スタジオセッション-437
逆輸入ってのは日本メーカーの海外仕様の商品を日本に輸入したものってのが今回の意味でよく使われる意味。並行輸入ってのはメーカーや代理店が作った正規の輸入ルートとは別の個人が輸入した商品ってことで輸入ルートが2本あるという意味で平行輸入なんていわれます。
カメラ製品に限らず海外で売られてるそのままを輸入して販売している製品は逆輸入品か並行輸入品と呼ばれることが多い。
そんなことでお店でも通販でもですが新品なのに変に安いなという商品があると逆輸入品なんてことが書いてあることが。ということで並行輸入品のニコンスピードライトSB-700を購入したので輸入品のいろいろをちょこっと書いてみましょうと。安いけどいろいろ謎が多いので手が出ないって人も多いでしょうから。
注意としてましては今回書くことは自分の買った商品のことですべてに当てはまることはでは無いです。そして2012/11現在のこと。時間がたつと変更されることがあるというのをご理解ください。
BlogPaint
まず気になるのが日本で買える商品と同じものなの?ということ。正直よくわかりません。ニコンの場合、国ごとに工場があるわけでなく商品によって作る国と工場はきまっている。ストロボなんかのアクセサリ類は中国が多い。でボディやレンズのエントリー向けやミドルクラスくらいまではタイ。そして一部プロ向けレンズ、ボディが日本。これを世界各国に輸送して現地で売っている。
これはドイツ仕様のもの。しっかりとメイドインチャイナ。製品番号は2から。箱は見てのとおり日本語も書いてあって日本と同じもの。日本向けのバーコードもあったりします。そして付属品も日本と同じでした。レンズの場合アメリカ仕様だと製造番号がUS始まりだなんてことがあるそうです。
個人的な考えでは同じ工場で作っていて見た目同じで商品名同じで海外仕様だからって使えないって話も聞いたことがないので日本で売ってるものと同じなんだろうと。けど絶対同じという保証もない。個人ではこれくらいのことしかわからない。ただし基本的には同じ商品名なら同じで見た目の違いもなく機能も同じで日本のボディで海外仕様のレンズやアクセサリでも問題なくは動くってことだけです。

スタジオセッション-439
さてわかりやすく違うところを。これは先ほども書いたがドイツ仕様のものなんで説明書はドイツ語。説明書右下のDeって書いてありますがこれがドイツってこと。デンマークちゃうよw デンマークの国名コードはDK。
Benutzerhandbuchってのはドイツ語で説明書て意味。アクセサリーやレンズの場合全世界共通説明書で何ヶ国語も書いてあるの入ってたりしますが、SB700クラスのスピードライトだと操作は複雑なんでその国用の説明書になります。
てそんなに複雑なのに日本語説明書ないと困るじゃ〜んてことですが今は常識といっていいですが説明書は公式ページから日本語のものが落とせます。
ニコン説明書のページ http://www.nikon-image.com/support/manual/m_pdf_select.htm

イメージ1443
PDFなんて嫌だよ日本語の紙の説明書がほしいよっ人もいると思います。
ニコン説明書の購入のページ http://www.nikon-image.com/support/manual/m_sales.htm
てことで説明書だけ購入することはできます。スピードライトで1部500円。なんで安くかったのにまた金払って説明書買うのよやだよーって人は説明書の交換ってことができるようです。
他の言語の説明書を送れば日本語のものを送り返してくれると。未使用という条件はつきますけどね。交換が問題なくできるかは不明。てことでそのうち実戦してみますがこういうシステムがあるよってことは覚えておきましょう。

スタジオセッション-444
ここまではいいとして一番気になるのが保証。通販の場合は1年のメーカー保証はあるよと書いてあることが多いがホントなの?ってね。
てことで上の写真のような保証書らしきものが箱に入ってます。3枚つづりになってるのですが一番上は領収書というか販売証明書というか販売店か書き込むところみたいです。まぁ無記名ですが。2枚目はその控え。

スタジオセッション-442
そして三枚目が国際保証書になってます。WORLDWIDE SERVICE WARRANTYでWARRANTY=保証書って意味があるので国際保証書みたいな意味に。

スタジオセッション-443
裏面はこんな。いろいろ書いてありますがさすがに全部はよくわからないというより読んでないです。目チカチカします細かい英語は。

スタジオセッション-445
世界各地のニコンのサービス拠点が書いてあるものも一緒に入ってます。ここに書いてあるところで、この保証書と領収書があれば世界各地で修理などのサービスが受けられる。で日本もしっかり書いてある。てことで日本でも保証は効くと。で期間は一年。さきほどの裏面に購入から一年ですよみたいなことがかかれてました。

ニコン製品の場合レンズやアクセサリー類は国際保証書がついてきてボディは販売した国でだけ通用する保証書。ちなみに他メーカーだとオリンパス以外は国際保証書じゃないようなんで注意が必要です。キヤノンも昔はレンズは国際保証書だったんですが変わりました。

まぁこんなですよってことで。個人的な意見では中古が選択肢にあるならこれのほうがいいのかなと。実際SB700だと中古と輸入品はそんなに値段違わない。けど国内正規品買う金あるならそちらへ。そしてあらためて書くことでもないが自己責任ってことですね。今回書いたものをみてこういうものが入っているのでこれは安心だけどこういうリスクはあるが大丈夫かなと想像できるならいいがそうじゃないならやめましょう。
2012/11