DSC_5551
一眼レフ、ミラーレスもですがレンズ交換式カメラはCMOS、いわゆるの撮像素子がほこりなどのゴミを含んだ外気に触れやすい構造になってます。いくら注意したとしてもゴミを含んだ空気に触れさせないのは不可能なことでありそのゴミが撮像素子、正確にはその前にあるローパスフィルターにくっつく。そうするとゴミのついた画像が撮れてしまう。
ゴミのついた画像?となるがリンク貼ったのは一眼じゃなくコンデジのS95のですがこんな風に写真にほくろみたいなのが写ってしまう。ゴミが光を遮断して写らないので黒い点になるってこと。でこのS95は撮像素子にアクセスできないので修理に出しましたが一眼なら見てのとおり簡単にアクセスでき触れられる。なら自分で掃除してキレイにできるんじゃない?と。で上の写真左にあるのが掃除道具。昔はこれで掃除してたのよーっていうのが今回のお話。「昔」ってことでもう何年もこれ使ってません。今はゴミ撮り機能はほとんどの一眼でついてますしゴミは「つけない」「出さない」って構造をメーカーが徹底してきたのでゴミの被害は少なくなったのよ。
なもんで昔は雑誌でもなんでもこの撮像素子掃除の話題がいっぱいだったんだけど、めっきり見なくなりました。そんなことで時代遅れともいえる話題ですが自分の経験を書いておこうかなってこととつく人も今もいるんで。最後にも書きますがこの撮像素子の掃除は自己責任ですのでそれはお忘れなく。
DSC_5570
基本的な掃除の仕方ってのは説明書にも絶対書いてあることですがミラーがあるものはクリーニングミラーアップというのを作動させ強制的にミラーを上げ撮像素子を露出させ、ゴミを吹き飛ばすか掃くかふき取るってことをする。最終的には直接撮像素子を何かで触るという行為になります。
いや触っちゃだめでしょw 
って思うでしょうが触らなきゃ取れないゴミがつくのでしょうがない。じゃーティッシュかなにかで手で拭くの?となるが一応はメーカーのサービスの人が掃除できるようにそれなりかたさはあるんでで少しでも触れたらダメっては作ってないのだが「それなり」が問題のところでこのごろはローパスフィルターを無しというのが流行ってますがこの撮像素子の前になにかのコーティングするってのは画質を悪くする行為。なもんでそれなりっていってもティッシュなんかはだめってことさな。

DSC_5571
てことで道具を使ってゴミを掃除することに。まず説明書などに書いてある方法がこのブロアーで空気を送りゴミを吹き飛ばすというもの。
これで大体のゴミはとばせます。けどそれも昔の話か。今はゴミ撮り機能があるんでブロアーで落ちるようなゴミなら最初からつかない。けどブロアーはデジイチもってるならあったほうがいいのもなんで余裕があれば買いましょうね。ちなみに写真のは200円くらいです。
風送るならエアダスターでいいんじゃね?ってことだが強すぎても問題ですし、スプレーのようなものだと中に何か入っててそれが傷をつけるということもあるんで何があっても絶対やっちゃだめ。

DSC_5572
でブロアーでゴミが取れないとなると直接触るという行為にとうとうなります。で専用の道具があるわけですよ。そしていろいろある中俺が選んだのがこのDD Pro【吸引式】 価格8400円。
http://direct.ips.co.jp/book/ihtml/ddpro/
なにこれ?ってなりますが液晶パネルの基盤などの清掃に使用されている特殊なブラシが先端につけてありそのブラシでゴミを除去しその除去したゴミはこの下部が掃除機のようになってるのでそれで吸出してキレイにするってもの。細かい使い方は上のリンク先に動画があるんでそれをみてください。

