DSC_3648
テレビやビデオとアンテナ線を接続するのによく使われるのがこのF型接栓。アンテナといろいろな機器をつなぐ上で一番ノイズやロスが少なかったりネジ式なんで外れづらいってのが特徴か。
んでもって俺みたいにアンテナを自分で取り付けてコードを自分で取り回してとかやると絶対やらないといけなくなるのがこの接栓の加工。てことで一応書く。があいかわらずの雑な作業になってるので俺みたいに雑にはしないでねと。
ということでまずF型接栓を買ってくる。基本的にはアンテナやなんやら買うと付属してるのですが足らなくことが多い。上の写真のカインズのものは2個で250円くらい。大体どこのホームセンターやデンキ店で売っていて一個200円くらいが相場のはず。たくさんつかうっていうんだとネット通販だとたくさんが安く手に入ったりします。
DSC_3657_01
まず接栓をつくる上で大事なのがコードの太さ。今多いと思うのが5Cか4Cというもの。で接栓もそれようのものを買わないとはまらない。コードの太さなんて分からないてことになるがすっごーい昔のコードでなければコードのどこかにこのように書いてありますのでよく探してください。けど無いって場合は適当に接線をつけてみる。4Cの接栓で太くてだめなら5Cみたいな。

DSC_3149
てことでコードの加工へ。基本的には普通のハサミとペンチ1本あればできる。けどカッターやニッパーなどいろいろあると便利は便利。コード剥きみたいなのやったことないっていうなら自分が合う道具探してください。

DSC_3656
でそういうコード加工に便利なのがこのコードストリッパーというもの。この写真のはアンテナ線には対応してないんですが使えなくはなかったです。アンテナ線専用のもありますしいろいろな太さのものに使えるものもある。100円ショップにある場合も。どうしてもうまくいかないって時は買ってもいいがそんなに安いものじゃないし絶対必要でもないので個人的には無理にそろえなくていい。

DSC_3150
てことでまず外皮を剥く。アンテナ用同軸ケーブルはこのような網みたいな編組線(へんそせん)ってものがあります。これを切らないように表面だけを剥くてこと。編組線ってのはアースだったりノイズ防いだりそういうのが目的でついてるようです。
で15mmくらい外皮剥けば問題ないんですがやりづらいってときはけっこう長めに剥いてしまってもいいかと。短いものはいろいろあとで無理がきますが長いのはいつでも調整できます。
でここがねーけっこう難しいのよね最初は。ハサミでうまーく外皮だけきってぐるっとハサミ回す感じにするとうまくいくんだけどきりすぎちゃって編組線がなくなったりてこともよくあるかと。まぁなれでどうにもでるながどうも編組線がなくなるっていうならコードストリッパー使うのはいいことかもね。

DSC_3151
で編組線を折り返す。長くコードを剥くとこの編組線の折り返しが楽。

DSC_3154
で4Cだとアルミ箔があって5C以上だとアルミ箔なくてポリエチレンの半透明みたいなのがあってその中に銅線が入ってます。アルミ箔があるものはアルミ箔を残したまま約4mm残して銅線を出す。銅線はけっこう固いので慎重にやれば銅線間違って切っちゃうてことは無いかと。ちなみに編組線はここできってもいいしあとできってもいいが約2mmくらいのこしてあとはきります。この編組線の切れ端がチクチクするのでへんなところで切るとあとあとやっかいなのでちゃんとしたところできりましょう。

DSC_3661
で接栓の取り付けになるんだが大事なのがこの編組線とアルミ箔の間に接栓を入れるということ。まぁそういう間にいれるんだよってイメージしてやればそんなに難しくはないかと。

DSC_3662
ぎゅっと接栓いれるとこんな風に。ここで大事なのがあとで使うリングを先に入れておかないとどうにもならないってこと。あとできればリングは編組線より下には行かないようにしたほうがあとあと楽。まぁ下にいっても問題はないですが。ここで写真みたいに編組線がぐちゃ〜っとなることが多いと思いますがまぁあんまり気にしないでいいかと。キレイにやったほうがいいに決まってますが接栓が編組線とアルミ箔の間にしっかり入っていればちょっと汚いくらいは目をつぶったほうがいいのかなと。こんな汚い感じで接栓取り付けを数やってますが問題がでたことはいまだになし。

DSC_3663
できっちりと接栓が入ったのならばリングをペンチで握りつぶして固定する。まぁなんでもいいので外れないようにしてください。

DSC_3667
で最後に銅線を2mmくらい出してカットして終了。ナナメにカットとよよかかれますがナナメにカットしなくても写るは写る。気持ちナナメくらいでいいんでないかな。まぁナナメに切れるならそれにこしたことはないです。

ということで終了。難しいとかんじましたかな?簡単と思ったかな?コツは無いですw うまくいかないなら何度も練習してください。習うより慣れろ。そういう言葉が合うのがこの接栓の加工だったりします。そして適当にやってもテレビなどはちゃんと写ります。個人的な経験ではここの加工が雑すぎて写らないってことはほとんどない。テレビなどが映らないのならばここ以外のところで大きなミスをしてます。てことで写らないってときに接栓をチェックするのは一番最後でいいかと。てことでやりかた覚えておくと便利なこともあるってことでやる機会があったらがんばってみてください。
2012/5