「ピー」っとPCから音が鳴りますがそれがいわゆるのビープ音(Beep)。その音の制御をしてるのはマザーボードでそれに搭載されてるBIOS(Basic Input/Output System)から。
とややこしい話はおいておいて「なんかいきなりピーピーなってるよ」ってなるわけですがその音を動画で撮ってみたということ。
まぁ全パターン撮れなくて微妙なクオリティになりましたけどね・・・
それでも聞いたことない人は一回聞いておくとすこしはびびらないで済むかなと撮ってみました。ということで細かい説明を。
イメージ050
ビープ音ってのはBIOSのメーカーによって変わってまして今回はタイトルに書いたAward(Phoenix) BIOSがつかわれているもの。ギガバイトはだいたいAwardのはず。アスースなんかはAMIだったりします。しかしどのBIOSかわかんねーよってことにだいたいになりますがBIOSの設定画面がこの青のやつならAward(Phoenix) BIOSです。AMIのは灰色がほとんどのやつ。

イメージ051
と今はBIOSがUEFIになって各社デザインがいろいろになってきましたのですぐにわからないことにもなってるのよね。そういう時はシステム情報を見ればわかる。
スタート→すべてのプログラム→アクセサリ→システムツール→システム情報で上の画面がでます。
これは今のPCのアスースのマザーのもの。American Megatrends IncってなってますのでこれはAMI BIOSてこと。AMIのビープ音については機会があれば。

Award BIOSピープ音コード
正常起動 「・短」
CMOS設定エラー「・・短×2」
DRAM(メモリ)エラー「−・長短」
ビデオカード(グラボ)関連の接続エラー「−・・長短×2」
グラフィック関連のエラー「−・・・長短×3」
BIOS ROMエラー 「−・・・・・・・・・長短×9」
DRAM(メモリ)接続エラー「−−−−−−連続長」
電源関連のエラー「・・・・・・連続短」

一応Awardだとこんな感じのビープ音になるらしい。動画の中では3つしか再現できませんでしたけどね。
CPU関連のエラーでもピーポーピーポーということもあるらしいが今回はならず。

まとめますとビープ音がなるうちはいいときです。まだ直せるチャンスがあるとこの心臓に悪い音聞いたときは思いましょう。本当無音のPCほど怖いものは無いので。
そんなことでただこの動画が撮りたかっただけということでした。

いろいろ書くことわすれてたな。動画は最小構成で組んだもので撮りました。最小構成についてはこちらへ
http://momomhf.doorblog.jp/archives/1414744.html
で使用カメラはCANON PowerShot S95 。編集ソフトはWindows Live ムービーメーカー。
2011/12