DSC_3793
※2013/5でApp Storeでのダウンロード販売は終了。1年後にサポートおよびオンライン機能の利用終了予定。
オフラインでの使用は今までと同じ。販売とサポート終了後に再インストができるかは不明。
アップグレードバージョンといえるMapFan+が2012/11/19から販売されています。
MapFan+についてはこちらへ http://momomhf.doorblog.jp/archives/1525644.html

MapFan for iPhoneのページhttp://www.mapfan.com/mobile/iphone/ 購入ページはご自分のiPhone iPadでAppStoreからどうぞ。
値段は2300円。たまにやってるキャンペーン中だと900円。2012/5/14まで900円だったんですが5/14にiPad買ってギリギリに900円で購入できました。そんなのはどうでもいいか。
どっかで見たときは1年で2300円ってことだったと思うのだがそういう期限みたいなものは見当たらないんだよね。たしか一回払えば更新料金は発生しないはず。はずであってよくわかってないです。
for iPhoneて名前のアプリですがiOS4.3以上のiPhone または iPod touch、iPadに対応。Ver1.6からは新しいiPad(iPad第3世代)のRetinaディスプレイ高解像度(2048×1536)表示に対応。
iPadプリペイドプランのところで書いたがiPadをwifiのみでなくわざわざプリペイドにしてwifi+cellularにしたのはオフラインナビのため。でiPad購入前にいろいろと検討した結果iPad wifi+cellularにMapFanが俺の使用にはベストという結論に。前にも書いてますがGPSがないとオフラインで問題がでるんでGPSはwifi+cellularにしかついてないのでプリペイドでと。そんなことでiPad購入動機の半分はこれ使うためなんでケチな俺でも900円は払うさといや2300円でもよかったんですが。そんなことで初アプリレビューはこれに。使用期間が短いのでまだちょっといろいろ微妙なんですがまぁ軽く読んでください。
イメージ20971
MapFanオフラインでの活用法のページ http://www.mapfan.com/mobile/iphone/howto.html
オンライン、外でも3Gなどで常に通信している状態であればスマフォでも携帯でもiPadでもですがナビソフトに困ることは無い。グーグルマップさえだせればいいんでね。現在の位置情報ってのもGPS無くてもでることはでる。てことでオンラインなら迷う必要は無いがオフラインとなると極端に選択肢は少なくなる。まずは地図の問題。オンラインであれば地図は通信をしてそのつど持ってくればいいのだがオフはそれが無理なわけで地図情報がインストできるものでないとだめ。地図はいろいろオフでもやりようはあるんだがそれより問題が現在地の表示。GPSがあったとしても表示できるかはアプリ次第なわけで。現在地がでるでないかは地図の使い勝手が大きく変わるところ。
ってことでMaPFanのオフラインで利用できる機能というのがでてくるわけです。わかっていると思いますがGPSつきの端末の場合です。見てわかるとおり現在地表示追従。ルート案内。最低限の検索はオフラインでも使用可能。GPSが無くても現在位置とルート案内以外は使えるはず。書いてないというか当たり前ですが地図はオフラインであっても全国でこでも細かくみることができます。
自分的に最低限必要だったのは現在位置表示と地図。ナビは正直どうでもいいんよ。てことでそこは完璧にこなせるので俺にマッチしてると。
いまどきそんなもの・・・といわれそうが気がするが今時地図の本持って細かいところはグーグルマップ印刷してそこらへんバイクで行ってた人間なもんで。俺には神機能ってな。
逆にオフラインでは使えない機能ってのもあるんですがそれはあとで。

DSC_3788
細かいことは抜きにしてサクっとMapFanをiPad3で表示してみました。スクショの撮りかたしらないわけではないですがあえて画面をカメラで撮ったものをあげました。自分の家の周りあげてもしょうがないので東京のあたりの地図を。Retinaディスプレイ(2048×1536)に正式に対応ってことでこれだけごちゃごちゃ文字や道路などがあってもなにがなんだか分かるという。ナビうんぬん無しにしてもこれだけて十分と思える人も多いはず。おれもその一人ですが。で地図はインストされてますので表示は抜群に速くみたいところをすぐ見れる。紙の地図くらいというか詳細地図のページを探してなんてすることないので完全に紙より上。ストレスがないので地図好きにはこれみてるだけで日が暮れます。

DSC_3790
どこらへんだこれ?なんで青山霊園とか拡大してるんだおれ。これも表示が細かいですがガソリンスタンドとかの場所もしっかりと分かる。地図において一度の表示できる情報量が多いほど便利だってことよね。ここまで細かくごちゃごちゃしてて何が何かしっかり分かるってのは本当すごい。

