DSC_2876
えっなんで立てるの?俺立ててないです。ということで雪国に住んでるのに知りません。
自分の立てない理由はめんどくさいから。ただそれ一点。車で帰ってきて雪降る中、気温が大体氷点下で素手でワイパーつかんで立てるなんてやりたくないよ。しかも運転席側だけならいいが助手席側もとなるとわざわざ回ってとかめんどくさいにもほどがあるし写真で写してないですが50センチほど雪積もってて助手席側にいけないです。
このように免許とって車乗ってからほとんど立てたことは無いですが立ててないからといってトラブルにあったことは無いですし実際に回りの車も立ててたり立ててなかったり。数かぞえてないですが立ててない人のほうが多いはず。
しかし雪の日、冬はワイパーは立てるものと思われている。さてそれはなぜだろうと。いろいろ調べたつもりですが明確な理由は見つけられませんでした。ということで大体こういうことなんでしょうと経験を踏まえた持論を書いていきます。

DSC_2881
まずよくいわれるのが雪の重みでワイパーが壊れるということ。写真は車の中から撮ったワイパーの様子。運転席側は立てましたが助手席側は立てないでそのままにしときました。窓ガラス下のほうに線が見えますがあれがワイパーです。
子供のころから何十年とワイパー立てないで冬すごしてますが重みで壊れた経験は無いです。車種によってということもあるんでしょうが個人的には立ててたほうが重みには弱い気がしますしワイパーが雪の重みで曲がってさ〜なんてことは聞いたことは無い。雪の量が少ないんだよといわれそうだが1m以上車の上に積もってたことはよくありますしついでにわが地域の雪は重い。それでも問題はなかったです。
で昔に雪に埋まった車の写真って載せたことあるんですがこの状態になった車でもワイパーは壊れてなかったです。というよりこの状態だと立ててたほうがたしか折れる気がする。
といってもワイパーに雪の重みがかかることはいいことでは無いだろうが立てる立てないでどちらが雪の負担が少ないのかってのはわからない。雪が少量ならば立てないほうが雪の重量がかかるだろうがそんな少量でワイパーが曲がるほどの力はかからない。

DSC_2884
次によく言われるのがワイパーのゴムが凍結したガラスにくっついて動かなくなりゴムが切れたり劣化するから。写真は雪用のブラシというかそういうので雪をどかした状態。まぁいつもこんなです(笑)
実際に助手席側のワイパーが凍っているのでワイパー全部が動かないです。オンにして無反応で手でひっぱっても立てることすらできません。
ワイパーを立てていれば凍って動かないってことは無いです。が見てのとおりワイパーが凍るほどだとフロントガラスもバリバリ。このままワイパーおろしたところで氷の上をなでるだけに。ついでに立ててると根元に雪がたまるので逆にそこの雪取るのがくそめんどくさい。
こういう状態のときいつもどうしてるのかといえば時間があるときはエンジンかけて窓に温風を当てて溶けるのを待つか、急いでるときは上から水(お湯)ぶっかけます。ワイパーが凍ってるとかよりガラスの氷を溶かすのが目的。ガラスの氷を溶かした水がワイパーにもかかり一緒に溶けるのでワイパーの氷をって気持ちではやってないです。

DSC_2887
けどワイパーは立ててたほうがゴムにはやさしいようには感じます。写真くらい氷に覆われるとまったくワイパーうごきませんが雪がすくないか無くて軽く凍結してる状態だとワイパーはうごきます。ただし動きだすときに「バリ」みたいな音がします。氷から無理やりワイパーがはがれる音です。そうなるとワイパーブレードのゴムがちぎれるという現象が起きないとも言えない。ちぎれないにしろ劣化はしそう。
このゴムの破損、劣化を防ぐというのが一番理にかなったワイパーを立てる理由。しかし先ほど書いたようにワイパーがガラスにくっつくほどの時はフロントガラスも凍っていて氷でバリバリになってます。ワイパーを立てていれば凍りつくことはなくおろせばすぐにワイパーは動きますがこれも先ほども書いたようにガラスについた氷の上をなでるだけ。そしてその凍りの上をなでるという行為はワイパーブレードのゴムにはかなり悪い。ワイパーがガラスに張り付くという以上に悪い気がします。
そういうことでワイパー立てておいてワイパーだけ動いてもしょうがないのよ。ガラスの氷も溶かさないと。てことでこれも先ほど書きましたが俺はワイパー立てずにフロントガラスに水(お湯)かけるかエンジンかけっぱでガラスの氷溶かすついでにワイパーの氷も溶かしてしまう。

DSC_2889
けどまったく立てることに意味がないとも言わない。写真のようにワイパー全体に氷がついてしまうんですがこうなると車の内部からのヒーターだけではなかなか溶けない。水かけるとかしないで楽に早く出発したいというならワイパーは立てておいてガラスはヒーターで溶かすってほうがいろいろ早いです。
そしてもっと言えば一番ワイパーにもよくすばやく出発するというならワイパーは立てておきフロントウィンドウにはカバーをするって方法。こうするとガラスもワイパーも凍らない。がそんなめんどくさいこと毎日してられないっての。疲れて家に帰ってきて雪ガンガン降るなか気温は氷点下でワイパー立ててカバーかけれますか?やれる人もいるんでしょうが俺には無理です。
ということでまとめれば立てたきゃ立てればいいししたくなきゃしなくていい。好きにしてくださいってこと。個人的にはそこまでワイパーに気つかわないでも壊れたら交換すればいいじゃないって。めちゃくちゃやすいともいいませんがそんなに高くもないですし時間もかからないし。どうせ丁寧に扱ってもワイパーなんて2〜3年しか持たないものですし。

さて冬じゃなくても中古車さんとかワイパー上げてますがそれはなんでってことなんですがワイパーはガラスにゴムを押し付けた状態にしてますよねそういう状態で長時間放置してしまうとゴムがそういう形で固まってしまい劣化が早まる恐れがあるからということらしいです。これも本当にそうなるかは真実はわかりません。まぁ長期間放置というならワイパーはずしたほうが早いきもしますがね。

そんなことで終了。最初に書きましたがここに書いたことは自分の経験からの持論です。まったく合ってないかもしれませんのでそういうことでよろしくお願いします。
2012/2

2014/2追記。
東京あたりで雪降るとアクセスが増えるこの記事。雪があまり降らない地域だと積もったとしても雪は1日や2日で消える。そういうところの場合ワイパーのことなどそんなに気にしなくていいです。1日や2日ワイパー凍ったところで壊れたりしません。それより乗るときにワイパー回りの雪をしっかりと片付けるのと、凍ってる場合はお湯などでしっかりと稼働部を溶かす。そしてフロントウィンドーについてる雪をどかし凍ってる場合はそれをしっかりと溶かしてからワイパーを動かすってことのほうが大事です。ってそれもそんなに気にしないでいいんですがね。
ワイパーよりもタイヤというか滑り止めのほうが大事。ノーマルタイヤで雪道は絶対に乗らないでね。

追記2
アクセスも多い記事ですのでモヤモヤした感じにしたままもどうかといろいろなところに問い合わせして聞いてみてまとめました。そちらの記事もどうぞ。
http://momomhf.doorblog.jp/archives/1607232.html