DSC_1925
PCの不調の原因だったグラボ。これのせいでかなり振り回されました。グラボの故障といっても原因は上の写真の右下のコンデンサの破裂。このコンデンサが絶対に壊れるといわれるほどひどいものってのはあとで知ることに。
ということでグラボが故障するとこんな症状がでますよってことを書いてみようかと。人によってグラボが壊れたときの症状はそれぞれですが当てはまるって人もいるでしょうし。
でこのグラボはXFX製のNVIDIA GeForce9600GT。OCされてないもの。2万円くらいのものだったみたいね。もらいものなんで価格は知らないです。で約3年使って壊れました。やってたゲームはMHF。そんなにハードに使ったとは思ってない。使用環境はエアコンなしの部屋で夏は灼熱、冬は極寒。そんな地域。

DSC_1927
故障してでたPCの症状は2011/8前半からで数時間使うといきなり再起動となるというもの。再起動になる使用時間はまちまちで最短で20分。長いと5時間。大体2時間は落ちなかったかな。
電源が落ちるときは決まっておらず高負荷だから落やすいということもなくアイドル状態でもだめだった。
そして落ちる場合は画面には何もでない。停電で落ちるときみたいにズバンと落ちる。これ以外の症状でわかりやすいものはなかった。けど最終的にはMHFがちょっと重く感じた。けど描画などに変化はなかった。GPU温度も異常に高い温度にはならなずいつもと同じ。
この再起動が起きる一ヶ月前に今考えればグラボの故障が原因だったという症状があった。デュアルディスプレイにしたのですが新しく買ったモニタが数分に一回、消えては写るという症状が。しかしこのときは故障とは思わず。前から使ってるメインのモニタはそういうことにはならずで設定変えたら直ったりもしたのでDVI−HDMIの変換ケーブルもつかっているしそれのせいか相性かなと。グラボを変えてからは一切点滅はしないのでグラボの故障が原因だったのでしょう。
ということで破裂に気づき症状がひどくなったのは8月中ごろだが7月初め、それより前には壊れていたのだろう。
ちなみにコンデンサの破裂音ってのは聞いてないというかあったのかわからないが気づかず。
まぁこんな症状です。似た感じで調子わるいときはちょっとグラボ見てみるといいかも。そして違うグラボもってるなら変えてみるといいと思うよ。

DSC_1929
で問題の破裂したコンデンサ。この写真じゃわからないですがFZってかいてあるんですが、これはSACONていう台湾メーカーのコンデンサ。ちょっとコンデンサ調べるとわかるのですが全体がアルミで加工してあるこの形のは固体コンデンサのはずで破裂しないんですがこの形なのに電解コンデンサ。でFZって書いてあるこのタイプのものは100%破裂しますっていうほどのもの。検索するとわかるんですがこのFZのコンデンサの破裂した写真がものすごいいっぱいでてきます。2年使えば絶対壊れるなんて書いてあったりも。3年持ったおれはあたりってことかね。
マザーボードにも使われてたりするんですが特にGeForceの9000、8000 7000番台に使われてるらしいです。
で9000番台のおれは見事にってことです。
しっかしこのグラボにコンデンサは見えるところで10個使われてるのですがほか9個は日本製のしっかりとした固体コンデンサ。どうして一個だけこんなのつかってしまったのだろう。全体のつくりも丁寧なのに。
固体コンデンサとおもってつかっちゃったのだろうか。そこだけが個人的ななぞ。
グラボもですがマザーでもこのコンデンサがあったら壊れるかもって注意しておくのはいいことなのかも。

DSC_1931
なんか中身が軽くみえるのよね。運がよかったのは壊れたのがこれだけってこと。ほかのものも道連れにならなかったのはよかったなと。
この壊れたコンデンサさえ付け替えればまたもとの状態で問題なく使えるそうな。そのうちやってみようかなと思っています。

絶対ではないですがグラボってちょっと壊れても問題なくPCが動いてしまうのよね。自分も動いてましたがほかの人でもちょっとおかしいかなくらいで問題なくゲームできたりしてるようです。
PCパーツの中では壊れやすいのがグラボ。PCがなんかいつもと違うなって違和感を感じたらボードはずして確認してみるってのは原因の早期発見につながるかもです。
グラボはPCケースあけただけだと大体が下向いててコンデンサ部分とか見えないことが多いので故障に気づきづらいってこともあるんでしっかりはずして確認しましょうね。
俺みたいにマザーも電源も取り替えて気づくなんてことになりますので。人のふりみてなんとやらです。
2011/8