イメージ1511
Windows 7 Enterprise 評価版というのがありまして簡単に言えばWindows7の90日間お試し版。
http://technet.microsoft.com/ja-jp/evalcenter/cc442495
でここからダウンロードできるのですがダウンロードできない自体に遭遇。でそれの解決方法を。
解決方法といってもソフトやハードの問題は一切絡んでないのでそちらが問題でダウンロードできない場合は知りません。
ちなみにWindows 7 Enterprise 評価版の認証は2011/12/31まで。この日が過ぎるとたしかダウンロードできません。ダウンロードできたとして認証できないので使えません。

今回はWindows7の評価版の話ですが8もそろそろなわけで8評価版ってのがでるなら同じようになるかも?
イメージ1519
ダウンロードのボタンおしてちょっと書くものあってメールでの本人認証してとありましてダウンロードが始まるだろう場所にいったら上の画像のところになって何もならずで終了。ダウンロードできないっていうとIEのせいにしちゃうこのごろなんですがWindowsのもの落とすのにIEでできないわけないだろうと。
で上の画像に書かれているのがちょっとわかりづらいんですが「ITプロフェッショナルじゃない一般人にはダウンロードさせないよ」ってこと。

イメージ1513
ちょっと書くものと書きましたがそのページで「お客様の職業で最も近いものを次の中からお選びください」ってのがありましてここでテクノロジ愛好家 学生 一般消費者 その他を選ぶとダウンロードができません。
てことでそれ以外の選択肢を選ぶとダウンロードできるように。

イメージ1514
でその下のダウンロード目的も評価だけではだめとかだめじゃないとか。俺は展開テストだけにしましたが大丈夫でした。わからない場合は全部チェックすればいいんじゃない。

イメージ1520
「俺開発者でもないしIT業界じゃないしダウンロードできないじゃない」ってことですが会社名いれたりしないですしメルアド必要ですがフリメでいいわけでぶっちゃけ自分が開発者かどうかなんて誰も確認できません。
といってもウソつくのはイヤですよね。「パソコン使ってるからIT会社さ〜」なんていう人もいるわけですし開発者の定義もいろいろあるさ。誰もが俺は開発者だ!と某ガンダム主人公みたいにいってもいいのさ。それは冗談としてどう考えてもウソをつかないとだめでそれは自分で許せないってときはあきらめてください。ウソついてなにかあっても俺は責任持てませんし。けどITプロ以外の使用を禁止してるわけでなくお勧めしないって書いてあるだけなんでウソついたところでどうもなりませんが。

ではなぜ実質だれでも落とせるのにこんな選択させてダウンロードできないようにしたりするの?ってことですが上の画像に書いてあるというかダウンロードページに「お客様が知っておくべき情報」ということがかかれてましてそこにいろいろかいてありますが要約すれば「ITプロじゃなくても使ってはいいけど知識ない人は大変なことになかもよ。これいれて何が起ころうともこっちは何の責任ももたねーからな」ということです。
今回Windows 7 Enterpriseの説明は一切してません。あえてしてないです。そしてダウンロードできる評価版はISOイメージです。そのままじゃ使えません。
せめてWindows 7 Enterpriseがどんなものなのか、ISOイメージはどうやると使えるのか自力で調べられる理解できる知っているって人はお使いください。そしていろんなリスクがあっても回避できるのならばってことです。

ちょっと怖がらせるように書きましたが実際はそんなに危ないわけではないがフリーソフトなんかの紹介でも書きますが評価版やRCとかそういうもなんで。すべてにおいて自分で責任がもてない人は使わないでください。
2011/11