DSC_3792
最高に拡大してこんな感じの地図になります。これは秋葉原ですね。何度も何度も一人でここらへん迷いまくったもんで俺は。
詳細地図エリア情報 http://www.mapfan.com/mobile/iphone/area.html
と上のリンクで色が変わっているところがこれくらい拡大して建物の形がわかるくらいまで詳細にでます。なんか少なくない?ってことだが人が住んでるってくらい家があるところはこんなもんってことで。一応俺のうちはでるんでけっこうな田舎じゃないかぎりは自分の家でるかと。それに詳細はでないだけで道路がわかる程度の拡大はどこでもできるんで使用に問題がでることは無い。ちなみに山道とかはなかったはず。でいろいろ問題がないので移してないが通信してるからGPSがあれば自分のアイコンがでて現在地表示がされます。で移動するとそれも移動すると。ルート案内してるのなら曲がるところとかなら音声がでてナビ。GPSの制度については誤差数mって程度かと。建物内だとそこまで正確にはでないはず。ちなみに自分の家で見るとなぜか俺はいつも隣の家の壁に張り付いてたりします。でそこから微妙にひょこひょこ動く。ちょっとみてて怖くなりますw

イメージ2097
てことでオフラインで上に書いたようなことはできるわけですが最初に書いたようにオフラインではできないこともある。一番の問題点はリルートと新規ルート作成ができないこと。ルートの作成、ナビするルートですね、それの作成は通信環境がないと無理。てことで3Gなど無ければ家でwifiで事前に作っていく必要があるってこと。ただしルートはたくさんつくって置けますのでナビしてほしいところ行くなら無駄かと思うほど作っていけばいいかと。そこらへんの表示切替は早いので問題ないですし。でリルートしてくれない、事前につくったルートから外れてしまうといきなり無口になるそうな。けど地図は見えてるわけで現在地もわかるわけで戻ればまた案内してくれるしだめならだめで地図みながらいけばいいだけなんだよね。
そんなことでめんどくせーて言えばめんどくさいが問題ってほどじゃないって人もいるだろうし問題になる人も。

てことでまとめるとiPad3との相性は抜群。この地図使えばもう紙の地図を見たいとはまず思えない。そして表示は速いですし、現在地の表示はGPSあればほぼ正確。そういえば書き忘れたがGPSがないiPadでも外付けGPSを使えば同じようにできるようですが・・・そこらへんは俺はよくわからないです。問題がでることもあるようです。音声案内もテスト不足だけど普通に使えるレベル。と個人的には最低限というかもうこれ以上いらないってレベル。
悪いところをあげればまずは容量。インストするって書いたが1.9GBくらいあるそうなこのアプリ。アプリの量ってのこれいれてすぐ2GB超えたのでそんなもんでしょう。でインストに4GB以上の空きが必要だったりでいろいろと入れてる人にはきつい場合も。それにiPhoneでもiPadでも16GBのモデルならこれで8分の1うまります。俺はそれでも問題になることは無いので16GBモデル買いましたがいろいろ不安であるなら容量の大きなモデルを用意しておかないといけないことに。そしてオフラインでリルートなし新規ルート作成できないってのもけっこうつらいかと。ナビ性能事態も本当のカーナビと比べれば雲泥の差とも言うべき最低限の表示しかできない。
オフラインでというかオンラインでもだがカーナビというか電子地図に現在位置表示とナビがオマケについてるというのがこのMapFanを正確に表しているのではないでしょうか。
逆に言えばそういうものを求めているならiPad3+MapFanの組み合わせはベストの選択といえるし余計なもの無い分やりやすいともいえる。特に俺はバイクナビとしての使用前提。バイクの場合画面見ながらのナビってのできるが設置だったり音声だったりあといろいろと問題が多い。となると現実的なのは迷ったら、迷いそうなときはバックからこれだして現在地確認と次のルートの確認。それだけで迷うことはないし本当便利。バッテリーが持つのもいいんだよねiPadは。もっと電池が必要でもモバイルブースターなど安価に増設は簡単ですしね。
ということでそういうもの求めている人がいるのならばこういう選択肢もあるよと。
何年か前に東京にバイクで行ったときにこれがあったら東京から出ようとしてるのになぜか葛飾方面に向かい延々とわけのわからない住宅街を迷わずにすみ9時間もバイクにまたがりこれ以上無いくらい疲れるってことはなかったのにな。いい時代になりましたね・・・としんみり。
2012/5