スタジオセッション-959
購入価格390円。D3の付属品としてが初登場のはず。で2012/12までだとD3 D3S D3X D4に付属品としてついてきます。日本で単体発売を正式にしてるのかは不明。ニコンダイレクトでもこれ単体では売ってない。お店で注文すれば買えるのかも?聞いてはいないです。自分はトキワカメラの通販で買いました。
http://www.tokiwa-camera.co.jp/auto/shopping/auto3991.html
てことで写真のカメラの頭になんか帽子みたいにくっついてるのがBS-2。まぁいろいろと書きます。
スタジオセッション-961
アクセサリーシューってのは一眼レフなんかの頭の上の金具っぽいところのこと。おもに外部ストロボを取り付けるところですな。ウィキペディアみると写真みたいにストロボ用のシンクロ接点があるものはホットシューってのが正式らしい。で接点がないものはコールドシューなんてもいいます。
接点なくてどうするねんなんて今の人というか大体の人が思いそうですが昔々のカメラなら外付けファインダーをつけるようだったりフラッシュも接点ないものもあったんで。
てことでホットシューカバーでいいんですがニコンだとアクセサリーシューカバーって書いてあるのでそれで今回は通します。
ということでこの金具部分をカバーするものを今回買ったということです。

スタジオセッション-975
たしかD40からなんですがD3系以外のニコンの一眼にもアクセリーシュカバーは付属してます。写真のようなBS-1ってものが。購入理由になりますが見てのとおり小さいものなんで紛失しちゃうのよな。てことでD90とD40で付属してた2つのBS-1もってたがひとつなくしちゃったので一個買っておくかと思ったのだがBS-2てのがあることを知ったのでネタにもなりそうだしBS-1より大きいのでなくさないかなと購入。D3系用なんでD40やD90ではぴったりにはならないだろうがはまるははまるのでいいかなと。

シューカバーなんていらねーじゃん。てことなんですが、スピードライトをたまにアクセサリーシューにつけて使うとたしか接点不良でつかないってトラブルがよくあるのよ自分は。でそのたびシュー磨いたりするんですがそういう接触不良になるときは大体がカバーつけずに長期間使ってるとき。なもんでこのごろはカバーつけてないといやなもので。間違わないでほしいのはカバーつけてないと絶対接点不良になるわけじゃないです。おれみたいにカメラの保管も適当でほこりまみれにしてるとそういうことになることもあるよってことです。

スタジオセッション-964
さて本題のBS-2の説明へ。
サイズは約横3x縦3.5(cm) 素材はゴムっぽいものでやわらかいので干渉してもボディ本体に傷つけるってことはないかと。色は黒じゃなくグレー。ニコンのカメラボディとは色が違います。

スタジオセッション-965
スタジオセッション-966
スタジオセッション-970
スタジオセッション-968
いろんな角度から。横からの写真に茶色っぽい線みたいな傷みたいのありますが最初から。まぁ不良品てことかしら。こんくらいどうでもいいですが。中のシューとの接続部分はプラ製。形がBS-1と違いますがニコンのカメラのアクセサリーシューに取り付けるなら問題はでないです。つけたり外したりでやりづらいなんてことも無いがシュー下のほうから入れる感じにするとBS-2は装着しやすい。

スタジオセッション-973
スタジオセッション-971
スタジオセッション-974
スタジオセッション-972
D3系以外のボディを持ってる人が一番気になるのがこれを装着するとどういう風になるのか。てことで2機種しかないですが装着例を。まずはD40。
横から以外はけっこうピッタリ。シューが上にあんまり飛び出していないとこんな感じになるかなと。

DSC_4033
DSC_4034
DSC_4036
DSC_4037
で現在のメインボディのD90。なぜかグリップつき。これがデフォなんで今は。できの悪いカツラみたいになってしまってちょっと浮いてしまいました。自分で使ってるときはボディ前からってみないのでこれでもいいんですけどね。

さてこれをD3系以外の機種で使うときの最大の問題点がひとつ。これをつけた状態では内蔵フラッシュが上がらなくなります。写真みてわかるとおりフラッシュの可動部分もカバーしちゃうのでボタンおしても物理的にあがらなくなります。D40の場合はすこしもあがりませんがD90の場合は発光部分が見えるくらいはあがる。
そんなことでBS-2つけちゃうと物理的に内臓フラッシュ使えなくなるよと。俺は今バリバリ内蔵フラッシュ使うので困るが昔はほとんど使わなかったのでこれでも問題なかったり。使うとき外せばいいってだけなんですがそうなるよってのはよく覚えておきましょう。この2機種以外はどうなるかはわかりませんが内蔵フラッシュあるものは使えなくなるよっては思っていたほうがいいかと。

さてしめますが、上に書いたように内蔵フラッシュがBS-2つけたままでは使えなくなりましたが個人的には問題なく。ボディから光らせるならSB-700とかのスピードライト使うのでどうせカバー外しますし、家だとSG-3IRつけるので、これもカバー外すので。そういうこともあり内蔵フラッシュが上がらないデメリットよりカバーが大きくなって紛失しづらくなりカバーできる範囲が大きくなったメリットのほうが俺には価値がある。ちょっとかっこわるいかなとも思うがこれはこれでいいかなと、他の人と違う感じで。
そんなことでこんなのもあるよってことで。もし買うとして、あくまでこれはD3系ボディのためのシューカバー。他の機種で使う場合は何があっても自己責任。ってことだけは忘れないでください。ニコン以外のメーカーの場合はもっといろいろな問題がでますのでご注意ください。
2012/12