スタジオセッション-143
販売価格3980円。タイトルでわかると思いますが書画カメラ用の撮影スタンドってもの。まぁいきますか。
※この記事はIPEVOのレビュープログラムに参加しています。
スタジオセッション-147
パーツは二つ。こういうものを組み合わせて撮影スタンドの状態にします。

スタジオセッション-148
細長いほう見覚えがある人ってのもいるかもだが書画カメラのP2V用のエクステンションスタンドと同じもの。厳密には違っていて写真下がわが今回のスキャンキットのものだが滑り止めの位置が違うのよね。どうでもいいだろといわれそうだが、まぁそういう使いまわしもするんだねと。こういうところでコスト削減ってことかね。

スタジオセッション-145
28.7 x 25.7 x 22 cm ; 1.5 Kg。素材はたしか鉄。組み立て方法書いてないがスタンドとなるものをL字にしてそこに土台を刺すって感じ。固定ってものはされてないです。逆にいえば組み立てやかたづけるのは簡単。

スタジオセッション-146
さすってこんな感じね。

スタジオセッション-144
安定する角度は一個だけ。角度調整できればなぁとは思うのだがうごくところがないのでまず壊れることは無いという安心感はある。

スタジオセッション-149
使うとこんな感じ。書画カメラはZiggy-HD。P2Vのほうでも問題なく使用できます。丸いところありますがそこが磁石になってて書画カメラが磁石でピッタリくっついて固定されます。
床においても一緒じゃんって思う人もいるかもだが、Ziggy-HDのレビューやP2Vのレビューで試写してますがどうしても影ができちゃうのよね写すものが床だと。それと大きなものを写すのでも高くするのは大変ですがカメラ離すのは楽ですからねスペースさえあれば。

スタジオセッション-150
あとはマグネットが付属してるのでこんな風に小さいものを固定してってことも可能。書画カメラを使っているなら便利と思うかなぁと。

まとめますが書画カメラがあるならあったら便利なもの。けどまぁなんかでこんなもの代用できそうってものでもあるのも事実だしそういうものが4千円は高いとも思えてしまうかもね。けど自作ものはいろいろ不便なわけで。予算があるならこれ買ったほうがよいかと。
書画カメラ用となってますがデジカメ用の撮影台にも使えますので。そういう使い方する人も予算があればどうぞ。
2013/4