イメージ563
ニッケル水素充電池をこのごろよく使っている俺ですが充電器がかなりお古になってきたので新しいのがほしいなとで今後の充電池を買い足すとしてもやっぱりエネループよねと充電器つきのものをどれがいいかなと調べているとラインナップが多すぎてわけがわからない。とくに充電器がいろいろありすぎてなにがなんだか理解不能。ということでいつものように自分用にまとめて理解するために記事に。
USBとかほかにいろいろあるんですがそこらは除外してコンセントから充電できるものだけでのまとめ。
2012/1でたしか販売されてるもので比較しています。時期がかなりづれている場合は公式HPでラインナップをご確認ください。
2013/12追記
新しい充電器の違いを書きました。そちらもどうぞ。
http://momomhf.doorblog.jp/archives/1594527.html

イメージ569
安いものから順番に説明していこうかと。まずはNC-TGL01 価格約790円 充電時間7時間(420分)
※これから書く価格はすべて充電器単体のもので価格コムの2012/1の最低価格を参考にしています。充電時間は1900mAhの単三エネループの場合。
エネループライト用として発売された充電器。ライト用みたいになってますがエネループにもしっかり対応しています。
なんともない普通の充電器でライト用だからといって充電時間が異常に長いわけでもない。エネループライト2本つきで1000円以下で買えるがその値段にしては単三か単四を同時に4本充電できるのはいいところ。
しかし一番の問題は画像に赤で書いてあるように2本づつでしか充電できないこと。1本や3本での充電はできません。電池を一本づつ使うってことが多いと困るは困るのですが電池一本づつ買うって少ないので問題ないとも言える。

イメージ566
NC-TGR02 価格約920円 充電時間3時間50分(230分)
2倍速充電タイプで最大2本タイプのコンパクトモデル。ここからのモデルはどれも単三と単四の混合充電可能。
最大でも2本づづ使うっていうならこのタイプはコスパはいいです。エネループ2本つきでも1000円ちょっとですし。けど2本以上を使うとなるとちょっとね。4時間くらいで充電終わるんだから2本終わったら次充電すればいいじゃないってことだが忘れるのよねそれ。4本なら4本いっぺんに充電してしまうほうが充電時間が長くても入れ替えるよりは早くなることが多いので。

イメージ568
NC-TGC01 価格約1200円(電池2本こみ) 充電時間7時間(420分)
これ単体で売ってなかったのかな?まぁいいや。イルミネーションの色を変えられるというのが特徴のようです。それ以外は普通の充電器。混合充電には対応しているがこれもライト用のものと同様2本づつの充電にしか対応していない。ちょっと豪華にしたNC-TGL01てことね。これを無理して買う必要性はあまり感じられないです。

イメージ567
NC-TGN01 価格約1250円 充電時間7時間(420分)2倍速時3時間30分(210分)
一番スタンダードなタイプの充電器。これのセットを売ってるのをよく見かけるような。特徴は両端のスロットは2倍速充電に対応しているということ。両端に2本か、どちらかの端に1本という状態にすると2倍速充電に。単三でも単四でもできます。混合でも倍速になるはず。価格と機能のバランスが一番いいとも言える充電器。ハードに充電池を消費するような人じゃなければこの充電器で不満がでることは無いはず。

イメージ565
NC-TGR01 価格約2150円 充電時間3時間40分(220分)2倍速1時間50分(110)3倍速1時間15分(75分)
充電器のフラッグシップモデルとも言えるのがこれ。エネループプロの付属の充電器はこれの黒バージョン。
今回紹介するものでは唯一の3倍速対応モデル。3倍速は電池1本のみ。2倍速は電池2本までという条件つき。
2倍3倍っていってますが普通のモデルから比べると最速だと6倍早いともいえます。4本でも普通のモデルの2倍速。混合充電もでき単四も4本充電可能。早く充電したいならこれを選んでおけば問題は無い。
問題は価格。参考に書いた価格は最安値なわけで場所によっては単3×4つきで4000円近い値段だったりします。充電器つき充電池は2000円越えるとものすごい高いものってイメージになるんですよね。それがこれは3000円はこえてしまう場合が多いわけで。早く充電できることはいいことですがこれを買う価格でNC-TGN01と単三×4買えちゃうのよね。一般的な使用方法であるならば早い充電より電池が多いほうがいいわけで。そう考えるとうーんと考えてしまいます。

イメージ564
NC-TGR03 価格約2700円 充電時間3時間40分(220分)2倍速1時間50分(110)
一番値段が高い充電器。3倍速充電はないですがリフレッシュ機能と電池残量のチェック機能がついてます。そしてニッカド電池の充電にも対応。
けどけっこう問題があるモデルでもある。まずは単4は2本までしか充電ができない。そしてリフレッシュ機能、一回電池をカラにしてから充電する機能ですがもともとそれの必要性がないともいえるエネループに必要なのかと。残量チェックも3段階なだけであればいいが別にいらないともいえる。でニッカドも充電できるといっても今使ってる人ってそんなにいないし入手もしやすいわけじゃない。でレビューみてたのですがなんか充電中に音がするらしいです。でうるさいそうな。
あればいいなという機能ではあるが高い金だしてまで買うモデルかといえばどうなのかと。この機能がどうしても必要って人もいるのでそういう人はこれを選ぶしかないんですけど。

ということで終了。一番お勧めはNC-TGN01。価格と機能のバランスがいいですし長く使うにしてもいいバランスだとおもう。カバー邪魔だけど。
予算があるならNC-TGR01。早いに越したことはないですので。2本でいいというならNC-TGR02。安くすませたいいっぺんに大量に充電するのでもう一個充電器がというならNC-TGL01
マニアックな使い方ならNC-TGR03。こんな感じのわけかたになります。あとは価格と相談でしょうね。充電器単体の価格は書きましたがこれに電池がセットになると価格がいろいろと変わります。自分のどの電池が必要で何本必要なのかいろいろ考えてお得なモデルってのを選ばないといけないということ。
めんどくさいですね。それと今だと旧エネループと新エネループのものが一緒に売られてたりします。分かりやすい見分け方は1800回繰り返し使えるてマークがあったら新エネループ。1500回なら旧。で型番の最後がASが旧でBSが新。
旧型でも使用には問題は無いので安いならアリはあり。けど高い旧は買わないほうがいいってだけです。
そんなことで充電器の違いをいろいろ見分けて自分のあったもの探してください。
2012/1