DSC_4074
ツインバード製のターンテーブルの無いフラット型電子レンジ。買ったのは約8500円。
製品HP http://www.twinbird.jp/product/drd257/
前に日記で書きましたが使ってたレンジが燃えたので新しいものをと探しててターンテーブルなしで安いのでこれに。なんか写真がひどいですね。いつも撮ってるところがこういのは撮れるようになってないもので。ひどいとは思ったが取り直す気もおきず。
DSC_4077_01
サイズ 約 460 × 385 × 275 mm 庫内有効寸法約 320 × 330 × 185 mm 重量約 13.5 kg
大きさ的にはよくある電子レンジ。見てのとおりターンテーブルはなし。マイクロ波は底からでそのマイクロ波発生装置が回るって仕組み。回ってるのは音で容易に感じ取れます。

DSC_4078
ターンテーブルがないってのはいいことですね。けっこう大きめのちょっと横長の皿でも大丈夫ですしよくある幕の内弁当のような長方形のものも大丈夫。で気になるのが暖め性能ですが、個体差あるはずですが自分のは真ん中が暖まりづらい感じ。けどちょっと長めにやると全体はあたたまる。まぁこの値段のレンジなんでねそこの性能は期待しないほうがいいです。

DSC_4091
横。この逆に放熱のスリットらしきものが。ハンドル込みで横は約38.5センチ。設置場所は約40センチの奥行きが必要ってことで買う予定なら確認しましょうね。

DSC_4094
裏。アースはさすところないものでそのまま。高さが27.5センチ。横が46センチ。これも設置場所の確認はしましょうね。

DSC_4090
使用方法はシンプルでレンジに暖めるものを入れて該当するモードのボタン、選べるのは600W 500W 煮込み 解凍。でダイヤルを回して大体の時間か重さに合わせてスタートを押すだけ。重さの選択になるのは解凍のときだけ。ちなみにモード間違ったときは一番したの取り消しボタンをおしてからじゃないと変えられない。ここがちょっとめんどくさいのよな。

DSC_4085
液晶表示はオレンジ。モードと時間か重さだけという無駄なもの一切ない表示。視認性は悪くないです。最初にとまどったのはコンセント挿した直後や蓋あけてしめると液晶光るのよね。でそれが消えない。あれ?とおもったが1分くらいして消えました。最初にあれって思うかもですがそういう仕様です。

さてレビューですが1万円以下のレンジとしたらありでしょう。ターンテーブル無いのは便利だしうちは両親が機械オンチなんでシンプルな操作と表示はありがたい。どっかのレビューで音がうるさいとかかかれてたが俺は前のレンジがレンジなんでねそれよりはうるさくないなって。高いものつかってるって人はうるさいかもね。とうるさいのは終わったあとのアラーム。ついでに中にいれっぱにしといてもアラームがなる。これがちょっとうるさいはうるさいかも。音量変えらればいいのだがまぁしょうがないか。
そんなことでとくにいいってわけでもないが値段なりのレンジですがこの価格ではフラットはこれしかないといってもいいのでどうしてもフラット型がというならいいんじゃないでしょうか。
2012/6