DSC_4542
2012/7/14発売。価格945円(税込み)
タミヤ製品HP http://www.tamiya.com/japan/products/18701aero_avante/index.htm
見事にkonozamaになったエアロアバンテ。発売日すぐくらいで記事書きたかったのになと。それはいいとしてミニ四駆も誕生30周年だそうで。その記念すべき年の一発目がこのエアロアバンテ。今でも人気のあるアバンテJrをエアロバージョンにしたってもの。そして新しいARシャーシを初搭載しミニ四駆REVシリーズの一台目にもなってます。なんでいきなりミニ四駆なんて買ってるのよって思う人もいるだろうが子供のころにミニ四駆にはまってましてね。コース持ってないので漫画のレッツ&ゴーばりに外で走らせてたのよね。4キロレースとかしてましたw で走らせる気はもう無いですが模型としてミニ四駆はいいものだと思っててアバンテJrほしいなって思ってたのだが無いのでねあれ。でなんか違うアバンテ買おうか他買おうかなんて数年うだうだしてたときにこれ発見で予約してしまったてことさ。
そんなことで高い確率で最初で最後のミニ四駆レビューいってみましょう。
DSC_4540
まず箱。昔からタミヤのパッケージってのはどれもいいです。いまさらちゃんと知りましたが1/32スケールなんだね。ちなみに箱の大きさは普通のミニ四駆のと大体同じ。ちなみに一番上の写真はパッケージをまねて撮ったもの。タイヤ回せばよかったがめんどくさくて。

DSC_4465
中身。ミニ四駆作ったことあればおなじみな感じです。個人的に一番驚いたのは説明書。タミヤ製品がひさしぶりだから知らなかったが英語でも全部書いてあるのね作り方とか注意とか。海外にもファンは多いでしょうしこういうことになってるのでしょうな。

DSC_4479
てことでいきなり完成。作り方の説明なんてしてたら大変よ俺がw 別に難しいことはなく説明書見てじっくり作れば誰でも作れます。シール貼らない状態も悪くないのよな。簡単に色塗り分けてF1ぽいデカールでもガシガシ貼ってトップコート吹いてとかやるといい感じになりそうです。今回はそういうことやらずシール貼って終わってます。

DSC_4472
簡単にARシャーシの説明を。AERO(エアロ)からARってことなんでしょう。てことでいろいろと空気が入る穴がいっぱいあいてたりします。そしてこれ裏面のようですがボディがつく上のほうの写真。電池交換や基本的なメンテは全部裏からできるようになってるのよねー。てことでボディ外して電池を交換ってしなくていい。昔こんなだったらどんなによかったか。

DSC_4471
で裏面。スキッドバーは装着してないです。そういえばローラー関係もつけてないですが6個のローラー付属してます。ちょっと見づらいですがF1ばりのアンダーパネルとリアのディフューザー形状。けどこれでダウンフォースとかでるんかねミニ四駆でも。まぁでてもでなくてもいいですかっこいいので。

DSC_4470
でこういう風に蓋が外れて電池交換ができます。リアとフロントのパネルも外せてモーター交換などできるようになってます。うーん便利。

DSC_4506
とシールも貼り終えた完成形のおでまし。実際はシール貼りに1時間以上かかってますがね・・・。かなり不器用なもんでかなり心配してたシール貼りですが少し失敗しましたがなんとか見れる程度にはできてよかったです。
こんな風にシールだけでかなりキレイな感じになりますので塗装できないって人でも安心。

DSC_4502
正面。けっこうな低さですがもっとギリギリ腹すっちゃうくらいじゃないとダウンフォースはでないでしょうなと。で真ん中とコクピットハッチ脇に穴あいてますが電池冷却の穴だそうです。まぁ効果はないでしょうw 2012のF1で最初にノーズに穴開いてたのとかあったのでそういうところからインスパイアされてるのではないでしょうかね。ウィングの形状も今のF1のトレンドにそってる気がします。

DSC_4505
後ろ。これはスキッドバーがついてます。スキッドバーは坂で軽くウィリー状態になるとバーが地面こすって軽くブレーキの役目を果たしたりジャンプしたときの着地の時に効果があると公式には書いてあります。
これも効果のほどは知りません。そういえば2012のジャパンカップのはジャンプしていっぱいコースアウトしてたなぁ。
電池交換でボディ外すことないとは書きましたがボディはいつものミニ四駆同様簡単に外せます。後ろのパーツまわしてってやつですね。意外にリアビューもかっこいい。

DSC_4504
横。低姿勢ってのがよくわかりますな。ノーズが上がってるのも今のF1まねたってことなのかしらね。F1っぽいですがサイバーフォーミラーっぽくも見えますね。

DSC_4534
ということでレビューだが・・・書くことねーなw まぁ模型としてのレビューですが車プラモとしてアリだと思いますよかっこいいですし価格もそれなりで簡単でキレイに仕上がるので。ただし模型としてみるとタイヤのクオリティと前方のバンパーの穴が気になる。余裕があればタイヤを購入して前のバンパーに何かをつける予定。そんなことで昔ミニ四駆やってたわ〜なんて人はたまに買ってみるのもいいかと。走らせないとこのまま終わりのものでもありますが作って出来上がって電池いれてモーター音聞くといろいろと思い出すこともあるでしょうしね。そんなことでまた機会があればミニ四駆かってみたいと思います。
2012/7