DSC_6055
日テレで放送してたので見ました。カイジの1の映画は嫌いではなく、で2は軽く楽しみにしてました。で今回の映画の原作の地下チンチロリンと沼はアニメで視聴済み。
てことでさっそく感想ですが評判ガタガタでしたが思ったより悪くなくけっこう楽しめました。沼編は映画の短い時間にしてはしっかりまとめ要所は抑えてて満足。姫と奴隷という映画オリジナルも無理やりな気もするが流れ的にはいいんじゃないと。一番よかったのは一条役の伊勢谷さん。難しい役どころですがうまかったですね。あの一条のエリートっぽく見えそうで小物感ってのがよく出てて。というか伊勢谷さんががんばったおかげで見れる映画になってると。
オチも無理やりな気もするがあれはあれでいいんかなと。そんなことでけっこう満足したのですが問題は地下チンチロリン。チンチロと沼やって尺足りるの?とおもってたらチンチロなんてほとんどやらず。あそこまで適当にチンチロやるならチンチロなしで沼やるような流れにしたほうがよかったんじゃないのかなと。それにチンチロがあれだけだと地下の仲間の重みもないわけで。そんな軽そうな仲間に命かけるカイジってのもねと。チンチロを映画とは言わないがTVドラマでもよかったからもっと丁寧に別でやってたらよかったのにと。

とこんな感想。酷評されるほどひどい映画では無いのでお暇なときやまたテレビでやるときはどうぞ。