DSC_4738
2012/7/28発売 価格525円(税込み)
バンダイホビーサイト製品ページ http://bandai-hobby.net/site/gunpla_partsHD.html
ガンプラ作りにこりだすと必要になってくる改造パーツ。でありそうでなかったバンダイ製の公式パーツが初登場。で今回は改造パーツの定番といえるハンドパーツの紹介。昔からハンドパーツはほしかったが高いし入手も田舎だと難しかった。てことでついつい値段も手ごろなんで買ってしまいました。
DSC_4733
パッケージはアクションベースなどと似てる感じ。あれば店舗で見つけやすいと思います。

DSC_4737
入ってるパーツは上のものが2枚。握り手左右x2 平手左右x2 武器持ち手左右x2 ジョイントΦ3.5x12 Φ3.0x8という内容に。
今回HGUCガンダムにつけてますがΦ3.5のジョイントでぴったり。この二つのジョイントですべての製品にぴったり合うのかは不明。まぁここらへんのパーツ使う人はそういうサイズあわせはできると思うのでいいかな。

DSC_4752
左から握り手、平手 武器持ち手。連邦系ってことでちょっとメカメカしくなってましてモールドがジオン系からすると多い。

DSC_4754
裏。ちょっと好みが分かれそうなデザイン。あとはジオン系もですがちょっと指がカクカクしてます。ここらへんは素材がかなりやわらかく削りやすいのでこのみの感じに仕上げましょう。

DSC_4755
横?左から握り手、武器持ち手。握り手がなぁ期待してた感じと違っていてちょっとがっかり。指の中はけずって穴あけたほうがいいかもね。武器持ち手は悪くない。ちょっとパーツのあわせ目が気になりますね。接着剤不要でパーツは結合できますが基本的にゆるくあわさりもよいとはいえない。接着剤は必要ですし完成度あげるならそれなりにがんばって加工が必要かと。

DSC_4758
横裏? まぁこんな感じ。

DSC_4742
実際に装着したものを数点あげてみましょう。まずは武器持ち手。このためにHGUCガンダム2個買ったわけじゃないがビームライフル二本持たせることできて役に立ちましたw けど左手のほうのライフルにパーツをつけ忘れ。まぁいいでしょw

DSC_4745
武器持ち手はけっこうできがよく交換する効果はかなり大きいかな。けど武器を持たせると隙間に余裕はなくぴったりとなります。ものによってはきつくてはまらないかもね。そして先ほども書いたが接着しないとボロボロおちますのでご注意を。

DSC_4746
2丁拳銃みたいな。微妙な変化ではありますがもともとが武器を支えてるって感じからしっかりと握ってるというものに変わってるのはわかるかと。こういう微妙な変化がガンプラの完成度をあげます。

DSC_4759
平手。けっこう思いっきり開いてるのよね。もうちょっと緩めに開いてたほうが使いやすいのだが。あとさきほども書いたが指がけっこう角ばってみえる。気に入らない場合は要改造。

DSC_4760
握り手。こうみれば悪くはないのかな。けどこのガンダムに使うならもっと握りこんで小さいほうが似合うかも。それと色があってないですね。まぁ未塗装で使うものでもないですし色塗りやすくするために灰色なわけなんですがね。

DSC_4761
このガンダムの手との大きな違いはジョイント部分。手の甲が腕にくっつくのがもともとのなんですがこれは一段あけるようになる。なもんでこれにするとちょっと腕が長くなる。逆にいい場合もありますが違和感がでる場合も。そこらへんも気にいらないなら要加工。

DSC_4762
てことでこんな風にもともとの手と比べるとかなり違います。このガンダムだとちょっとこの握り手は違うのかなという気もするがこれも悪くないとも思う。色塗るとまたちがってみえるのだろうが。

DSC_4765
さてレビューですがいろいろと不満点はあるがこの価格ならいいかなと。ここからまた改造するベースという意味合いが強い商品だが何もしなくてもまぁまぁ使えると。
ガンプラは手の表情でかなり変わる。そういうものを誰でも低価格で体験できるようにしたのはいいことかと。もう作り終えたものでもいいですしこれからて時でもいいのでためしに買ってみるのもいいんじゃないかな。手の重要さってのはよくわかると思いますので。
そして上級者なら改造のベースとしてもってこいのものでしょう。パテもって削っててすればすぐに好みの手にできるのではないでしょうか。
そんなことでハンドパーツ以外にもいろいろとパーツでてます。1/144用以外にも1/100用もありますので余裕があればいろいろ使ってみてください。
2012/7