イメージ625
毎度毎度ちょっと説明に使いたいのでこういう初歩的な話を。
WindowsXPサポート ZIPファイルのページ http://support.microsoft.com/kb/306531/ja
Windows7サポート ZIPファイルのページ http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows7/Compress-and-uncompress-files-zip-files
ここみていただければ終りなんですけど。でいつものようにちょっと書きます。
ちなみに今回のお話はWindowsVista以降のOSの場合。XPでも基本同じなんですがVista以降はちょっとやれることすくなくなったのよね。てことで説明はWindows7でやってます。
イメージ623
フォルダーの中にJPEGの写真が三枚。この三枚をZIPファイルにまとめましょう。ZIPにはたしかどんなファイルもできます。ってただフォルダにぶっこむだけなんで当たり前なんですけどね。
けど画像や音楽、映像ファイルだともともとそれ自体が圧縮されたファイルなのでZIPにしたところで容量はそんなに変わりません。圧縮したのに容量かわらないなおかしいなって思う人もいるでしょうが正常です。

イメージ624
てことで三枚の写真をドラッグして選択。でマウスを右クリックでメニューを出し送る(N)にカーソルをもっていき圧縮(ZIP形式)フォルダーを選びます。
こういうフォルダの中のファイル全部を選択するというならCtrl+Aのキーボードショートカット使うと楽よ。

イメージ626
でできました。送るってどこに送るのよって思う人もいると思うのですが基本的には同じ階層、これはフォルダ内でZIP作成したのでフォルダ内に作成されます。デスクトップで作ったらデスクトップ。ピクチャでつくったらピクチャにってことです。
フォルダ名は複数だと最後のファイルの名前になるのかな。気に入らない場合は名前変更で簡単に変更できますのでやってください。
あとXPではできるのだがVista以降ではZIPにパスワードをつけることができません。vista以降のOSでZIPにパスワードかけたいときはフリーの圧縮ソフト入れましょう。

てことで終了。
今の時代で取り扱うファイルの多くは画像だったり映像だったりそんなものが普通の人は多い。で先ほど書いたがそういうファイルは圧縮しても容量はあまり変わらない。てなるとZIPにする意味あるの?となるが
ZIP化してしまえば複数のいろいろなファイルもひとつのZIPファイルとしてみなされるわけで今回みたいに画像3枚相手に送りたいって思ったときに画像ファイル一個一個をメールに添付するんでなくて三枚いれたZIPを添付したほうが楽ってことです。それにソフトによっては対応してないファイル形式があったとしてもZIPにいれてしまえば大丈夫なわけで。今の時代ZIPは圧縮よりファイルをまとめるっていうのが一番のメリットになってるといってもいいでしょうね。
てことでZIPを有効にお使いください。
2012/9