スタジオセッション-089
希望小売価格2900円(税抜き)購入価格約1500円
カシオの安いデジタル腕時計。購入理由は去年くらいから散歩、ランニング用時計としていろいろ物色してたのですがたまになんでGショックでいいやと。で愛用Gショックをメタルバンドに交換しましたが重くなりすぎまして散歩用には不向きに。でこれを購入。カシオのこのスタンダートデジタルはいろいろ種類ありますがF-28はさすがに機能がすくなすぎて却下。F-84はライトが暗そうなんでやめて、ビンラディンモデルなんて言われてるF-91とおもったがこのF-105と送料入れると値段変わらないのでこれに。
スタジオセッション-080
写真の状態で縦23x横3.5センチ。重量23g。機能はストップウォッチ、時刻アラーム・時報、12/24時間制表示切替、電池寿命7年、ELバックライト 生活防水。
一般的に腕時計に求められる機能はついてます。そして見た通り安っぽい。ガチャガチャででてくる時計かよって思う人もいるでしょうね。けど実際手に持ってみるとそこまで安っぽくはなく、Gショック系のウレタンが大丈夫というならおもっちゃぽいっていう心配はいらないかと。

スタジオセッション-081
裏。アマゾンの仕様みたら生産国タイってなってるのだが裏蓋にはメイドインチャイナの文字が。まぁどっちでもいいが。モジュール番号は3298。電池はCR-2016だそうです。電池寿命は約7年。電池なくなっても100円ショップで買って交換はだれでもできるはず。やってないのでわからないけど。
生活防水ってどこまで大丈夫なの?ってことですが説明書では雨や洗顔くらいは大丈夫で水泳はだめよと。基本的に生活防水は長時間水に入れるということがなければほぼ大丈夫。

スタジオセッション-082
スタジオセッション-083
横から。モジュールの厚さは約1センチ。バンドの厚さは約2mm。何をするにも邪魔になる厚さではないです。ボタンは三つ。

スタジオセッション-085
説明書から。基本的な操作方法としてBボタンでライト点灯。Cボタンでアラーム→ストップウォッチ→時刻設定とモード切替。Aボタンはアラームのモード切替、ストップウォッチのスタートストップ、ストップウォッチのリセットはBボタン。
あと細かい操作方法はこちらから説明書ダウンロードしてPDF読んで確認してください。
操作についてボタンも押しやすく問題は無いんですがモード切替で時刻設定になるのがなんともね。まぁけっこう時間狂うので(月5秒くらい)やりやすいほうがいいのかな。あとはライトボタンもよく使うので何かしらやるとライトも一緒に点灯するのもなんかね。無駄に電池はなくなりますし。もう一個ボタンがあってGショックと同じようだとよかったのだが。そこは低価格モデルなんで我慢するしかないのかね。

スタジオセッション-090
バンドの長さは145-205mm。直径は自分で適当にはかりましたが3〜5センチくらい。そこまで腕太くないと思うのだが俺でもあまりの穴は4つだけ。人によってはバンドが短いということが起きる場合も。時計つける腕まわりが20センチ超えるような人は注意しましょう。というか太いなって自覚ある人は腕まわりを買う前に計測しておいたほうがいいですよ。
逆にあんまりバンドが長くないのでバンドのあまりがすくなくてすっきりつけられるのは好印象ともいえますが。

スタジオセッション-098
ELバックライト。秒のデジタルかけてますが壊れてるわけじゃなくて1/100秒くらいのシャッタースピードで撮ってるのでこういう風になってるだけ。
ELバックライトなんで暗闇でも見やすい。基本的にはGショックのと同じ明るさと思っていただければいいかと。

スタジオセッション-084
さてレビューまとめますが軽さ、薄さは時計にとって武器だねなんてことを再確認。やすっぽさってのが気になったが実物手にとるとそんな心配はなくなりました。正直いってかっこいい時計じゃないです。というかこれつけてかっこよく見える人はかなり限られますが、自分だけが時計見れればいいって状況も多いわけで。そういう状況、仕事だったりランニングなどそういうときにはこのシンプル差と小ささ、軽さ、薄さは最大のメリットに。長年Gショックみたいなでかい時計しか使ってなかったもので個人的にはこういう時計新鮮ですしつけてるの忘れる感じはいいですね。
時計なんて携帯、スマホあればいらないじゃんって人も多いと思いますが走るときまでスマホ見るわけにはいかないわけで。そういう人はランニングウォッチなんか物色するでしょうがけっこうするのでいいやって人も多いと思いますがそういう人はこんな時計どうでしょうかと。
値段も値段なんで買って後悔ってのはしないと思いますしね。
2013/3