スタジオセッション-313
購入価格2200円。2013/6発行のカブ110の2版目のパーツリスト。2013/6にクロスカブが発売されましたがパーツがほぼ共通なんでカブ110のパーツリストにクロスカブのもの一緒に掲載となったようです。
これ買う前に1版のカブ110のパーツリストをオークションで落とそうとしてまして入札してたらけっこう高くなっちゃって新品でもこれならいいのかなぁと新品を探してたら2版がもう出ててあとで買おうというか本当はクロスカブのパーツリストがほしくてまだ出てないからカブ110の先に買っちゃえとおもったら一緒になってたという。
と2冊買う必要なくて願ったりかなったりで即購入。
あんまり書くことないんですがパーツリストってこんなものよというのがわかっていただければいいかと。

スタジオセッション-314
パーツリストとは?ってことですが名前そのまま部品のリスト。ネジ一本から何から何まですべての車両を構成するパーツの部品番号と値段が書いてあるもの。それ以上でもそれ以下でもないです。
サービスマニュアルを前に紹介しましたがマニュアルのほうは部品のばらし方など丁寧に説明してありますが、パーツリストにそういうものは一切なし。展開図は一応乗ってるし余計なこと何も書いてないのでマニュアルよりこっちが見やすいぜなんて人もいたりいなかったりですが基本的には初心者に敷居が高く必要が無いのはパーツリスト。
じゃーなんでそんなもの買ったの?ということですがパーツリストの本来の使い方のパーツ注文のため。
バイク屋いってパーツ注文すればいいんですがパーツだけ注文して俺がつけるからって帰るってけっこうつらいなと。いや一回やれば慣れて問題ないんだろうが個人的に敷居が高くてね・・・
ということでなんでもネット通販って時代で純正パーツもネット通販は可能。検索してもらえばけっこうな数のサイトが出てくると思いますが、どこのサイトでも共通してるのが部品番号で注文しないと買えないってこと。
部品番号知らなくても注文できるところもあるがどの部品がほしいか正確に伝えるにはパーツリストないと正直とてもめんどくさいことに。
そんなことでパーツリストを買ったと。ほいでもってクロスカブのパーツリストがほしくてって書きましたがクロスカブあんたもってないんだからいらないだろ?という話になるが、パーツリストがこのように共通なんで流用できる部品はいろいろとあるので、ちょっとした純正のミックスカスタムともいえるものを自分でやりたいのでクロスカブのパーツリストがほしかったてこと。

スタジオセッション-315
中身に書かれているのはだいたいこんな。見やすいともいえるし見づらいともいえる。一番びっくりしたのはパーツ価格にジカ(時価)ってのがあること。特別なパーツだからジカということでなく、タイヤだったりチェーンだったり社外品で誰でも手にいれやすいようなものはジカになってることが多いです。流通量が多いので値段が上下するので決まった価格はつけられないってことですな。

スタジオセッション-316
さてちゃんとしたパーツリストのページへ。なぜワンウェイクラッチのページにしたのかは俺も謎。図のほしいパーツの番号みて下の表で部品番号と価格チェックてことね。囲んであるのはセット売りしてるよってこと。
ちなみに部品価格ってのは年数がいけばだいたい値上がりしますしパーツがなくなることもあります。現行機種ならパーツがない心配はしないでいいが古い機種の場合はあればラッキー程度で考えて、リストよりかなり高くてもガマンしましょう。

スタジオセッション-317
クロスカブと普通のカブ110のパーツってどう一緒に載ってるの?ということですが上のクラッチのようにまったく一緒のパーツは区別なく掲載され、上の写真のようにまったく違うハンドルパーツのようなものはNBC110とNBC110Xという風にタイトルわけて別ページで掲載。Xついてるほうの型番がクロスカブ。カブ110とクロスカブでまったく違うパーツはこんな表記で、カラーだけ違うみたいなのは同じところで部品番号がちがって表記されてたりします。
これでだいたいどのクロスカブのパーツがカブ110に簡単に取り付けらえるかってのがわかると。わかるというか予想できるってことね。つきそうだけどつかないってことも多々あると思いますので断言はできません。妄想大好きな人はこれだけで楽しくて仕方ないってね。

スタジオセッション-318
ということでおしまい。総ページ数は約110。送料込み約3000円で買ってますが新品というかまだ流通してる場合は2000〜3000円。中古の場合は正直よくわからず。高いときは本当にバカ高い。

さてパーツリストというものがどういうものかお分かりいただけたでしょうかね。サービスマニュアルとパーツリストどちらがあればいいの?という疑問を持つ人がいるでしょうが理想は両方持ってるほうがいい。どっちかといわれれば初心者はサービスマニュアル、上級者はパーツリストかね。まぁやっぱり両方もつほうがいいきもするけどねどちらの人でも。
安いってものでもないし中古車の場合は手に入れるだけでも大変なものだったりしますが余裕があれば愛車のパーツリストとサービスマニュアルはあったほうが便利。最悪いらなくなってもオークションにだせばそれなりに戻ってきますしねお金。買っておいて損はないんじゃないんでしょうかというのが俺の考えでした。
2013/7