スタジオセッション-831
発売日2012/11 価格3980円
前に同じ型番のiPadカバーKA-01のレビューはしてるのですがそれの改良版。基本的には同じカバーで素材と製法がすこし変わりまして丈夫になりました。そんなことで基本的な説明は前のKA-01と同じですのでそちらのレビューもみていただけるといいかと。つーかなんでiOS6ってiPadに写してるのだろおれ・・・6にアプデしたときこの画面でて写真撮るとき便利かなぁとスクショ撮っておいたのでこんな使い方。これなら真っ暗でいいんじゃねーの?どうでもいいですね。
※この記事はIPEVOのレビュープログラムに参加しています。
スタジオセッション-823
カバーだけの厚さ4mm 重さ132g。黒いところの素材はポリウレタン。水色部分はマイクロファイバー。
色は他に紺xピンク、ベージュxオレンジがあります。iPadの2と3対応となってますがたしか4も大丈夫。
前のKA-01と書いてあるスペックは同じなんですがポリウレタンになった分すこし重く厚く感じられる。ホームボタンなどの部分がよくあるカバーのように切り抜いてあるのも変わったところ。気になったのはちょっとiPadが入れづらいこと。前のでも入れづらかったがポリウレタンがついたので硬くなったのでなお入れづらく、あとはスリープボタンが引っかかるのよな。注意していれればいいので問題ないですがiPad入れるときはそこ注意してね。入れづらいだけで入らないわけじゃなく入れてしまえばピッタリなんで使い心地はいい。

スタジオセッション-833
ぱっと見皮っぽいんですがポリウレタン。手触りも皮っぽいのよね。ポリウレタンのほうがメンテはしやすいのでこれでいいんだと思う。光沢もけっこうあって高級感はばっちり。書き忘れてたがカバーには磁石入ってて蓋閉じればスリープ、あければスリープ&ロック解除になります。まぁこの機能がないカバー探すほうが難しいけど。

スタジオセッション-835
裏。ちょこちょこ見える裏地とステッチの青がオシャレ。ポリウレタンというとなんかスベリそうですがけっこう持ちやすいすべらないです。

スタジオセッション-837
スタジオセッション-838
当たり前ですがいろいろなボタンやドッグコネクタの穴は開いてますのでケースつけたままで操作に問題なし。横からみるとまたこのツートンカラーがオシャレ。

スタジオセッション-839
スタジオセッション-840
このカバーの最大の特徴の折り紙式スタンドも前と同じようにしっかりと。前より硬くなって安定感は増しました。ただし折り込むときに前よりしっかりと折り込まないといけないです。当たりがついてくるといいんですが最初のときは意識してしっかりと折り込んでください。

スタジオセッション-842
前はペンホルダーがカバーにつけづらかったのだが今回のはがっちりとはめれます。ホルダーが狭いスマートペンで大丈夫なんでだいたいのタッチペンで問題なくひっかかるはず。

スタジオセッション-824
さて締めますか。もともとよいiPadカバーだったものを改良したものなんで完成度はかなり高く文句のつけようがない。右のオレンジのが前のKA-01ですが使って2ヶ月でささくれや一部剥がれたりしてたのですがその最大の欠点の強度も問題なしで汚れもつきづらくなったのはいいところ。折り紙スタンドは相変わらず便利ですしカラーもオシャレ。ペンもかけやすくなったのはよかった。値段が高いと思う人もいるでしょうがこの値段の価値は十分ある。
ただしなぜか前のKA-01のほうが好きだったり。ボロくはなるがあのペラペラ感はよかったのよね。といっても新しいほう使いますけどw 好きと使いやすいや安心感とかは違うってね。恋愛と結婚は違うみたいなことよw
そんな毎度のおやじくせーところはスルーして、本当いいカバーですのでおすすめ。数が限られてるらしいのでほしいと思った人はお早めに。
2012/12