イメージ499
まずはアップデードの自動チェックの無効から。Catalyst Control Centerを開いて左のタブの一番下の情報→ソフトウェアップデートからアップデートの自動チェックをはずして終了。これでアップデートがあっても通知はされません。アップデートがあるときはWindows起動させるとありますよって英語のものがポップアップするんですがキャンセルしてもアップデートされてないとWindows起動ごとに毎回ポップアップされるのでとてもうざいもんで。
グラボ関連のドライバーやソフトウェアは安定動作しているのならばアップデートしないほうがいいってのが昔から言われていること。特にAMD系は最新バージョンが変な動作してしまうことが多い。そういうものなんで気が向いたときに自分でチェックしてアップデートしましょう。めんどくさいはめんどくさいですけどそれのほうがトラブルってのは少ないですので。
ということであとは注意点をダラダラと。書いてることはCatalyst Control Center 日本語化っていう前に書いた記事と内容はほぼ一緒です。

イメージ453
アップデートを自動でチェックにしているとアップデートがあるとこういうものがポップアップします。
選択肢は間違ってるかもだが左からあとで スキップ 今ダウンロード ダウンロードページに訪問となる。
ここで悩むところがダウンロードする系が二つあること。どっち?ってことになるがたしかDownload now選ぶとこのままダウンロードすると英語になっちゃうよって注意がでたはず。日本語化の記事で書きましたがダウンロードナウでダウンロードされるのは英語しか入ってないバージョンのもの。現在日本語のCatalyst Control Centerを使っていたとしても英語に上書きされます。英語から日本語のもの上書きしても日本語にならないんですけどね・・・
てことでVisit download pageを押します。

イメージ454
でこういうところにでるんでプルダウンを自分の環境にあったものを選びます。
自分の場合デスクトップ用のHD6770でWindows7 64bitなので上からDesktop Graphics→Radeon HD Series→Radeon HD6xxxx→Windows7 64bitって選択に。
なれないとというか慣れてても大変なんでがんばって選択してください。

イメージ457
でこういうページに飛びます。日本語化のところでも言いましたが最初のタブのパッケージは日本語でカタリストコントロールセンター使いたければ絶対に落としてはいけません。画像のように英語だけしか入ってませんので。現在日本語化されていたとしても英語版で上書きされます。そして逆に日本語版で上書きはできない。何度も書いてますがこれがカタリストの現在の常識ですのでお忘れなく。

イメージ456
ということで次のタブの個別ダウンロードで日本語の入ったカタリストを選択してダウンロード。これは2012/1でのダウンロードページの状態。日本語のものの位置は変わる場合がありますのでしっかりとJapaneseって単語をさがしてそれをダウロードしてください。
ドライバー関連もカタリスト落とすのならば一緒に落としたほうがいいかな。

ということであとはインストして終了です。
間違ってフルパッケージをインストしてしまい英語にしかならなくなったのならば
Catalyst Control Center 日本語化の記事を読んでやってください。カタリストをアンイストして個別ダウンロードで日本語のものをインストするだけです。
そしてアップデートして動作不安定となった場合はドライバーやそのたもろもろ全部キレイにアンインストしてからインストールがいいみたい。正常なドライバーやカタリストであってもアップデートが蓄積すると不具合がでる場合はあります。
ドライバーアンインストのときはドライバ削除ソフト Guru3D(Phyxion.net.) Driver Sweeperを使ってきれいにけしましょう。
これでも不安定ならOS再インストか、ちょっと古めのバージョンをインスト。
自分は経験ないがいろいろ検索するとAMD系のグラボはトラブルが多い気がするのでトラブったのなら冷静になっていろいろやってみてください。
ちなみにこれは2012/1でのお話です。時間がたつといろいろ変わっている場合がありますのでご注意ください。
2012/1