DSC_3002
長靴は穴があくものです。ってなにいってるのよってな。仕事で履く人だと穴あくの当たり前ってのはよくわかっていただけるかと。何かが刺さるとかでなく画像みたいにいきなりゴムが劣化して割れたりこの手の切り替えしというかそういうのがあるのはその間がバカっと割れます。絶対てわけでもないが安いもの、1000円とかのはバカバカ穴あきます。ちょっと高い3000円以上でもあくのよ。穴あくときは3日であきます。ということで年間10足くらいかってたことがあったなぁと。そんな話はいいとして俺はこのごろ仕事では履かないが親父の長靴が穴開いたので修理してって言われたので修理を。ちなみに穴開かないようにちょっと高めの買ったのですがね3ヶ月くらいでこうなっちゃいました。運悪いとこういうものです。
修理ネタ書くのにもともこもないこと書きますが穴があいた長靴はすぐ買い換えてください。穴の場所にもよるけどほとんどの場合付け焼刃にしかなりません。本当に応急処置にしかならないてことはよく理解して修理しましょう。
DSC_3005
安くお手軽にって修理方法は自転車のパンク修理キットを使うこと。で直し方は前に書きましたが自転車のパンク修理とやりかたは同じ。てことで自転車のパンク修理キットを100円ショップかホームセンターで買ってきましょう。と穴の大きさによりますが上の写真のゴムシートっぽいパッチのほうが長靴修理にはおすすめ。大きさ自由自在なのでってこと。針さしたみたいな穴なら丸いパッチみたいなほうがいいこともあります。

DSC_3003
てことでチャリと同じようにパッチを貼る穴周りをやすりがけ。とヤスリがけする前に長靴は洗ったほうがいいです。自転車のチューブより表面がつるつるとしてますのでやすりがけはしっかりと。けどやりすぎちゃうとまた穴があく原因になるのでほどよく。

DSC_3004
でゴムのりを塗る。自転車のパンク修理でも書きましたがゴムのりはしっかりと乾燥させるのがポイント。爪楊枝ささってますが穴の場所わすれるので。

DSC_3007
でノリが乾いたらパッチはって叩いてこすって終了。叩いたりこすったりが中身が空洞なんでやりづらいんですが中に石とかいれたりでがんばってみてください。
てことで丸パッチで小さな穴はふさぎ、黒と灰色の部分がバカっと長く割れてたのでゴムシートでバチっと貼りました。これでちょっとは持つでしょう。
最初に書きましたがこれは付け焼刃にしかなりません。ゴムシート貼ったところはあまり曲がらないところだから持ちそうですが丸パッチ貼ったところはかなり曲がるところ。たしかすぐはがれるでしょう。一回修理してまた穴があくようなら素直に新しいの買ってください。
2012/3