イメージ3067
ちょっと説明に必要なのでこんなものを書いてみようかと。
言語バーってのはタスクバーにあってあかAで般なんて書いてあるやつですな。これがなぜか知らないけどいきなりいなくなるってことありますよね。てこのごろ俺はないな。XPの時ちょこちょこ行方不明になった気がしないでもない。
ということで初心者だとけっこうこまる言語バーの紛失を直そうって話です。「言語バーの・・・」と教えようとして「言語バーがないです(泣)」なんてそういえば言われたことあったようななかったような。
ちなみに今回の説明はWindows7SP1でやってますがXPでもVistaでも大体同じです。8はしらね。

イメージ3066
まず簡単なのはタスクバーの何もないところで右クリック。そうするとツールバーてのが一番上に書いてあってタスクバーの固定とかタスクマネージャーって書いてあるのが開きますのでそれのツールバー(T)てのにマウスポインタを持ってきいってください。
そうするとアドレスとかリンクとかって書いてあるものが開くのでそのなかにある言語バーってにチェックいれるとでてきます。
これで出ればこれでOKですたたまにないこともあるんですよね。まぁ言語バーの選択肢がないときはデスクトップのどこかにあるんですがね。それはいいとしてそういう時は他の方法になります。

イメージ3058
左下のWindowsマーク、いわゆるスタートをまずクリック。そしてコントロールパネルがあるのでそこをクリック。で開いた中の時計、言語、および地域をクリック。

イメージ3059
でその中の地域と言語をクリック。

イメージ3060
で開いたやつのキーボードと言語のタブをクリックしてキーボードの変更(C)ってボタンをクリック。

イメージ3061
で中に入ったら言語バーのタブをクリック。でそこの上の四角はタクバーに固定する(D)にチェックでその下は言語バーがアクティブでないときは透明で表示する(N)のチェックははずす。そして言語バーアイコンをタスクバーで表示する(I)にチェックを入れる
これでたしかみなさんがよくイメージする言語バーがタクスバーにでます。
おさらいするとスタート→コントロールパネル時計、言語、および地域→地域と言語→キーボードと言語のタブ→キーボードの変更(C)で上に書いたようにってことです。もうちょっとショートカットできるだろってことだがこれでいいのよまずは。

イメージ3056
ちょっとわき道にそれますが言語バーのフロート表示ってすると上の画像みたいになります。画面ど真ん中にでてきますので逆に見つけづらいです。フロートが嫌な場合はCAPSよこのーのマーく、最小化マークですがそれ押すとタクバーに固定されます。

イメージ3062
で言語バーのテキストラベルってのはこんなことになります。Windows長いこと使ってますがこんなことになるんですね。ちょっとびっくりしちゃいました。正直でかくて邪魔ですね。

そんなことでこれらの方法で言語バーが復活していただければ幸い。これで直らない場合はIME入れなおしとかになるそうな。今だとグーグルIMEあるんでそれ入れて見るのが一番てっとり早いかもです。
2012/7