スタジオセッション-004
GREEN。LてメーカーのサーキュラーPLフィルター。これはフィルター径は52mmで購入価格は880円。
普通のCPLフィルターですが激安なのが特徴です。ケンコー製の普通ので52mmで定価5250円の実売約3000円もするんですよ。それと比べればかなり安い製品ってのはわかっていただけるかと。でこういう激安品だと品質がどうなのよ?ってことに。そういうところがおもな内容に。安いPLだと上海問屋やハンファジャパンのとかありますがほぼこれと同じと思ってもらっていいかと。PLフィルターってなによ?って思う人もいるでしょうそれはこちらの記事で。
スタジオセッション-006
大事なフィルター部分というかレンズ部分はこんな。ムラがあるとか傷があるとかは無く激安だからって作りがひどいということは無かった。

スタジオセッション-007
厚さはネジ部含みで7.5mm。たしか普通くらいの厚みのフィルター。レンズによってはケラレがでるかなぁ。俺が今回使ったレンズ ニコン18-55VR トキナーM35ではケラレはでず。どっちのレンズもフルサイズでもそれなりに撮れたりするようなレンズなんでそうそうケラレないんですけどね。どのレンズでも標準の焦点距離の範囲ならケラレの心配は無いと思う。
保証はしませんけどね。
どっちにしろ超広角でつかうならケラレの心配はしてください。ちなみにフィルターにPLの強さをしめすような目盛りは無し。必要なら自分で書くしかない。フィルターをまわす可動部分もひっかかるとかもなくスムーズ。カメラのほうのネジもつけやすく外しやすい。

DSC_5869
フィルターは深めなんでレンズキャップはきっちりとはまります。ずっとつけておくものでもないしねどうでもいいっちゃいいのかもだが。

スタジオセッション-009
激安でもPLの効果はきっちりと出ます。こんな風にモニタが見えなくなったら効果は出てるといっていい。ちなみに裏表間違えるといくらやっても効果が見えないのでご注意を。カメラにつける場合はネジあるんでいいんだけど上の写真みたいなことやるとたまに間違える人いるんで。そういうことになったらPLは裏表あるんだって知れてよかったっておもってね。

BlogPaint
あと安いと心配なのが画質か。上の写真は左がフィルタなし。で左がフィルタありで効果最大。ちょっと微妙に右がピントずれたかも。けど解像度が落ちるとかそういうことはなさそうです。ピントもPL使うと合いづらくなるってよくありますがいろんなところで使ったが無限遠がでないってこともなくほかでもしっかりとAFは作動しました。これはカメラのAF性能によって変わるので絶対では無いです。

てことでレビューだが、俺は実はPLフィルターは嫌いなんで今まで買わなかったのでこれが初なんで比較ってのができないが1000円以下ならなんのも問題も無い製品だと思うよ。ほしいPLの効果もしっかり出たし、商品のできも悪いとは感じないしね。
PL使ってみたいけど値段が・・・って人は多いと思うのでそういう試しにって人にはこの激安のPLフィルターはいいと思うよ。失敗してもこの価格ならあきらめつくし、これで試してからのほうがいいの買うきっかけにもできるしね。PLとおもったらまずこれを候補に入れてみてね。
2012/10