イメージ076
パーテーションって言葉は間違いでパーティションが正確なのか意味が違う2つの言葉だと思ってた。とあいかわらずわけのわからない始まりですがHDDのパーティションを分けたりくっつけたり、いわゆるCドライブをCとDに分けたりCとDをCだけにするってお話。WindowsXPまでだと専用ソフトをつかったりしないと簡単にできなかったんですがWindows vista以降はWindowsの標準機能で簡単にちゃっちゃとできるようになりました。つーことでそういうこと書いてます。一応SSDでも同じようにしてできますって当たり前ですが。SSDでパーティションわけすると寿命が短くなって速度が遅くなるとかいわれてたのね出始めは。そういうことは無いようですよ。
今回はWindows7でやり方を解説してますがvistaでもまったく同じでたしか8でも大幅に変わってはいないでしょう。
イメージ075
まずはコントロールパネル→システムとセキリティ→ハードディスクとパーティションの作成とフォーマットといってディスクの管理に入ります。
マイコンピュータを右クリックでメニュー出して管理をクリックでコンピューターの管理からディスクの管理という行き方も。
ほかにもあると思うが好きなのみつけてください。

イメージ076
でこういう画面がでます。状況は250GBのHDDでパーティションわけはしてないCドライブのみ。俺には100GBしかやっぱりいらないなぁと。そんな話もいらないことですがパーティションがないのでまずは分割してみます。

イメージ077
斜線が入ったバーみたいなところがありますがそこを右クリックでメニューを出します。でボリュームの縮小を選択。

イメージ078
で縮小を押すと計算が始まりすこし待たされます。俺のHDD250GBで数分かな。容量がおおければ時間はかかるんだと思う。イライラしないで待ちましょう。

イメージ079
計算結果が表示されます。
縮小前の合計サイズが縮小しようとしてるHDDの全容量。約240GB。250GBのHDDですが使えるのはこんなものなのよ。基本的に本当の全容量よりすこし少な目の表示に。こういうものなんでおかしいとか思わないでください。
縮小可能な領域のサイズってのが分割できる最大の容量。新しく作ろうとしてるパーティションの最大容量ってこと。約96GBですね。
縮小する領域のサイズというのが自分で数字を決めてつくるパーティションの容量を決めるてこと。なにもいじらなければ最大容量の96GBで作成されます。基本的にはいじらないでいいんじゃないかなと。
縮小後の合計サイズってのがパーティションわけされたあとのCドライブの容量。約140GB。
てことで自分が納得した数字ならOKを。
どういう容量がいいの?とか悩むと思いますがこの記事全部読んでもらうとわかりますが分割結合はものすごく簡単。悩まないで適当に分割してしまい間違ったとおもったらまたやり直すってのが一番早いです。

イメージ080
一瞬で縮小できました。Cドライブが約140GBになり未割り当て95GBができました。この状態だとパーティションがないCドライブが140GBのHDDと同じなので未割り当てとなってるところを割り当てをして使えるようにします。

イメージ081
未割り当ての部分で右クリックしてメニューを出し新しいシンプルボリュームを選択。

イメージ082
と新しいシンプルボリュームのウィザードが始まりこういう画面がポップアップします。まずはボリュームサイズの指定。新しいボリュームの容量を自分で指定するってこと。ここで疑問になるのが最大は約97GBとなってますがもし50GBと指定したら残りの47GBはどうなるの?ってことですが未割り当てになります。
パーティションをもう一個作りたいっていうならここで容量を調整してみてください。けどここで容量調整しないでもあとでもう一個ボリュームを作るのも簡単なんで深く考えないで次へと押したほうがいいかと。
ということで何もいじらないと最大サイズで作ってくれるのでなにも触らないで次へをクリック。

イメージ083
ドライブに文字またはパスの割り当てってのが。基本的にはなにも考えず適当な文字を割り当て次へを押せばいい。
NTFSのフォルダにマウントとかありますが普通は必要のない選択肢なんであんまり考えないでいいかと。普通ならDドライブってなりますがいろいろと使っているとこういう風にEドラってなります。
べつにEだろうがZだろうが普通に使ううえで問題がでることは少ないので気にしないのが一番。

イメージ084
次がパーティションのフォーマット。これも何も考えず次へを押しましょう。同じHDDを使ってるのでフォーマットしちゃうとCドライブのデータ消えちゃう?って思う人もいるかもですがCドライブに一切の変化はないので安心してフォーマットしてください。
ちなみにフォーマットしないと使えないのでここでフォーマットしないを選ぶとあとでまたフォーマットをしないといけなくなるんでさっさとやりましょう。

イメージ085
で設定の確認画面。ここで確認しろっていわれてもねよくわかんねーってねw なんか間違ったとおもったら戻りましょう。でいいなら完了をおして終了。

イメージ086
フォーマットとあるんで時間かかりそうなイメージですがなんの待ち時間もなくすぐあたらしいボリュームが完成します。ということでCドライブだけだったHDDにEドライブができて無事2つのパーティションがあるHDDとなりました。わーい。
できたところで俺にはパーティション必要ないのでCドライブひとつに戻します。そんなことで今度はパーティションの結合を。

イメージ087
さっきつくったボリュームE、Eドライブの上で右クリックでメニュー表示。でボリュームの削除を選択。

イメージ088
押すとこのように注意がポップアップ。削除ってことで削除するボリュームに入ってるデータはきえてしまいます。消えてこまるデータがある場合はCドライブに移動させるかほかのものにバックアップを取りましょう。
俺はさっきつくったばっかりのドライブなんでなんにも入ってないし消えてこまるデータなんてひとつもないのでなにも悩まずはいを選択。

イメージ089
ということでさっきみた画像て思われるでしょうがEドライブが未割り当てに戻りました。

イメージ090
さっきは未割り当てを右クリックしましたが今度はCドライブを右クリックでメニュー表示。でボリュームの拡張をクリック。

イメージ091
ボリュームの拡張ウィザードがポップアップします。何もいじらなければ未割り当て全部がCドライブとなります。ということで全部Cドライブにしたいので次へを。

イメージ092
たしか確認画面ってあったようななかったような。まぁそれでウィザード終わるとこのようにパーティションが消えて無事結合できてひとつのドライブになりましたと。

ということで簡単でしょ?長々書いてますがここまでの全工程3分もかかってないです。たまに異常なほどに窮屈なCドライブだけをつかっているような人がいますがこんな風に結合するとか簡単なんで容量を増やすのも簡単です。XP時代が悪いんでしょうがどうもパーティションを組みなおすのはめんどくさいと思われるかたが多いような気がしますがvista以降はこんなに簡単。Cドライブ以外のところにあるデータの管理だけしておけばなにも怖いことはないってことです。そんなことで自分のPCのパーティションに不満がある場合はやってみましょうね。

と実はvistaの時にエラーでうまくこれができないという症状になったのよね。なんでそうなったのかは今だに不明。そのときエラーだしたHDDと同じなんですがねここで説明につかったHDDは。そういうエラーになったときはOSの再インストくらいしか方法はないと思うのでそうなったときはがんばってください。
2011/12