スタジオセッション-868
発売日2011/12 購入価格190円
製品HP http://panasonic.net/energy/eneloop/jp/lineup/case/index.html
eneloop純正の単3、単4乾電池専用ケース。乾電池は裸で持ち運びすると金属なんかに触れてショートの可能性があるんでケースも純正で出したよってことだそうです。
購入理由はエネループのレビューそれなりにやってるのでわかるようにそれなりの本数になってきて100円ショップの汎用ケースに入れて保管してるのだがいろいろ使いづらいですし本数も多くなってきてスペースが無くなってきた。てことで100円ショップで電池ケースみたいの探したのだがそういうのは無く、なんでもいいかなと思ったが調べたらこんなのがあり値段も手ごろだったんで購入。そんなことでレビュー。
スタジオセッション-869
パッケージはこんなの。売ってるところみたことないがフックにかかってるんでしょうね。ケースには書いてないがこの袋にMade in Koreaの文字が。電池本体は日本製なんですが、中国製でなく韓国製なのか。

スタジオセッション-873
幅53×奥行16×高さ68mm 重量10g。単3エネループx4がきっちり収まるサイズ。小さくて持ち運びに便利。
色はいまのところ(2012/12)青しかないのよな。もうちょっとカラバリあってもいいのにね。

スタジオセッション-871
スタジオセッション-874
スタジオセッション-875
スタジオセッション-876
いろんな角度から。よくあるプラケースのような構造。長くつかってればヒンジ部分が千切れるでしょうね。

スタジオセッション-872
中はこういう風に細かい仕切りが。こういう形状なんで単3でも単4でも一本だけ入れたとしてもカチャカチャと中で動いたりしないです。

スタジオセッション-877
てことで入れてみました。純正品ってことでエネループ四本がピッチリと入ります。エネループは普通の単三より太いのでこういうきっちり感は純正ならでは。エネループが入るので他のメーカーの電池でも大丈夫。他のだとちょっと細い場合ありますがゆるいってことは無いです。そしてこの青ケースだと白の普通のエネループが一番いい色の組み合わせに見えますね。

スタジオセッション-878
電池ケースを開けるとこのように半分はでる構造。こうなってるので取り出しやすい。こういう構造は電池専用ケースならでわよね。

スタジオセッション-879
単4入れる場合はこんな風に縦に4本で横に単3が1本。カチャカチャいってもいいなら単3のところに横に単4は入ります。

スタジオセッション-880
安かったので5個一辺に買いました。今のところ3個しか使ってないですけどね。190円で5個で1000円以内だったのでつい。
てことでレビューへ。100円ショップでこれより大きい汎用ケース売ってるじゃんてことですが持ち運ぶってなるとこういうケースのほうが便利なわけで。そいでなんだかんだ4本一組で使うことが多いのでこういう小分けのほうがなにかと便利。あとはやっぱり純正の安心感あるしね。特にエネループはちょっと普通の電池より太いので汎用電池ケースだと何かと不安が。細かい仕切りもあって一本でもカチャカチャしないし単4にも対応してるのもいいところ。それにやっぱりエネループって書いてあるとかっこいいじゃんw そういうブランド料込みっていうなら一個200円くらいはけっして高くないかなと。ただしやっぱり値段なりのもの。さきほど書いたがたしかそのうちヒンジが千切れる。すぐにってことじゃないが永久的に使えるようなものじゃないってのは理解しておきましょう。
そんなことでエネループつかってる人はぜひどうぞって感じだし他の電池だったとしても便利なケースなんでいいと思うよ。

とこのケースでひとつ問題点が。ネット通販で買うとしてけっこうなぼったくり料金になってることが多い。オープン価格の商品なんで定価は知らないが200円以下で買えるものですしそれ以上だす価値は無いもの。
自分が買ったところはヨドバシのネット通販。そこなら1個200円以下で送料無料で届きます。検索するとでてくるのでほしい人はまずそこ見てみましょう。店舗はよくわからないです。エネループが売ってればあるってもので無いてことだけはたしか。そんなことで価格だけよくみて買ってくださいね。
2012/12