DSC_5481
1995/9発売、価格630円 製品HP http://www.tamiya.com/japan/products/19406victory_magnum/index.htm
自分が買ったのはビクトリーマグナムスペシャルキットという2007/10に発売されたもの
製品HP http://www.tamiya.com/japan/products/94619victory_spkit/index.htm
ビクトリーマグナムが特別ほしかったということは無くボディが2個ついてるパッケでこれがやすかっただけ。
ちなみに今ビクトリーマグナムがほしいって人は2011/6に発売されたビクリーマグナムプレミアムというのがありましていろいろと今の仕様になってるものでボディもかっこよくなってるのでこちらがおすすめ。
製品HP http://www.tamiya.com/japan/products/19434victory_magnum_premium/
てことでさらさらとレビューを。
DSC_5475
スペシャルキットなんでこんなパッケージ。バンガードソニックのボディもついてましたのでそれは別で。
ビクトリーマグナムは「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」の星馬豪の2代目のマシン。このマシンの最後はこのアニメというか漫画でおなじみですがぶっこわされてバラバラになるw でその破片つなぎ合わせると新しいマシンになるという。このレッツ&ゴー!!の車種はフルカウルミニ四駆というシリーズでタイヤが隠れてるのが特徴。けど最終的にあんまりフルカウルじゃなくなっていくのも特徴。なんだかんだと第2次ミニ四駆ブームを代表する車種のひとつでしょうかね。
そういえば大事なことですがビクトリーというかフルカウルミニ四駆は単品だとモーターが付属してませんのでご注意を。けどこのスペシャルキットだとモーターはついてます。

DSC_5471
シャーシはスーパー1シャーシ。けどこのスペシャルキットのものはガラス繊維が配合されたプラつかってまして強度がましてるそうな。シャーシを近くでみると繊維みたいのが見えます。がうわさだとバンパーはハデにぶっこわれるそうな。灰色のはサイドローラー用のアタッチメント。これをつけ外しできるのもスーパー1シャーシの特徴かね。

DSC_5468
まず上から。前輪部分のとがった別パーツっぽいカバーは取り外せます。走らせるとこれ外れやすいのでつけないのが普通らしいね。

DSC_5457
前。ものが古いからしょうがないのだろうが前部分がちょっと高いというより厚くてボリュームありすぎるのがきになるんだよね。ここらへんが個人的にはイメージと違っていて残念部分。プレミアのだとだいぶちがうのかなぁ。

DSC_5466
リア。ここはまぁいいかなと。ただボディ止めのパーツが緑なのがなんともw これはスペシャルだからだと思いますが。

DSC_5467
横。やっぱり前輪部分の厚みが気になる。タイヤも前輪のほうが太いのよな。これのほうが走らせてはよさそうだが見た目としてはよろしくない。

DSC_5455
てことでレビューですが、全体的にものすごいおもっちゃぽいんだよね。おもちゃだからしょうがないじゃないってことだがこれより古いアバンテブラックなんかはけっこうよかったんでね。そしてシール貼りかたのところで書いたがシールの難易度がものすごい高い。で難易度高いくせに精度が悪いという。ボディのデザインも古さを隠しきれなずそんなところから全体的に「おもちゃっぽい」ということになってます。
ブーム当時で買えなかったからという理由があるなら買ってもいいのかもだがビクトリーマグナグがほしければプレミアムのほうがおすすめですし走らせるっていうのでもこれじゃなくてもとは思いますね。
さてバンガードソニック作るか・・・。ちなみにどちらかというとソニック派の俺ですw
2012/9