DSC_6257
写真は今シーズン(2012)から使っててレビューしたオギハラ工業のスノーブル。レビューで書きましたが金属製ダンプの最大の欠点は雪がついてしまうこと。金属なんでどうしても長い時間使ってると素材が冷えてくっついちゃうんんですよ。けど丈夫で雪に刺せるのでこれを使わないといけない。てことで雪がくっつかないようにする対策というか方法はあるんですよ。スキー用のワックス塗ったりするんでしょ?ってことなんですがまぁ何か塗るってのは正解ですがそんなもの?ってもの塗ってみたよと。そんなお話です。
そして注意点としては絶対効果があるわけではございません。だめなときはだめです。そんなことでいつも通りですがマネするかたは自己責任でお願いします。

スクリーンショット (139)
ポリカ製のダンプの時は塗ってませんでした昔につかってた金属スノーダンプにはスキー用の蝋やワックスを塗ってたんですが値段がそれなりにするのと買いにいくのもめんどくくさいし塗るのもけっこうめんどくさいので違うもの無いのかなぁといろいろ探す。
でだいたい今の主流はスプレータイプのものになってるんですねと。
上の画像はアサヒペンからでてるスノーダンプスプレー。http://www.asahipen.jp/product/detail.php?top_cat=04&cat=01&middle_cat=04&item_code=01420
家の近くのホームセンターでは600円で売ってました。HPに中身の成分書いてないが商品の裏に書いてあった成分はシリコンとアクリル塗料。透明のアクリル塗料の中に水をはじくシリコンを入れてそれをスプレー塗料のようにダンプに吹き付け乾かして滑る塗膜を作り雪をつかなくするってこと。
そういうのが今の主流なのねと。でこれを買えばいいんですが微妙に高いですよね。そんなことで手がでずついでにこの手の商品は雪国でも安定供給が難しいのよ。シーズン中に一回買い逃したらもう二度と見ないなんてことも。通販で買えよということだがものすごい高くなってて買う気もしない。てことで代用品を探す。

DSC_6573
で思いついたのがシリコンスプレー。雪をつかなくするために機能してる成分はシリコンだけ。ならシリコンだけぬればいいじゃないと。最初はクレの買うと思ったがあれも微妙に高い(約300円)のでホームセンターにあるよくわからないブランドのものを買う。お値段約150円。基本的にホームセンターといわれるところならばこのくらいの価格でどこのメーカーかわからないシリコンスプレーが売ってますので探してね。

DSC_6574
てことで成分はシリコンオイルのみ。シリコンオイルがすべるってのはいいのだが問題は定着。専用品ならその定着にアクリル塗料を使うわけで。てことでよく乾いてる状態のスノーダンプの表裏に万遍なくスプレー。

DSC_6576
効果は?ってことですが、証明できませんが雪がつかずうまくいきました。だめだろうと思ってたんですが思った以上の効果に自分が一番驚きました。ただし効果は2時間くらい使用するとだいたいだめですね。

DSC_6575
表のほうが倍くらいはもったかなぁ。雪がすべりすぎてちょっとこまるくらいでした。
さてシリコンスプレーをダンプに塗るときの注意点をいくつかというか一つかな。スプレーを吹き付けるときにダンプ表面に水分がある状態ではだめです。絶対に乾いてる状態で吹き付けてください。まぁそれだけです。塗ったあとに乾かさなくていいの?ということだがただシリコンオイル塗ってるだけなんで乾かないので塗ってから放置時間が多くても効果にそんなに変化はなかったです。
自分はいつもやる前に吹き付けて作業が終わったらダンプを水であらいキレイにして乾かしておき乾いてたらスプレー。これを毎回。めんどくせーって思うかもですがスプレーなんで塗るのはすぐ終わるので昔にロウとかガリガリ塗ってたのに比べればどうってことはない。

問題はこのスノーダンプに効果はあったがすべてにうまくいくとは限らないってこと。これは専用品でもですけどね。効果がなんか薄いなっておもったのはスプレーを塗る表面がボロボロのもの。当たり前のことですがシリコンの効果以上に表面に雪がついてしまうのでだめなんですよ。あとはだいたい大丈夫だと思うのだが。
そんなことで値段が値段なんで雪がつくって困ってる人は試してみるのもいいんじゃないかなと。間違ってもクレ556みたいなの吹き付けないでくださいね。シリコンスプレーですのでそこをお間違いなく。

で最初に書いたようにマネする人は自己責任ってのをだけはお忘れなく。
2013/2