スタジオセッション-592
328が2012/8、327が2011/8に発売。希望小売価格27800円。実売約13000円。
製品HP http://www.dainichi-net.co.jp/products/fh/fw-328ne.htm
前にFW328Sのレビュー載せましたが、その328Sとほぼ中身が一緒の328NEのレビュー。実際これは327NE。けど328NEも一緒です。そういう商法みたいっすよダイニチのファンヒーターは。
てことでSとNE何が違うのか。そんなこと中心に書いて見ます。しっかし定価だと1000円の違いしかないのかSと。で実売だと3000円の差に。Sのほうだ台数でるんで安くできるってことなのかもね。
スタジオセッション-595
サイズ高さ429x幅371x奥行き299(mm) 重さ7.5kg。仕様的にはSとサイズ同じなのか。ちょっとNEのほうがSより高くみえるのだがね。
色はウォームシルバーとウォームホワイト。327NEだとプラチナブラウンって色もあります。Sのシルバーがあかんのかもしれんがこの白はけっこうよい白で安物っぽくなくてよい。さきほど書きましたがSと性能同じなんで木造9畳 コンクリ12畳用となってます。

書き忘れてたが2台買うとしてなぜ同じSにしなかったかというとネタになるからってのはちょっとはあるがSがあんまりにも安っぽいので見た目のいいこっちへ。あとは液晶が見づらくてこっちのほうがいいのかなぁと。

スタジオセッション-599
逆の横。一応の去年モデルの327NEですが2012年製です。

スタジオセッション-597
裏。SではフィルターなかったんですがNEはフィルター復活。Sのところで書いたが個人的にはどっちでもいいんですけどね、フィルターがあろうがなかろうが。あったほうが気持ちはいいって人もいるでしょう。

スタジオセッション-604
上。普通です。

スタジオセッション-602
タンク室。Sと同じです。

スタジオセッション-605
タンク容量は5リットル。これくらいがいいのよ。

スタジオセッション-606
タンクの蓋がワンタッチ汚れんキャップになってます。白いとこありますが両側のそれを押せばパカっと蓋が取れる。便利でいいですね。寒い中灯油入れるわけであの蓋をくるくる回す作業が意外とつらいしね。俺はいいが親がめんどそうだったのでこの蓋になってるNEにしたってのもあります。

スタジオセッション-609
で液晶。Sのよりは格段に見やすいがバックライトはなくてひからないんだねと。と今公式HPみたら光りませんってかいてあったという。昔はこれくらいのモデルでも光るの多かったのだが今のダイニチは上のモデルでないと光らなくなった。光らなくても問題は無いのだが・・・そこまでコストかかるとも思えないので光らせてほしいなぁ。

ということでレビューですが大事な暖め性能のはSと同じわけでこれ買う意味は?ということだがけっこう見た目が違うのよなぁ。こっちのほうが3000円差以上の高級感はある。そしてタンクの栓はかなり便利。ただ暖めるだけならSでいいわけですがちょっとだすだけで満足度はかなり変わる。財政的にかなりきびしいってことじゃなければこちらのほうがかなりおすすめ。けど俺ならS買いますがw
2012/11