさっきの修理診断のフローチャートのPDFなどをしっかり読んでチャンレンジしてみてください。そして自分での修理は自己責任ってことはお忘れなく。ついでに火や灯油を使うものなわけで2重3重の安全対策てのは考えてください。できれば外での修理がいろいろといいです。

DSC_1511
ということでオチを着けなくてもいいですが真夏に修理したのでこんな表示になってしまいました。外で修理してましたが室内温度が30度に。なんでもそうですが暑いときに修理するもんじゃないね。
2011/7