DSC_5820
発売日2012/6 価格4980円 脚の長さが違うものが3つあり日本で買えるのはSとLみたい。これはS。
製品HP(海外のページ) http://www.ipevo.com/prods/IPEVO_Perch_Desktop_Stand_for_iPad
見てわかるとおりのiPadの机用スタンド。まぁいってみますか。
※この記事はIPEVOのレビュープログラムに参加しています。

DSC_5813
サイズは写真の状態で幅205x奥行き175x高さ335(mm) 重さは1.2kg。iPad装着した状態だと合計2kgくらいか。
上の黒い部分は柔軟性のあるプラっぽいもの。脚は鍛造アルミニウム。脚だけの長さは約18センチ。値段がそれなりですがその値段なりの質感と作りのよさ。iPadを取り付けても絶対大丈夫という安心感があります。

DSC_5810
後ろ。iPadの取り付けはワンタッチでしっかりはまります。取り外しも簡単。iPad2と3に対応ですがうちの3でもしっかりとジャストフィット。iPad用に作られているのでスタンドに装着してもカメラや他のスイッチなどは隠れず操作は問題なし。iPadを装着している黒いプラっぽいところは台座から脚に黒いボタンっぽいところありますがそこ押して取り外し可能。日本ではまだ売ってないみたいだけど製品HPみるとiPad取り付けるところだけも販売してるようでもし3以降のiPadになってサイズがかわって取り付けられなくなってもそこだけ変ええれば台座は使用可能になるのでしょう。値段がそれなりのものなんでそういうあとあとのこと考えて作られているのは好感がもてますしちょっと高くても買おうかなという気にはさせてくれる。

DSC_5811
DSC_5812
首はこんな風に90度動きます。角度調整はちょっと重いかな?と思うがあんまりゆるくてもしょうがないのでこんなもんでしょう。でiPadを縦や横に回転もできます。これはいい力加減で延々とまわしてしまう気持ちよさがあり。きっちりと90度ごとにロックがカチっといい感じでかかる。普通に使うにはこれがとてもいい仕様だがiPadを傾けてやるレースゲームみたいなのに使うにはあまり合わない。そういう使い方考えてるならそういうものでは無いってことは覚えておきましょう。

DSC_5814
下。省略しましたがこれは組み立て式。組み立て式っていっても脚の部分の黒の部分と銀の部分を六角レンチでネジ止めするだけ。レンチはついてるので問題ないのですがネジがちょっとわかりづらいところに入ってて見つけるのに苦労してしまった。箱の蓋のところにあるんですが無いとおもったらそこ探してみてね。一応矢印はついてるのでわかるはずです。俺がダメだから見つけらないってのが一番の要因だが袋で箱につっこむだけでいいだろうとは思う。まぁ製品HPに組み立て動画あるんでそれみてね。

DSC_5823
さてレビュー。iPadのデスク用スタンドとして文句はなし。iPad用スタンドとして大事なことのひとつに安心感があると思うのだがそれは満点といっていい。で質感もいいですしデザインもいい。機能面も問題なく取り外し、回転、角度調整も問題なし。タブレット用スタンドは数多くありますがここまでがっちりとしていいものはこれ以外にないといってもいい。そういうものを探しているのであればこれはベストの選択に。お店なんかでiPad使ってる人も多いのでお店用にもいいと思うね。iOS6になってそういう用途での機能も増えたし。
iPadをサブディスプレイにするアプリって前に紹介しましたがこの手のアプリ使うときにもいいスタンド。

ただしただスタンドがほしいとしてここまでのものが必要な人が少ないのも事実。安心感があるだけに他のものから比べたらデカイですし重い。使わないときは邪魔でしかないし取り外すの簡単といってもただ立てかけるタイプのスタンドから比べればめんどくさい。ここまでガッチリな脚必要ならiPad使わないでいいんじゃね?って思うひともいるでしょうしね。
価格も最安のスタンドから比べちゃうと10倍くらいになっちゃうので高いともいえるわけで。そんなことで自分の用途に合うのならば最高であり唯一無二のものといっていいが思いつきで買うと痛い目みる場合もってことで。よく考えて購入しましょう。

とこのスタンドは個人的にはカメラ用の三脚代わりにいいかなって思ったのよね。で上の写真みたいに三脚代わりとして使ってみました。角度が限定されますがiPadのカメラの三脚代わりには十分。料理撮りなんかにゃ最高かも画角と高さの具合が。てことでこんなことにも使えますよと。
2012/9