画像1
YAMAZENの単三4本式のコードレス掃除機。山善の通販ショップで1680円。俺は980円で購入。
もともと充電式のコードレス掃除機を使ってたんですが10年?20年?よくわからないが子供のころからあったものだったんで充電池がバカになってて充電しても1分くらいで動かなくなるので捨ててそこからいろいろ探しててこれに決めたと。
決め手は単三を使用するというところ。こういうコードレス掃除機の問題は充電池の寿命。単純な構造なんで壊れるということはなく電池がだめで買い換えることになるわけで。でその心配がない単三式にしたと。エネループなどの充電池使えばコストは問題にならないのでね。で単三式となるとこれしかないといってもいいのでこれに。
DSC_5234
幅18×奥行8.3×高さ11.8cm 重量0.32kg 塵タンク0.3L 保証なし。
サイズがイメージしづらいですが手の平いっぱいに広げてがっつりつかめるくらいのもの。これもわかりづらいね。まぁ大きい重いって思う人はすくないと思いますし机の上にあってもそんなに邪魔にならないギリギリサイズ。いまさら気づきましたが保証はなし。こわれたらおしまいってことです。

DSC_5236
スイッチのようなものは一個。強弱とかありません。で電源のしたのボタンおして蓋はずしてゴミを捨てる。このカバーというかカップと本体の隙間にゴミがけっこうたまるのでゴミ捨てるときはゴミ箱の上でとかゴミが飛び散ってもいいところでやりましょう。

DSC_5232
ちょっとおもしろいのがスキマノズルを格納するところがあるってこと。

DSC_5237
でこんな風になります。こういうハンディ掃除機はスキマノズルの使用頻度高いのでありがたい構造です。

DSC_5238
このように単三四本で動きます。エネループみたいに太い電池でもぜんぜん問題なしで動作も問題なし。緊急ってことでなければ充電式電池をつかいましょうね。
きになる稼動時間ってことだが30分くらいは持つのかな、エネループフル充電されてるもので。しっかり計ってないですが一週間くらいちょこちょこつかってるくらいでは電池の交換は必要なかったです。こういうのはヘビィにつかうってことはないのでこれだけもてばいいんじゃないでしょうか。たくさん一度に使うっていうならエネループいっぱい買えばすむ話でもありますし。そんな風にスタイルに合わせられるのが単三使用の利点。

DSC_5239
カップをはずすとフィルターがでてきてこのようにはずして掃除できます。けっこうフィルターにゴミがつくのでゴミついてるなっておもったら掃除しましょう。

DSC_5240
よくある掃除機みたいに吸込仕事率とか書いてなかったので吸込むちからをあらわすのが難しいんですが写真みたいに100円玉がギリギリ持ち上がる程度の力しかないです。ちなみに100円玉の重さは4.8グラム。細かいゴミなら問題なく吸込む力はあるってこと。けど一般的な充電式掃除機よりはかなり弱い。本当に必要最低限の力といっていいです。なもんでこれをうまく使うにはホウキというかブラシみたいなものを一緒に使うのがおすすめ。ブラシみたいのであつめて集まったものを吸込む。そういう使い方がこれにはベスト。

てことでレビューだがもうちょっと吸込み力がほしかったなと、あとはスキマノズルだけじゃなくてブラシがついてるアタッチメントもほしかった。けど使用に問題があるわけでなくいつも近くにおいておいて気になったゴミをさっさっと吸って片付けるにはもってこい。音も普通の掃除機や充電式のものより静かなんで深夜に使うのもなんとかいける。あとは電池の不安がないのはとってもありがたい。そんなことでこんなのほしかったて人はぜひどうぞ。がっちり掃除したいっていうなら充電式やコード式の買ったほうがいいですよ。買う人も掃除の補助的な道具だってのはよくわかって購入しましょうね。
2012/8
※追記。分解修理しましたのでそちらの記事もお暇ならどうぞ。
http://momomhf.doorblog.jp/archives/1580178.html