スタジオセッション-334
購入価格約500円。前にしまむら製のアイリッシュセッターもどきを買ったと書きましたが、もどきといっても革のブーツ。手入れにはオイルがいる。でこういうオイルドレザー使ったブーツの手入れに使うといえばミンクオイル。ミンクオイルけっこうするしその前に意外と地元で売ってなくて探すのめんどくさいので、いつものアマゾンでさらっと検索で安くていいじゃんって思ったこれを購入。よくよく見れば靴の手入れ用品といえばいつの間にか手元にあるコロンブス製でした。オイルレビューってのも難しいですが昔嫌ってほど塗った経験など踏まえてちょろちょろ書きましょう。

スタジオセッション-335
ミンクオイルって何よってことですがミンクというイタチっぽい動物の油。ってのが昔はってことですが今は成分が写真にありますが動物性の油脂に流動パラフィン、いわゆるの有機溶剤をいれロウで固めてってもの。たしかミンクの油は使ってないんじゃないのだろうか。一応ピュアミンクオイルというちゃんとミンクの油だけって製品もあります。どっちがいいってことも言えずすきなほうお使いくださいとしか言えないですな。
ミンクオイルと名前がついてれば細かい差はあれどそこまで大きな差というのは無いので気に入ったの選んでみればいいかと。

スタジオセッション-336
中身はこんないろ。ピュアミンクではないのでちょっと黄色みがかってます。ピュアミンクだと真っ白だそうです。夏場というのも大きいでしょうがクリームはそんなに硬くなくちょうどいい硬さ。ニオイもそんなにせず、ベタつきも少な目。こういうの使ったことない人にも使いやすいと思います。

スタジオセッション-337
使用できるものってことですが、革製品にってのは当たり前として基本的にミンクオイルはガツガツと動かすようなものでけっこう汚く扱うようなものに適してます。靴ならワークブーツのようなものや登山靴といわれるもの。そしてグローブですね。ミンクオイルの性質で塗ると革が柔らかくなるってものがあります。なもんで塗り続けていけばだいたいクタっとした感じになってくる。そういうものなんで革靴といっても紳士靴や、ビジネス用のカバン、サイフなんかもあんまりよいとは言えない。そしてオイルの中でもベタつきが残ることが多いもの。革ジャンだったり素手で触れることがありそうなものも避けたほうが無難。
しかし使っていけないってわけじゃなくそういう質感にしたいっていうならわざと使うのもあり。メンテの仕方によって自分好みに仕上げていくってのも革製品の楽しみですからね。

スタジオセッション-338
使い方の基本はこんな感じで塗ってふき取る。ただそれだけ。正確にいえばサドルソープのようなもので表面の汚れをとってミンクオイルをなんでもいいので塗りこみ、キレイな布で拭き上げる。塗りこんだあと長く放置するかどうかは自分次第。あんまり気にせず適当な布でゴシゴシやってください。
最初のうちはそんな感じでOK。あとあとけっこう塗り込んだあとだと汚れ落としってのがキモになってきたりします。まぁあんまり汚れ落とさないでガンガンオイルしみこませるって感じの仕上げかたも俺はキライじゃないんですがね。ここらへんも様子みながら自分好みに。数年くらいそういうことしてると自然と自分好みのほうほう見つかります。

スタジオセッション-370
つーことでセッターもどきに塗り込み完了。左がミンクオイル塗ったもので右は塗ってないもの。いい感じのオイルのテカリがでてますね。これならだれも2000円で買ったとは思わないはずw けどやっぱり安いブーツなんでオイルのしみこみ悪い気がするなぁ。まぁいいが、これから塗りすぎなくらい塗ってグデグデにする予定です。

スタジオセッション-339
さてまとめますか。書きわすれてましたが内容量は45g。比較写真が悪い気がするが想像してるよりは量はあるはず。ブーツ一足にというなら1年は余裕でもつくらいの量はあります。足りないっていうんだと完全に塗りすぎてます。
と値段も安くて量もちょうどよく、クリームも硬すぎず伸びも悪くなく、ニオイもきついわけでなくベタつきもそれほどでもなくで、使いやすいミンクオイルじゃないかなと。ギドギドにしたいって人にはちょっと物足りないと感じる場合もあるかもだが、逆にいえば初心者でも使いやすいものになってると思います。初めてミンクオイル買うっていうならいいオイルだと思いますよ。
2013/7