DSC_5573
ちなみに単4x4で動きます。先端ブラシは変えられて交換用ブラシは2個で1260円です。
大体の人が思うと思いますが値段がクソ高いです。ブラシはいいとしてその下の丸っこいので7000円以上もするの?と。正直高いと思いましたがメーカーに掃除にだすとしてニコンの場合保証外なら掃除料金が約1000円で近くにサービスセンターはないので送料が往復で約1500円。一回で約2500円かかりカメラがかえってくるのも早くても1週間はかかってしまうので数回掃除すればもとは取れるかなと思い切って購入しました。
高いことあってこれで何度も何度も撮像素子を掃除しましたが傷はついたこともないですしブロアーで取れないゴミも取れました。ただしブラシだけでいいんじゃね?って疑問もあったりね。これ高いなって思うけどほしいなって思うひとは交換ブラシだけ買ってワリバシの先にでもつけてやるのがいいのかもね。掃除機部分はそんなに吸い込みが強いわけでもないので必要性を感じないんだよね。まぁあんまり強い吸い込みだとゴミ巻き上げてということもあるんでしょうがね。
とこれ使っても取れないゴミはでてきます。ゴミといっても乾いてるものばかりでなく油分が含んでいたりで粘着してるものは取れないうわけです。カメラの扱いが悪いからそういうのがつくのでは?ってことですがカメラ内部から出てくるってこともあるんですよ。

DSC_5574
で次に買ったのがDD Pro【湿式】 定価3400円。どんなもののクリーナーも最後は湿式ってことさ。掃除機で取れないゴミは濡らして拭いて取りやがれっていう普通の掃除と同じこと。
やり方としてはまず吸引式のDD Proで掃除して取れるゴミは取っておき次はこの湿式をだし先端に白いのありますがこれは三菱のナノワイパーH-130ってものを巻いたもの。ナノワイパーは業務用の不織布。湿式ならニコンのもあるのですがこの紙を巻くという作業が怖いというかうまくいかない気がしたので最初から巻いてあるこれを買ったと。
でこの先端に無水エタノールを適量含ませふき取り、終わったら次は蒸留水でふき取り、吸引式があるならまた最後に吸引して終了ということになります。

すごい簡単みたいに書いてますがぶっちゃげ難しいです。これはDD Proの湿式がというよりすべての湿式が難しいです。最初は簡単にゴミ取れたーて思うのだがよくよく確認するとスミにゴミが移動しただけだったりします。じゃーどーするのよってことだがコツは・・・よく覚えてないw まぁ拭いたゴミはどう移動するのかってのをよくイメージしてやるしかないのよね。ってたしか最終的にはけっこうゴシゴシ拭きまくったのよねカラ拭きで。なんにせよコツは慣れとしかいえない。なれるまでひたすら掃除する。俺はやりすぎてローパスに触れる怖さなんてもうなにも無いですからね。これくらいやればコツはつかめます。

とゴミがついたらこういうので掃除がおすすめ!ってオチになるかと思いきやこれはもう3年くらい使ってませんし今のD90には一度も使用してないです。最初に書いたように今はゴミがほとんどつかない。もしついたとしてもメーカーに掃除に出してしまえばいいわけで。一回掃除するともっとつきづらくなるんでね。
ゴミ対策としてのお勧めは新品で買ったのならば1年保証が切れる前に掃除に出しましょう。ニコンの場合は保証内なら送料も全部無料。保証が切れててもメーカーにだしましょう。満足な掃除道具そろえるのはけっこうかかりますし、それ以上に腕が必要ですし最悪ぶっこわします。どこのメーカーでも送料プラス1000円くらいでやってくれますのでリスク考えれば安いもの。
ただし俺みたいに掃除覚えてしまえばゴミに対する恐怖は一切なくなるのでいいっちゃいいのだが慣れるまでめちゃくちゃ怖いので誰にでもお勧めはできないのよこれは。
どうしても掃除覚えたいっていうなら道具は専用のものを買い、できれば中古で安いボディかって壊してもいいっていう覚悟で練習するのがいいのだがそれもお金かかるしね。

まぁ興味があればどうぞ。そして完全に自己責任ですし専用の掃除道具も注意書きに壊れてもしらねーよって書いてありますのでね。そういう度胸のある人は自分でのローパス掃除やってみてください。でもゴミがついたらメーカーへ。これが一番ってのはよく理解してください。
2012/9